« 3月5日です! | トップページ | マカロニほうれん荘展 »

2018年4月19日 (木)

日野新選組の旅

先月の話になりますが…

生まれ故郷の横浜に用事があって行って来ました

「せっかく横浜に行くのだから、他にも行きたい所があれば行って
もいいよ」と旦那が言ってくれたので

東京都日野市に行って「新選組巡り」をしてきました▲▲▲


3月某日 日曜日 早朝 -7℃ 
「さむ~ 寒すぎる」と言いながら我が家を出発 
春物コートで出て来たので着るものを間違ったかと 後悔

8時台の  に乗って 東京に11時着
やっと 暖かくなる 気温18℃ コートも要らないくらいだ!

東京駅でまず大変だったのが空きロッカーがないこと
20分くらいロツカーを探すも…諦めて 
「え~い 日野駅に空きがあることに賭けよう」と日野にGO~

0

可愛い「日野駅」 ロッカーが 十数個でしたが 空きあり

ここから タクシーでお蕎麦屋さん「日野館」へ 5分で到着

タクシーに乗った訳は

午後4時までに5か所見学したい場所があり時間短縮のため

そして、途中にものすごい坂があること

Img_6636

混んでるかも…(営業時間が11時半~15時まで)と思っていまし
たが、ちょうどよく、出てきた方がいて座れました
(嵐にしやがれで杏ちゃんと嵐が来たところです)
(杏ちゃんのかっこいいお蕎麦の食べ方が忘れられない)

1522152705417

レジ横に「誠だるま」が飾ってありましたよ

店内は満席だったので、お蕎麦が出てくるまでにかなり待ち
ました。電話で出前の注文も多く入ってました
(私は、この後回るコースをすべて回れるのか心配に)
この日は、新選組関係資料館が開館する第1,3日曜に当たって
いましたので店内のお客様の会話が「幕末談議」ばかりで
興味深かったです 「西郷どん」の話も聞こえてきたよ

日野館を出て目指すは、「新選組のふるさと歴史館」へGO
なのですが…道がわからずスマホで調べながら歩き出すも
あれ?日野市役所に来ちゃった
こっちじゃないよ~と言ってた時に近くに実践女子短期大学も
あって、帰宅後にわかったのですが、この学校は
「ごくせん」のロケ地でした ちゃんと見てくればよかった

軌道修正して、徒歩5分くらいで「新選組のふるさと歴史館」に到着

Img_6637
2004年の大河のの時から来たかった場所です

展示室内は撮影禁止でしたが、ここは撮影OK

Img_6641

19万本のつまようじで作られた 土方さん
日野高校の作品です
これ、見てみたかったのですよ~
つまようじとは思えない出来映えです
身長157cmの お京がこの土方さんの隣りに立つと
私の頭が土方さんの胸のあたりになります
大きい作品なのです!

あと、もう1つ見たかったのが「新選組書展」
小中学生から大人まで、197点が集まったそうです
(こちらも、写真撮影可でした)
その中の「新選組大賞」です
(ガラスが光ってしまい上手く撮れない)

Img_6638

「かっこいい!」 勢いがありますねぇ

Img_6639

新選組愛を感じますねぇ

もっとゆっくり見たかったけれど 先を急ぎます

「新選組のふるさと歴史館」から歩いて坂を下り

目指したのが「佐藤彦五郎新選組資料館」です

(毎月第1,3日曜日午後開館です)

Img_6646

Img_6647_2

佐藤彦五郎は、土方さんの姉・のぶさんが嫁いだ家で
日野の名主をしていました
幼い時に両親を亡くした歳三は、彦五郎の所で過ごしていた
そうです

佐藤忠氏に説明をしていただきましたが
とてもわかりやすく、土方や沖田の書簡など
ガラスケース内の資料を指し示すと同時に佐藤氏が手に持った
同じ資料のコピーも見せて説明していて
細かい部分もわかりやすかったです
杏ちゃんや嵐が来た時の話もしてくださいましたよ

一緒に3人の女性と説明を聞いたのですが
3人グループかと思っていたら
3人が別々に来ていて、びっくりしました

「佐藤彦五郎新選組資料館」のすぐ裏が「日野宿本陣」です

Img_6648

都内で唯一残っている江戸時代に建てられた本陣です

今日、最初に行った「日野館」は、以前この本陣の中で

お蕎麦屋さんを営んでいたのですよ

Img_6651

本陣の庭に 梅の花が美しく咲いていました
お京一人「わぁ~梅だ!梅が咲いている」とテンション
梅の花を愛した土方さんがそこに居るようでした

こちらでも、6人くらいの見学者を1人の方が説明しながら案内
して下さいます(このくらいの人数丁度いいです

歳三がよく昼寝をしていた部屋の説明の次に
函館から歳三の写真を佐藤家に届けた市村鉄之助が
匿われていた部屋の説明になり、思わず涙が出そうに
なりこらえていると、隣の若い女性が鼻を啜っていて
『あ~同じ思いの人がいる』と嬉しくなりました
ただの花粉症だったりしてね(^-^;

もうこの時、3時半を過ぎていたので
焦る お京 ι(´Д`υ)アセアセ

ここから 迷ったらダメだぞぉ~と気合を入れ
向かったのが「井上源三郎資料館」です

Img_6655

この蔵が資料館となっています
井上館長がわざわざ出て来てくださって説明していただきました
ご家族で受付したり、売店をやったり
見学を終わって出てきたら「お1つどうぞ」とアメを進めてくださっ
たり、アットホームで温かい気持ちになりました
そして、源さんの顏が(小林隆さん)浮かびました
日野館で見た「誠だるま」を売っていたので購入しました

「わぁ~い!全部回れた~」と満足して日野駅に戻りました

日野駅で、主人は人生初のSuicaを購入
私は、持っていたのでチャージしました
「それがどうしたの?」って思うでしょう
我が街の最寄り駅でもバスでもSuicaを使えません
だから…主人は、人生初 ヽ(´▽`)/

「こんなんで、本当に改札通れるの?」
「残高ってどこに出るの?」
「緊張する~」 ってな感じ

わいわい言いながら改札通るとすっかり安心して
ホームに向かいました
「もうすぐ電車来るね、うちの方とは違って本数多いね」と
言っている時に気が付きました
「お父さん!ロツカーの荷物取り出してない!!!」

急いで改札手前まで戻り 荷物を取り出しました
あ~焦ったぁ
電車に乗る前に気付いて良かった


日野には、かなり前に娘と来ていて
その時は、土方歳三資料館、石田寺、高幡不動などを廻りました
この時(2007年)は、モノレールから多摩川を見て
「歳三さんが愛した風景だなぁ」と思っていましたが
この辺りは、人セクのロケ地でもありましたね
時間があったら 多摩川の土手も歩きたかったなぁ

|

« 3月5日です! | トップページ | マカロニほうれん荘展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日野新選組の旅:

« 3月5日です! | トップページ | マカロニほうれん荘展 »