旅行・地域

2021年4月13日 (火)

花巻御朱印巡り

4月9日に 雪が積もった我が家周辺ですが

雪も融けて 「春~♪」という日に

花巻へGO~

 

宮沢賢治のお墓がある 身照寺へ

Dsc_1348

ふくろうさんと階段からの~しだれ桜

Dsc_1353

見事なしだれ桜が9分咲きでした

昨年、来た時に「桜が咲くころも良いですよ」と

お寺の方に教えていただきましたので

「次回は、絶対桜の頃に来よう」と友と誓い

実現しました

Img_7716

御朱印にも挟み紙にも桜があって素敵✨

 

花巻神社にも行きました

Img_7715

昨年行った時は、コロナの影響で

書置きのみでしたが

今回は、直接御朱印帳に書いていただけました

感激です

西行の歌です

Dsc_1341

Img_20210413_124804

挟み紙も すてきです。 藤原定家です。

 

そして、身照寺の近くの鼬幣稲荷神社では

Dsc_1363

昨年、神社の方が居なくてあきらめたのですが

今年こそ!と思って行きました が…

またもや どなたも居ない…

諦めて車の中で「どこ行く?」と相談していたら

1台の車が🚗 「ラッキー!」

Img_20210413_150217

御朱印をいただけました

任務完了して 帰宅しました

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

今年の鉱山巡り

今年は、時間も出来ていろいろ旅行に行くぞ!と

思っていたらこの事態…

という事で、近場であまり人と会わない所を

巡っていました~

 

今年、行った 「鉱山巡り」です 

①松尾鉱山(岩手県) 7~8回行ったと思う

掘っていたものは、硫黄、硫化鉄鉱

Img_7160

ボイラーの煙突とアパート「と棟」と「ち棟」

後ろの山は、岩手山

1583626237215s

春スキーの時に撮影 アパート11棟が見える

 

②大萱生《大ヶ生》鉱山(岩手県)

ここは金山で、案内をお願いすると坑内を見学出来ます

Img_7449s

万寿抗です

Img_7454s

大萱生金山から矢巾駅に向かって鉱石を運ぶ索道(約11km)

があったそうです

 

③小坂鉱山(秋田県)

銅や銀を掘っていたようです

Img_7581s

Img_7575s

小坂鉱山事務所、見学出来ます。内容濃いです。

長い歴史の重みを感じます。

Img_5159

近くに小坂レールパークがあり、鉄道ファンも楽しめます!

小坂鉱山は、現在も稼働中で山神社が小高い丘の上にあり

今でも小坂鉱山を見守っていることに感動しました

 

④尾去沢鉱山(秋田県)

銅鉱山、1300年の歴史があります。

Img_7689

大煙突と選鉱場

Img_7686s

坑道内を観光で歩く事が出来ます。

外にある「鉱山歴史館」、製錬の模型や坑道模型があり

見ごたえあります。

 

⑤荒川鉱山(秋田県)

銅鉱山

行く前に「大盛館」で荒川鉱山について勉強すると良い

Img_7602s

 

Img_7600s

製錬場、シックナー、煙突などが残っている

水晶が拾えることで有名。

(立入禁止箇所が増えていました)

 

⑥花輪鉱山(岩手県側)

岩手県安代から秋田県鹿角にかけての鉱山

黒鉱、福地鉱など

元山があった岩手側に行ってみた

電波ない所で道に迷い、熊ハンターの叔父さんに

道を教えてもらってやっと脱出

「熊取りに来たのか?」と叔父さんに聞かれた💦

Dsc_1190

塞がれた坑道入口 坑道名が知りたい…

 

⑦釜石鉱山(岩手県)←昨年行った

Img_7187

選鉱場とシックナー

Img_7195

旧釜石鉱山事務所が資料館になっている

当時の事務室がそのままでとてもイイ

展示点数が多く充実、見ごたえあり

 

来年も 道に迷いながら山奥へ行くぞ~!

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

思い出がいっぱい

ありがとう💕

090920-002

090920-016

090920-023

090920-033

090920-047

Urumira-026

H22730-131

Shasinnshu-001

楽しかったよ

忘れない…。

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

御朱印巡り

またまた久しぶりの更新で…💦

最近、いただいた御朱印の中でとてもテンションが⤴⤴
したものがありました

花巻神社の御朱印です

コロナの影響で、残念ながら書置きのみの対応でしたが

本当に素敵で 嬉しかったです

Dsc_0594_20200826112201

見開き御朱印には、柿本人麻呂の歌が

「雷神の少し響みてさしくもり

     雨もふらぬか 君を留めむ」

Img_20200722_204237_031

傘のおみくじが、かわいいでしょう

大吉でした~🎶

そして、そして

挟み紙が 崇徳院の歌でした!

偶然ですが

今日は、崇徳院の命日でびっくりしました!

長寛2年8月26日(旧暦)だそうです

1595458135942

「瀬をはやみ~」の歌が書かれています

普通、挟み紙ってただ半紙を切ってとか、その神社の謂れが

印刷されているものが多いのに

手書きですよ!

(季節に合った歌を書いているようで他にも2首あります)

崇徳院好きなので ものすごく嬉しかったです

大河「平清盛」の井浦 新さんの崇徳院を思い出します

Arata09

Photo_20200826113501

崇徳院の悲しみが伝わる このシーン忘れられません

30話もう1度観たくなりました

 

 

他にも素敵な御朱印が…

Dsc_0488

宮沢賢治の菩提寺 身照寺 の御朱印です

Photo_20200826115101

御朱印をいただいた時の対応がとても素敵でした。

また桜の咲くころに行ってみたいです。

 

花巻神社も御朱印帳に直接書いていただけるようになったら

また行きたいです。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

秋の八幡平

しばらく更新していなかったら

ブログを書くページがリニューアルしていて

よくわから~ん事になっている💦

 

とりあえず 先週行った八幡平画像を入れてみよう!

 

Dsc_0068

岩手山と松尾鉱山緑が丘アパートです

今年は、紅葉が遅いようですが

天気が良く 気分最高!!

Img_7168

先ほどの所から もう少し上がると

Img_7170

緑が丘アパート群全体が見えます

昔、1万5千人が暮らした場所です

 

 

 

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

映画のついでに弘前観光!

弘前と言えば…

先日の 新井浩文さん出演「あさイチ」を見ました

そうそう あのムロさん乱入(?)の日の放送です  
(ムロさん来てから新井さんリラックスしたのか沢山しゃべり出しましたね・笑)

自分をなぜ「うち」と言うか、という話しのなかで
新井さんの口から急にケンちゃんの名前が

『青森では「わ」っていうんですよ、松山ケンイチくんは青森でも藩

が違うので「わい」なんですよ』

何だかとても嬉しくなりましたよ~
南部弁って言ってたけれど、本当は、下北弁だけどねぇ


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

で、「聖☆おにいさん」を見に行った時に

弘前観光した場所を紹介しますねぇ



まず、イオンシネマに行く前に向かったのが

弘前城でした

なんだか毎年来ている気がする

Img_6901
「菊と紅葉まつり」が数日後から開催される という事で
花は蕾 葉は緑 ちょっと早すぎでした

我が家の方は、もうとっくに紅葉シーズンに突入してるのに
標高の差かなぁ?

天守閣は、まだ移動中で
石垣がすごい事になってた

Img_6905

Img_6906

とても お城の石垣とは思えません

以前、来た時には石垣の石、1つ1つにナンバーのようなものを
書いていましたよ


この日は、この後イオンシネマに向かいました


次の日、どこに行くか決めていなくて

まだ行ったことが無い所に行ってみようと

最初に向かったのが「岩木山神社」でした

1539771920642_2

車から降りた瞬間、来て良かった!と感じた場所でした

Img_6914

山の中に立派な楼門
この石段を上った所の左右に

Img_6916_2

Img_6917_2

この子たちがいます

「え!これ何?」と主人と立ち止まって よ~く見るが??

調べたら「狛犬」のようでした

Img_6918

「北門」と書かれているが 青龍の彫り物

Img_6921_2

「北」ならば 「玄武」では?

これも帰ってから調べたら

水の守り神で青龍みたいでした

1539771944697

龍の口から「御神水」が流れ

水面がキラキラ輝いて 見とれてしまいました

この後、御朱印をいただいて


すぐ近くに今年4月にオープンしたという
「高岡の森 弘前藩歴史館」へGO~
車で5分くらいだったかな

0or_0_640_00000243_2

0touken_2

「刀剣展」を見て来ました

凄く充実した展示でびっくりしました!

ここは、元々隣りに「高照神社」があり そこの宝物館に
収蔵されていたものを新しい建物に移したのだそうです
弘前藩の数々のお宝が見れます

Img_6929

この後行ったのは

Img_6933_2


「裾野地区体育文化交流センター」

テニスや卓球をしに来たわけではないよ~

Img_6932
↑この資料が展示されています
ゆる~い感じで 無料でした
でも、面白かったよ

交流センターから遺跡まで 離れています
迷わず行けるかな?ナビには無かったような気がする

遺跡のために最近舗装しました!って感じの細い道を行くと

Img_6938

あった カンバンが

ここに車を停めて歩きます

(ここで、おじいちゃんとおばあちゃんに会いました。他にも見に
来る人が居るんだとちょっとホッとする)

なんだか人じゃなくて、熊と会いそうな所なんだもの

「左・坂道です」「右・平で最後急階段です」という迷う看板が

え~と 左

Img_6936

う~~ん ゴルフ場ですか

手前にカンバンがあります

Img_6935

現在は、埋め戻されているそうです

Img_6940
発掘調査当時です。

ちゃんとストーンサークルになってる!でかい!

きっとここから岩木山山頂を望み 司祭行事とかを
行っていたのでしょうね

どんな事を祈っていたのかなぁ

3000年前も岩木山は、同じ形だったのでしょうか?

北東北の縄文遺跡 全部巡ってみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

三戸町へ行って来た

ある日 主人が「南郷に行くけど、一緒に行く?」と言うじゃないか

「南郷!青森じゃないか!行く!!」   

南郷での主人の用事は、すぐに終了して

「どこか行きたい所があれば行くよ」と言われて

「え!ここ何処に近いの?」「何があるの?」と道の駅駐車場で検索



「そうだ!三戸に行こう!」←JRのCMじゃないよぉ

三戸町は、私が好きな絵本作家の馬場のぼるさんの出身地

何か記念館のようなものがあったような気がする…ってことで

車で40分くらい アップルドームに到着


こちら をどうぞ

1532908944971s
 ↑窓ガラス1つ1つに「11ぴきのねこ」が付いてる

1532908960597
アップルドーム入口で 「とらねこたいしょう」がお出迎え

2階に「ほのぼの館 馬場のぼるの部屋」があります

無料ですよ~

1532908972560
大きさがわかりにくいですが 壁一面に描かれています

「にゃごにゃご にゃごにゃご」という声が聞こえてきそう

とらねこたいしょうと11ぴきのねこ 可愛い~


部屋の中には

1

11ぴきのねこたちと 写真が撮れます 

主人と2人 
「小さい子が被写体なら可愛いのにねぇ」と言いながら
おじさん&おばさんで写真を撮り合いました 

1532914158254_2

1532914189952


ほのぼの館を出て 向かったのが 道の駅さんのへ
車で5分くらいで到着

1532908991961_2
たいやき 食べてる~

1532909007873
入り口にも 居ました

ここに来たのは 11ぴきのねこグッズ購入のため

Img_6825
↑ この中に『さんのへ街歩きMAP』 が入っていた
   家に帰ってから気付いた

Img_6827

Img_6826
ミニノートやびんせん バッチ
娘も11ぴきのねこファンなので 娘の分も購入

C9b1820970cd9a1bf3e6ca765c672163790

11ぴきのねこ パペットは 孫のお土産に購入しました

Img_6836

↑ 我が家の本棚にあった 絵本です

子供たちに何度も読んであげましたし

このシリーズよりずっと前の さぶちゃんという主人公が
妹と出て来る絵本を 私が私の弟に読み聞かせしていたことを
覚えています

他にも、馬場のぼるさんの楽しい絵本が沢山あるので

是非 読んでみてください

下調べなしで急に行ったので
帰ってから 「あ~ここも行きたかった」という場所がいっぱい

三戸町役場や公園にも 可愛いねこたちが居るみたいですよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

田んぼアート2017

7月の話ですが…

今年も田舎館村の田んぼアートを見に行って来ました!

Img_6273

神話より 「ヤマタノオロチとスサノウノミコト」です
細かさや色の表現が「ほんとに稲穂?」って感じです

細かすぎて、近くで見ていたおばあちゃん達が
「何だ?これは鬼か?」と言ってましたよ( *´艸`)

この日も取材の人達が来ていて↑の写真右下にも
スタッフが写ってます

私達は、平日に行きましたが、休日(私達が行った前日)は

ものすごく混雑したみたいですよ

Img_6277

田んぼ側から見た田舎舘村役場です 素敵ですねぇ

4階から皆さん田んぼアートを見てます
(↑の写真 屋上中央)

6階の天守閣からも見ることが出来ますよ

私が写真を撮っていた場所には

お土産屋さんやアイスクリーム屋さんなどがあり

その奥に「足湯」もあります


今回、青森に行って目についたのが

「あづましい」の文字

今まで全然気づかなかったのですが…

「あづましの里」とか「あづましい温泉」など

Img_6283s_3

だれかさんがチョット写っちゃってますが
足湯カンバン 一番上に「あずましいよ!」の文字が

Photo_2

この志村動物園で

「あづましい」を勉強したからねぇ( *´艸`)

Img_5830s

かわいい~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


第1会場から車で5分の田んぼアート第2会場は

「桃太郎」の絵柄です

Img_6285

ここからは、弘南鉄道の田んぼアート駅が見えます
弘南鉄道も乗ってみたいなぁ

Img_6288

何だか駅がカラフルになってる~

Img_6286

田んぼアートの隣りに石で描いた「石アート」もありますよ

この後、津軽伝承工芸館に向かい昼食にしました

Img_6291

大きなこけしは、ねぷたと同じ張り子で作ってあります

Img_6290

Img_6289

1度食べてみたいと思っていた

「黒石つゆ焼きそば」を食べる事が出来ました(^_^)/

おにぎりも付いて来て美味しかったよ~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今年、私は七夕に行けなかったのですが

娘が画像を送ってくれました

1502937526196

↑ 何だかわかりますか?

ブルゾンちえみwithB だそうです

誰?って聞いちゃいましたよ

1502937514268

さすが 将棋ブームですね  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

遮光器土偶の世界

県博に行って来ました

Img_6264

企画展「遮光器土偶の世界」を見て来たよ


熱さに弱い お京は 博物館までのアプローチで(;;;´Д`)ゝ

階段を登って~

1500041101474

はい到着~


館内撮影禁止でしたが


こんな可愛い子と写真が撮れますよ

1500041138128

近づくと 目が光ります

木造町のしゃこちゃんと同じだ!

光っているうちに写真を撮ろうとすると光るのが終わってしまい

なかなか難しい

お母さんと来ていた3歳くらいの女の子が

「こわ~い」Σ(゚д゚;) と言っていて

確かに、女の子と同じくらいの大きさで迫力あるからねぇ

Img_6269

帰りにこちらを購入しました

今回は、かなりマニアックな感じのものが多かった印象です

上記写真の白抜きの遮光器型土面は珍しいな



土偶って、見る方向によって表情が違うのよねぇ

レプリカ土偶3体を触れるコーナーがあり大きさを実感出来ます
(萪内・手代森・豊岡遺跡のレプリカ)
しだないさんは、顔だけなので怖いよ( ´艸`)プププ


いつも 県博に行くと石を買うのですが

今回は 涼しそうな色だったので

「ブルーカルサイト」を選びました

Img_6270



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


次の日 職場に行くと 封筒が届いていて

中を開けると

Img_6268

木造町の遮光器土偶・しゃこちゃんのグッズがいろいろ

入ってました~  

私にとって宝物がザッザクって感じです


え?これ誰が送ってくれたの????

差出人は、「一つがる民」となっている


少ない脳細胞を活性化させ記憶をたどってみると

少し前に我が職場に来てくださった3人組の青森女性の方々と

ひょんな事から土偶の話になり

「私、土偶の中でも木造のしゃこちゃんが一番好きなんです」

と言ったことがあった!

3人の中で、木造の出身だと言っていた方が送ってくれたのね

ありがとう~さんくす♪(o ̄∇ ̄)/


また遊びに来てくれるといいなぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

福島・新選組巡りとその他

今回の福島旅行
ほぼ お京が行きたい場所に行っているので

東山温泉に近い場所で1か所くらい観光地も入れておかないと
旦那に申し訳ないなぁと思い

「飯盛山」に行きました
そう、白虎隊で有名な所ね

 

Img_6151
山の上までは、ず~っと続く階段を上るのですが
もちろん!250円払って「動く坂道」なるもので行きましたよ

平日だったけれど、修学旅行や団体の方たちでいっぱい
でした

白虎隊の墓にお参りしてから少し下ると
「さざえ堂」に着きます

Sazaedou

この「さざえ堂」敷地から建物までの距離があまりなくて
上手く建物全体を撮影するの難しい
くるくる螺旋状になった建物です

1796年に建てられたもので
中が2重の螺旋階段になっていて
登る人と下る人が中で一緒にならないという
珍しい構造になっています

Img_6142
内部の天井写真です お札がいっぱい
どうやって 貼ったんだろう?

さざえ堂から さらに少し下った所に
Img_6145

 

白虎隊の子供たちが決死の思いで通って来た
戸の口堰洞穴 があります
かなりの水量で驚きました
この後の事を思うと…胸が苦しくなります

この洞穴のすぐ横に

 

Img_6147

「厳島神社」があります
しゃもじがある~
何故ここに 厳島神社なの

飯盛山の別名・弁天山から「弁天様」と呼ばれていたそうですが
明治の神仏分離令により改名
松平容保公により「厳島神社」と名づけられたそうです

 

Img_6148

 

説明を読んでもよくわからない

とにかく修学旅行の小学生が多く
旦那はいたる所で
「写真撮ってもらえますかぁ?」と言われて
シャッターを押す係になって 大活躍( ´艸`)プププ

Img_6149

厳島神社の鳥居前に並ぶ小学生を
旦那が撮ってあげてる所です


飯盛山を降りて 次に向かったのが
3年前に泣く泣く諦めた
斉藤 一のお墓がある「阿弥陀寺」へ

 

ここには 斉藤一のお墓以外にも
会津戦争の東軍墓所や
「御三階」と呼ばれる建物が鶴ヶ城本丸から移築されています
3階建てに見えますが、内部は4階建てで
外からは解らない秘密の階層で密議を行っていたそうです

 

Img_6170
ここでも おこちゃま達に遭遇

でも、一人静かに 藤田家の墓(斉藤一の墓)と東軍墓地に
参る事が出来て 何とも言えない気持ちになりました
安堵したというか、すっきりしたとうか‥

 

Img_6172
ちらっと「会津新選組記念館」にも寄りました


そして、次の日
前回の福島旅行で会津の街から離れているからと
諦めた「大内宿」に行きました
会津からだと車で1時間くらいかな
最近は、大人気の観光名所だそうで土日は大混雑だそうですよ
この日も平日でしたが観光バスが何十台も停まっていました

 

1497692273990

茅葺屋根の建物が沢山立ち並ぶ宿場町です
土方歳三が会津の街に向かう時、ここを通ったそうです

この写真を撮るために ものすっごく急な階段を直登します
こちらには、動く坂道が無かったよ~

大内宿街並みの丁度真ん中あたりに神社があります
ここって、御朱印頂けるのかな~?と調べてみました

するとここ、「高倉以仁王を祭っている」「高倉神社」だと
わかりました

平清盛の全盛期に源頼政とともに平家討伐に蜂起した
以仁王(後白河天皇第二皇子)は、戦いに敗れこの村に
落ち延びて来たというロマンを秘めた伝説があります
毎年七月二日に以仁王を祀る祭礼を行っている

 

という説明書きがありました
もうじき お祭りなんですね

 

Img_6231

 

新しい鳥居をくぐって、街並みから外れて歩き神社へ
観光客でこちらに来る人は少ないです

 

Img_6233

 



高倉神社です すぐ近くに観光客でにぎわっている場所が
あるとは思えない静けさでした
まさか、福島でそれも土方さんを追って巡り歩いている時に
以仁王に関係する場所にたどり着くなんてびっくり!
平家もそうですが、こういう「都から落ちて来た」話が
沢山あるのですねぇ
お京の頭の中では、完璧に柿澤以仁王のビジュアルが
出来上がっていました

高倉神社とか言うと千葉君の高倉天皇を思ってしまいますが
以仁王の墓所は、京都の高倉神社にあり
以仁王の邸宅が三条高倉にあったので「三条宮」「高倉宮」と
呼ばれたそうです

 

Img_6257
御朱印もいただけました

大内宿の街並みに戻って

 

Img_6228

 

Img_6242

大内宿と言えば これ という
1本ねぎでいただく 名物のお蕎麦を食べました

これ、食べるのかなり難しかったよ
途中で挫折して 割りばしカモ~ンでした

これで 福島旅行の記事は終了です
行こうと思った所には すべて行けました
リベンジ完了

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)