« 日本のいちばん長い日 | トップページ | 「天の茶助」鑑賞 »

2015年9月14日 (月)

DEATH NOTE 2016

「DEATH NOTE」の続編が2016年に公開ですってsign03sign03

Deathnote2016

映画『デスノート』10年ぶり続編製作!2016年公開 
ドラマとは別物に

ドラマ「デスノート」のHPでカウントダウンが始まっていると
聞いてはいましたが
どーせ、ドラマ版の続きを映画か何かでやるのかなぁ~と
思ってました

昨夜の「デスノート」最終回の窪田月くんの超熱演を見て
「おぉ~重盛を思いだすぜ」 窪田君すご~って、思っていたら

直後にどど~~ん shine bomb shine
すごいものが落ちて来ました!
「山本&堀北結婚」以来の雄叫びを上げてしまいました
【近所迷惑】

藤原月くんと松山Lの映画「DEATH NOTE」の10年後を
描くそうです

Photo


松山くん、16年後のひろしの後は
10年後のLですかsign02
と、思ったけど…Lはもう死んでしまっているからなぁ…

見たい!見たい!松L見たい!!

回想とかで松L出ないかな?

動画は こちら から

|

« 日本のいちばん長い日 | トップページ | 「天の茶助」鑑賞 »

コメント

日本テレビと佐藤Pの策略と分かっていながら 私も少なからず踊らされました。
金曜日からのカウントダウンから
ドラマ終了後の発表の流れ。
日テレらしい(?)カウントダウンは、ドラマ視聴率に貢献しているとおもいます。
Yahoo!ニュースに
「当初はドラマに批判的だった視聴者からドラマに同情の声まであがり始めている」とありました。
私はキャストのファンなので半分傍観していますが、デスノファンは混乱葛藤の模様です。
次の発表が楽しみではあります。

投稿: ノンキ | 2015年9月15日 (火) 08時55分

このニュース、AKIはタイムリーに見ました!
(kikuが最終回だけ見たいというので便乗sweat02
最初はTV放送の予告だと…
そのうち…今年最大の驚き!!
お京さん同様、kikuと雄叫びを上げてしまいましたsweat01
ツイッターを見ると藤原くん、ケンイチくん二人が出るものと手放しで喜んでいる方が多いのですが…
「あれから10年後」「二人の遺伝子を継ぐもの」と書いてありましたよね?
でも何らかの形で出てくれることを期待せずにはいられません
それと…ケンイチくんのファンになって来年で10年…(お京さんもね)
抱えきれないほどの思い出があるけれど、あっと言う間の10年でした
感慨深いです

投稿: AKI | 2015年9月15日 (火) 17時09分

ノンキさん、こんばんは!

>日テレらしい(?)カウントダウンは、ドラマ視聴率に貢献しているとおもいます。

そおかぁ~、確かに「何かあるらしいから、最終回見るか」となりますよね。
日テレさん、「ど根性ガエル」は何も仕掛けてこないのか?
今日の新井さんからのゴリラパンプレゼントだけかしら?
(都会に住んでいたら行きたかったけど)

「デスノ2016」には、ケンちゃん出ないのだろう…と思いながらも、あんな風に藤原月くんや松山Lの映像が流れるとどこかで期待してしまいますよね
次回発表が楽しみですnote

投稿: お京 | 2015年9月15日 (火) 22時26分

AKIさん、こんばんは!

AKIさんも最終回をご覧になっていたのですね
私は、1度も挫けず(笑)ドラマ「デスノート」見ていましたよ
窪田君の演技とドラマ版のお話が映画とどう違うのかを見たくてね

>そのうち…今年最大の驚き!!
お京さん同様、kikuと雄叫びを上げてしまいました

AKIさんも私と同じ同じ( ´艸`)プププ
びっくりしましたよね
そして、その後の行動も同じです
ツイッターチェックして、みんながどう言っているかを見ました

>「あれから10年後」「二人の遺伝子を継ぐもの」と書いてありましたよね?

そう!このフレーズからすると、出なそうな気がしますが、W佐藤ですし期待してしまいます

>それと…ケンイチくんのファンになって来年で10年…(お京さんもね)
抱えきれないほどの思い出があるけれど、あっと言う間の10年でした

10年ですものねぇ~。
あの時、デスノート見ていなかったら「私、今、何を楽しみに生きていたかなぁ?」なんて思ってしまいます

投稿: お京 | 2015年9月15日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/62279675

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE 2016:

« 日本のいちばん長い日 | トップページ | 「天の茶助」鑑賞 »