« DEATH NOTE 2016 | トップページ | 副長祭り! »

2015年9月14日 (月)

「天の茶助」鑑賞

「天の茶助」を見てきましたよ!

(もう見てから1週間以上過ぎてしまったけどsweat01)

今ごろかよ!! って感じですが (;´д`)

やっと、我が県でも公開 (^O^)/

1442142873258

喜び勇んで上映スケジュール見たら

初日、2日めと朝1番の9時30分からのみ…(;´д`)トホホ…

こうなったら、前日乗り込みで娘宅泊じゃぁ!


最初、娘はこの日、舞台のライブビューイングを見に行くと言って
いたのですが、すでに満席だったそうで
「私も茶助見る~」と一緒に鑑賞することになりました

見終わってまず娘がひとこと

「お母さんみたいな人には、最高の映画だねぇ」

「はい。その通り~~」 (*^ー゚)b


1回のみの鑑賞だったので 
ケンちゃんを目で追うことしかできませんでしたよheart
前回見た映画が「日本のいちばん長い日」で
ケンちゃんの出演があまりに一瞬だったので
それに比べると「天の茶助」は、ほんとに幸せな時間でしたlovely


いろいろな姿&形の茶助が、私を楽しませてくれましたnote

SABU監督 ナイスgoodです!
松ファンの気持ちを良く分かってらっしゃる ( ´艸`)プププ

ユリを救うため、天界から地上に降りた茶助
最初にに声を掛け助けてくれる種田(大杉漣さん)からもらった
タキシード姿、すごく素敵です heart04
似合ってますね~、茶助が走るたびにチラッと見える赤い裏地
がかっこいいし、白いYシャツもインしないで着ている所が
ラフで可愛い
天使にこれを着せようと思いつく監督すごいね!
ケンちゃんの好きなチャップリンぽくもあるね

とにかく、この姿で沖縄の細い迷路のような商店街を
茶助ケンが走りまわる run 
全力疾走です
ケンちゃんの走る姿、好きです!



そして、生前の茶助が ( ´艸`)プププ

02_b

暴走族だったり
ロッカーだったり
ウエイターだったり

パンフレット見たら

漁師の息子時代
暴走族時代
パンク時代
ウエイター時代
放火容疑時代
ヤクザ時代

って、書いてあって… 
これって

清盛(漁師の友達いても漁師の子じゃないか)
義家
シン
タモツ
進藤和彦
笑う警官の人?

もっと、一人一人をゆっくり見たかったわ


映画の中には、いろいろな沖縄の伝統芸能が出て来ます
私は、沖縄に行ったことがないのですが
私の住む街が、沖縄と姉妹都市だったりしたので
「エイサー」や「旗頭」は、近くで見る機会がありその迫力を
体験したことがあります
でも、夜の商店街で茶助が出会う
「こっけい」という鉢巻に白塗りのお踊りは初めて見ました
「あの白塗りの踊りって、本当に沖縄にあるものなの?」と
沖縄に行ったことがある娘に聞きましたが「?」でした

調べたら「チョンダラー」と言って本当に、あのメイク&髪型で
踊るのですね、異様な雰囲気を醸し出していましたね
(よく見たら、パンフレットにもHPにも書いてありましたsweat01


映画の中で、まあケンちゃんよく吐いてましたね(;´▽`A``
吐きまくり~
清盛の時に出来なかったから思う存分吐いた とか?

病院のユリの所に駆けつけたシーンでも吐いてしまって
ユリがそっと酸素マスクを付け直すシーン可笑しかったです

08_b

あと、種田骨董店で、ユリが取り置きしていた素敵なカップ
あれでユリに茶助がお茶を入れてあげるシーンがなかったので
そのシーンが入っていたら良かったのに…と、思いました


最後に茶助が狙撃されるシーンでユリが
茶助をかばおうとしがみ付き
絞り出した声で「ちゃすけさ~ん」」という所で
自然と涙が溢れました weep


私が「天の茶助」HPを見て最初に「素敵だなぁ」と思っていた
海辺を茶助とユリが歩くシーンは、最後だったのですね

普通のカップルという感じで幸せそう

Photo_3

やっとこれで「天の茶助」原作本解禁ということで
少し読み始めましたよ book

本と言えば 吉田修一著「怒り」 読みました
ミステリーなので読まずに映画を見る方がいいかもと
思っていたのですが
先日、わが職場に来た「移動図書館車」に積んであったの!
まるで「お京さん、読みたいでしょ」と言わんばかりに

係りの人も「今度これ映画化になるね、予約が増えるかも」と
言ってて
「わゎゎ私借ります!」と借りてきました

そして、速攻読みました
やめられない、止まらない、先が読みたい で
上下巻、すぐ読めます

もう、登場人物ほぼ脳内変換して読んでますからね~note

デスノの映画(出演ないかも…ですが)も
「怒り」も来年の話で
1月の「のようなもの のようなもの」(仮)までの間
寂しいなぁ~、何かないのぉ???

|

« DEATH NOTE 2016 | トップページ | 副長祭り! »

コメント

お嬢さんと一緒に見られたんですね

>「お母さんみたいな人には、最高の映画だねぇ」

( ´艸`)プププ
さすがお嬢さん!わかってらっしゃるgood

AKIが見たのは6月
すっかり忘れてしまっていて記事を読んで思い出した次第ですsweat01

>清盛(漁師の友達いても漁師の子じゃないか)、義家、シン、タモツ、進藤和彦、笑う警官の人?

すごい!
AKIはいいところ義家とシンくらいでした
もしかしたらSABU監督そこまで考えて描いたのかしら?

>最後に茶助が狙撃されるシーンでユリが茶助をかばおうとしがみ付き、絞り出した声で「ちゃすけさ~ん」」という所で自然と涙が溢れました

AKIもですweep
あのシーンすごく好きです
いとちゃん名演技でしたよね
名演技といえば…AKIはメチャ子も好きです
ティナちゃん、初演技だというのに肝が座っていて上手かったな…

ラストの二人が海辺を歩くシーンも良かったですよね
すごく幸せそうで…
茶助はこの先もずっと地上にいられるのかしら?
ちょっと気になってますsweat01

早く出ないかな?…DVD
何度もリピリたいですheart04

原作本の方も面白いでしょ?
お京さんなら一気に読めてしまうと思います

投稿: AKI | 2015年9月15日 (火) 17時22分

AKIさん、こちらにもコメントありがとうございます!

AKIさんのように何度も「天の茶助」を鑑賞されているかたと違って、「わわわ~ケンちゃ~ん」と思いながらの1回のみ鑑賞なので、今、原作本を読んで「そうだったのかぁ」と思うことが多々ありますsweat01

>>清盛(漁師の友達いても漁師の子じゃないか)、義家、シン、タモツ、進藤和彦、笑う警官の人?

これも、パンフレットに「放火容疑」とか書いてあったので「マチベン」を思い出したくらいで、映画見ている時には、パンクと暴走族とウエイターくらいしかわかりませんでしたよ
あと、天上から好きな女の子を眺めているって所が何だかデスノのジェラスみたいとも思いました

>名演技といえば…AKIはメチャ子も好きです
ティナちゃん、初演技だというのに肝が座っていて上手かったな…

そうそう!メチャ子面白かったですね
土佐弁だという所も良かったし、メチャ子がどっしり構えていて、茶助がどこかオドオドしていて、もっとこの兄妹の絡みを見たかったと思いました

>茶助はこの先もずっと地上にいられるのかしら?
ちょっと気になってます

気になりますよね、あの海辺を散歩しているシーン、とても幸せそうですが、あまりに美しくて「天国」のようにも見えてしまいます

私も、次はDVDで見るしかないので、早くDVDが出て欲しいです

投稿: お京 | 2015年9月15日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/62275011

この記事へのトラックバック一覧です: 「天の茶助」鑑賞:

« DEATH NOTE 2016 | トップページ | 副長祭り! »