« 「ふたがしら」主演 | トップページ | 3月5日♪ »

2015年3月 2日 (月)

かたづの!

久しぶりに面白い本に出合ったので紹介します

「かたづの!」 中島京子著

「ふたがしら」と競るくらい「え?何?」ってタイトルですが
1本角の羚羊(カモシカ)のことです

商品の詳細

表紙にこちらを見ているカモシカがいますよ
この記事を最後まで読んだら、きっと誰かに見えて来ますよ(笑)



ネタバレしない程度にあらすじを書くと

江戸時代初期の南部藩(今の岩手から青森あたり)のお話で
八戸南部氏の当主直政の妻袮々(ねね)が夫や跡取り息子を
亡くしても八戸を守るために女領主となって、どんな困難も
戦いをせずに、血を流さないようにと導いていく。
そんな彼女が幼い頃,可愛がっていた1本角の羚羊が、年老いて
死んでしまうが、その残された1本の角にカモシカの魂がやどり
ねねの事を不思議な力で守っていく

困難と書きましたが、このほとんどが南部宗家の叔父・利直
よりもたらされるもので…頼りになるはずの叔父が一番の敵
…。

このお話は、すべてカモシカ目線で書かれていて
カモシカ以外にも重要な役割(?)で河童や猫、ペリカン、白蛇
などが登場します
ファンタジーな部分もあるのですが、歴史物としてしっかり読め
ます。


なんでこの本を紹介しようかと思ったかというと…
面白かったのはもちろんですが
話の中に「田名部」が出て来るんですよ!
ケンちゃんファンなら誰しも反応したでしょ( ´艸`)プププ
田名部が舞台ではありませんが「叔父利直は田名部の鉄が
欲しくて」というフレーズが何回か出て来ます
田名部には鉱山があったのですね
大名にとっては、鉱山を手中に入れるのは藩政にかかわる
重要なことですよね
この他に遠野や花巻も出て来ます

お京的には、八戸南部が遠野に国替えさせられた話は
聞いた事があったのですが、この本で経緯を知って、もっと調べ
てみたくなりました


そして、ネットで知ったのですが
ある書評家の方が、この話を大河ドラマにしたらいいと書いて
いて、
ナレーションは、絶対ケンイチくんにと言ってます!
「あとのキャストは、思っているのと違っても我慢できるけど、
これだけは、はずせん」とまで言ってくださってます

でも…ナレーションってかたづのだから…カモシカ役ですか
( ´艸`)プププ

作家の中島京子さんは「小さいおうち」で直木賞受賞の方です
3月1日に映画「小さいおうち」 テレビで放送あったのですね
見るの忘れてました

|

« 「ふたがしら」主演 | トップページ | 3月5日♪ »

コメント

内容を読んで「どこかで耳にしたような…」って思いました
たぶん「王様のブランチ」だと思います
お京さんはどうしてこの本を読んでみようと思われたのですか?

中島京子さんは「小さいおうち」の著者だったんですね!
昨年、映画を見ました
「THE 昭和」って感じの映画で、昨年ベルリン国際映画祭で黒木華さんが銀熊賞に輝いた作品でもありますよね

>話の中に「田名部」が出て来るんですよ!
ケンちゃんファンなら誰しも反応したでしょ

すっごく反応してしまいました(≧∇≦)

>田名部には鉱山があったのですね

これも初耳でネットで調べてみたところ鉄、金、銀、硫黄、チタンなどいろいろ捕れたみたいですね

>ネットで知ったのですがある書評家の方が、この話を大河ドラマにしたらいいと書いていて、ナレーションは、絶対ケンイチくんにと言ってます!
「あとのキャストは、思っているのと違っても我慢できるけど、これだけは、はずせん」とまで言ってくださってます

嬉しいですね…
大河でなくてもどこかで是非やっていただきたいです

記事を読んで我が市の図書館に予約を入れようと思ったのですが、なんと240人待ち!!!┐(´-`)┌
kikuの大学図書館にもないので、中古で買ってしまいました(;´д`)トホホ…
父からも南部藩の話はいろいろ聞いていて身近に感じているので読むのが楽しみです

投稿: AKI | 2015年3月 4日 (水) 11時30分

AKIさん、こんばんは!

「王様のブランチ」で紹介されていたのですね!
私は、「かたづの!」が地元のことを書いた本だったので図書館に「買って~」とリクエストしました

>「THE 昭和」って感じの映画で、昨年ベルリン国際映画祭で黒木華さんが銀熊賞に輝いた作品でもありますよね

そうでしたね、黒木華さん受賞したのベルリン国際映画祭でしたねぇ。
今度、DVD借りてみてみようと思います

AKIさん、「田名部の鉱山」ネットで調べてくれたのですね
鉄だけでなく、いろいろと採れたのですね。
宝がザクザク出て来る場所で、誰もが手に入れたくなる場所ですね

>嬉しいですね…
大河でなくてもどこかで是非やっていただきたいです

私も同感です!
動物たちが言葉を交わすのが、どうなるか見ものです

そちらの図書館では、240人待ちですか
びっくり~w(゚o゚)w
中古本を購入されたのですね、この本ならAKIさんが読んだ後、お父様でもkikuちゃんでも読めると思うのでいいですよ
ただ、最初のあたりが○直、直△と、平清盛の盛盛づくしのような所があるので、私は家系図書いて読んでました( ´艸`)プププ 物語に入り込むまでなので、ちょっとの辛坊です。

投稿: お京 | 2015年3月 4日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かたづの!:

« 「ふたがしら」主演 | トップページ | 3月5日♪ »