« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月11日 (水)

千駄ヶ谷と谷中

髑髏城の七人・風を観劇の翌日は、ロケ地巡りに行きました

いつも旅行に行く前は、いろいろ調べて、調べるのが楽しくて
という日々を過ごすのですが、今回は、ものすごく忙しく
ギリギリまで「本当に行けるのか?」とハラハラしどうしでした

なので、行きたい場所も全く調べられず
松友さんのブログと娘が東京で購入した旅の冊子を頼りに
巡りました

1507110509223
ハローウィンの飾りが素敵だったホテルを朝8時半に出発

東京駅に荷物を預けて向かうは千駄ヶ谷
「聖の青春」のロケ地です

Img_6342

生涯2度目の千駄ヶ谷駅です(現在工事中)

Img_6415

私が覚えていたのは、こちらの駅の風景です

ここから 鳩森八幡神社方面へ歩きます

Img_6416

聖が橋口さん(筒井さん)と歩く駅前の道

Img_6344s

Img_6345

迷うことなく鳩森神社に到着 駅からまっすぐだからね

Img_6347

夜、聖が羽生さんの後を付けて歩いて行った場所です
このシーンも好きなんですよ~

Img_6349

鳩森八幡神社の中にある将棋堂です
お堂の中には大きな王将の大駒が奉納されています

Img_6351

神社の中に富士塚があります
(都内のものでは一番古いそうです)
富士塚に興味があったので、登ってみれてうれしかったよ
本当の富士山の頂上には行けそうにありませんのでね

Img_6411_2

Img_6412

お参りしてから御朱印をいただき

Img_6414

お守りを購入しました

この日、能楽堂でお能をやっていたのですよ
あまりお邪魔してはいけないので、このあたりは写真なし

Img_6363

鳩森八幡と書かれているのを写真に収めようとしていると

なんと、目の前を 佐藤康光先生が通過
娘と「佐藤先生だ!」とびっくり 将棋会館へ向かわれました

私達も将棋会館へGO~

Img_6366

Img_6420

お土産を購入し、2階を少し見学させてもらいました
思ったより時間を使ってしまい
あわてて、近くのロケ地へ

松友さんにブログで教えていただいたあたりへ
でも、事前調べが不十分なのでヘマばっかり

Img_6418

階段は…のマンションはすぐにわかりました

Img_6376

聖が倒れた所は、上のマンションの向かいあたり

Photo

Img_6373

私が撮ったのは、もう少し下でした

さらにもう少し下に行くと
棋士の方がよく注文する ほそ島や がありました
(娘に教えてもらいました)

Img_6372


ここから、日暮里に移動 

あまり時間が無かったので根津を諦め、谷中中心に回りました

日暮里駅から谷中霊園を通って昼食の場所を目指しGO~

Img_6379

途中、かわいい方を発見
「さんごだ!」「三五だ!」と写真を撮る母娘( ´艸`)プププ 

Img_6383

この日、谷中で猫を見るたび 母と娘は
「きゃ~猿翁のねこ~」と言って昨日を思い出していました
よく似たぬいぐるみを売っていて買いたくなりましたよ

Img_6386

お昼に決めていた 「カヤバ珈琲」
平日、11時代に行きましたが、外に並びました

1507034151351

私が注文したのは、 たまごサンド
ふわふわで美味しかったですよ
娘は、ハヤシライスだったかな~?

ここでも、この後どう巡るか作戦会議しながら食べました

まずは、私が絶対行きたかった場所へ
「のようなもの のようなもの」ロケ地です

Photo_2

Img_6392

ヒマラヤ杉とみかどパン です
娘も「ここ素敵な場所だね、癒される」と言っていました
ほんと、ずっとここに居たかった

Img_6389

ヒマラヤ杉のあたりは、メイン道路から1本入っていて
みかどパンの方も「東京でも静かな所だよ」と言っていました

Img_6406

みかどパンで レトロなカードとクッキーを買いました
下にひいてあるのは、志ん田がしていたのと同じカブの手ぬぐい
(この夏、カブ手ぬぐい大活躍で使い込みました)

                     ↓これこれ

Img_6049





次は、娘が行きたかった「谷中堂」と「いせ辰」へ

Img_6395

招き猫のお店です
2人で小さな招き猫と国芳の手ぬぐいを購入しました

「いせ辰」へ(あ~写真撮ってない)
こちらは、江戸時代から続く千代紙や布などの版元です

私は京都で買えなかった大判の風呂敷をGET!
娘は、張り子犬グッズをいろいろ購入
猫買って、犬買ってだなぁ

私が購入した 招き猫です
Lたんと比べると大きさがわかるでしょう

Img_6427

Img_6398

谷中ぎんざを通って

Img_6401

志ん田と夕美がお蕎麦を食べてい墓地のある寺院です
墓地に入るのはちょっと…なので
門から少しだけ境内に入って帰って来ました

もう、ここで時間切れ

新幹線に飛び乗って、東北の地に帰って来ました
まだ心は捨之介と天魔王に持って行かれていますが
昨日、やっと「ユリゴコロ」を見て来ました
あ~、洋介さんも容赦なく お京の心に飛び込んで来ました
映画の事は、また今度書きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

髑髏城の七人season風と勝どき

東京さ 行ってきましたよ~~

劇団☆新感線が大好きな娘と参戦

この前、いつ東京行ったっけ?…と、考えたら

「蒼の乱」の時でした ケンちゃんの舞台の時にしか東京に
行かない生活なんだな~


東京に着いてまず向かったのは、豊洲ではなく

松友Aさんとの待ち合わせ (*゚▽゚)ノワクワク
「お京さん、勝どきで待ってます」と連絡が…
(゚0゚)エ!「勝どき!どうやって行くんだ??」
30数年前は、横浜の人でしたがもう田舎暮らしの方が長くなった
お京にとっては、かなりのハードルの高さ
誰かさんが言ってた「駅の出口いっぱいありすぎ!」ってか(笑)
でも、どーにか待ち合わせの時間2分前くらいにとーちゃく!

ホッとすると共に、汗が
それもそのはず、家を出た時の気温5度で娘と2人で「さみ~ぃ」と
言いながら駅に向かったのに、勝どきでは、たぶん気温26度位
街ゆく人は半そでだというのに、長袖にカーデガン、本当は
ストールも巻いてきたんだよ~

待ち合わせの勝どき駅前です

火曜サプライズでウエンツ君とケンちゃんが居た場所です

Img_6330

この前の交差点斜め向かいに 焼肉屋「徳寿」さんがあります 
めちゃめちゃ近い!

Img_6333

そして、ここから歩いて数分で

「ニジイロ」です

Img_6335

Photo

吉高さんが座っているあたりに着席
お昼少し前でしたが、子供さん連れの方たちで店内はいっぱい
でした

そして、ニジイロのすぐ隣りが
伊吹五郎さんがいらした「勝鬨二丁目」です

Img_6336

Photo_2


後ろに「ニジイロ」が見えています

Photo_3

憧れの伊吹さんを見つけた時のケンちゃんが可愛すぎでした


勝どきから劇場までタクシーで3分と聞いていたので
余裕で1時すぎにタクシーに乗車
「IHIステージアラウンド」と言ったら運転手さん「??」
え?新しいからわからないのか?
Aさんが「市場前駅まで」と言ってくれて
運転手さんナビに入れる 
ホッとして乗っていると
360と書かれたステージアラウンド横通過
「ぐるっと回らないと行けないのか?」などど言っているうちに
どんどん遠ざかり「お~い、どこへ行くんだ?」と焦る
「お客さん、案内してください」と運転手さん
結局、1時30分少し前にに到着、もちろん割引してくれました


慌てていて、外観これ↓しか撮って無かった

ここから、舞台の感想を書きます、ネタバレ嫌な方は
ここで、さようなら~です

Img_6339

今回、奇跡のような良い席で
娘も「今までで一番いい席かも」とテンション


近くで見る捨之介は、正面から見ても横から見ても
ナナメから見ても、座っても立っても
とにかく美しかった~

(この髪型、横を向いた時に美しいケンちゃんの横顔が見えずらく
ちょっと残念)

Photo_6

プレスコールで見た時にも思いましたが

「三途の川に捨之介~」と見えを切る時
声の出し方とか「お!歌舞伎だぁ」って思いました

肩にかついだ瓢箪は、よく見ると鉄のつぎはぎ(パッシワーク状)
になっているのですね

Photo_7

「無界の里」では、座敷に上がっているという設定なので
肌色の足袋を履いていて

Photo_4

それ以外の時は、素足に雪駄なのですが
あの激しい立ち廻りでよく雪駄が飛んでいかないなぁと感心

そして、天魔王のケンちゃん
心底惚れました

元々、信長好きの お京なのですが
ほんとに目の前に信長様が居るようで
蘭兵衛(蘭丸)とのシーンにドキドキしちゃいました

天魔王の時の視線の動かし方や声の張り方が
天魔王の怖さや自信を表していて、捨之介の時の軽快な感じと
がらりと変わっていて素晴らしかったです
衣装やカツラで姿かたちを変えただけでなく、存在そのものが
別人格とわかる演じ方でした

影武者を演じているうちに天魔王は、信長に自分を重ねていって
捨之介は、影に徹していた…ということかな

ステージアラウンド初見の感想で
「新しもの好きのボクなので…」とケンちゃんが言っていましたが
はい!それ信長様と同じですよ~と思いました

松友Aさんから聞いていた捨からの天魔王への早変わりのシーン
注意して見ていたので、どうなっているかわかりましたが
たぶん聞いていなかったら、全くわからなかったと思うよー

天魔王の時、ケンちゃんは、頬骨の下に肌色のテープを貼って
いました
あれは何のためかな?


贋鉄斎の橋本じゅんさん
最近は、大河の近藤さんのイメージでしたが
まさかの「蕎麦屋」
芸が細かい ボ~ノ
「今の名前は…L?」 (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
私たち松友が喜ぶツボをわかってらっしゃる ボ~ノ

100人切りの時のケンちゃんとの息の合った殺陣?
めっちゃ良かった

黒馬鬼も登場しましたねぇ
「蒼の乱」見た人へのボ~ノ


Aさんのブログで、タヌキが出て来ると聞いていたのですが
絶対、狸穴二郎衛門(生瀬勝久さん)関係だと思っていたら
まさかの三五
あそこにチャック付いていて最後にお金詰めるとか( ´艸`)プププ
ぬいぐるみのタヌキもいい味出してました
どこか古田さんに似ているような気が

あと、安庭羅の猿翁(逆木圭一郎さん)のねこ(ぬいぐるみ)が
可愛いこと!
ずっと、逆木さんが手で動かしていていい動きしているのよ
にゃぁ~言葉も可愛い
あのネコが欲しくなったよ

兵庫(山内圭哉さん)の長い三つ編みの先に着いた茶色の
しっぽが絶対何か意味があるはずと思っていたら
最後、あんな事になるとはね

極楽太夫(田中麗奈さん)華奢な体型に太夫衣装がとても
似合って美しかったです
平清盛の時の由良御前からファンになりましたよ
どちらもツンデレ感がイイ!

Photo_7


兵庫の「くんろ」のコーナー?(笑)
毎回いろいろやっているようで
私が見た日は、生瀬さんに「毎回変えなくていいんだよ!」と
ツッこまれてました(爆)

山内さんは、「あさが来た」の雁助さん好きでしたよ
怖い役も優しい役も上手いですねぇ

沙霧(岸井ゆきのさん)、小柄でキビキビした動きで
少年ぽい感じで、可愛かったぁ
ケンちゃんが抱きしめても焼きもち焼かないよ

最後のシーンで兵庫が兄と和解する感動場面で
それを捨之介と見ている沙霧の目に涙がいっぱいでした
ゆきのさん、これから注目して行きたい女優さんです

Photo_5

Photo_6

あっという間の3時間40分
お尻も痛くならなかったし、ものすごい集中力で観劇しました
ケンちゃん凝視していたので、眼が充血したかも

Photo_2

Photo_3

「蒼の乱」の時は、ちょっとハラハラしながら見ていたけれど
今回の風髑髏では、ケンちゃんが皆を引っ張っている感じがして
頼もしかったです
成長してるなぁ~なんて母目線になってしまいました

Img_6341

娘は、鳥と風のパンフを購入し
「やっぱり、花も買えば良かったぁ」と言ってました

5日のライブビューイングにも娘は行ったようです
あ~、私も行きたかったよぉ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »