« ダーツの旅! | トップページ | 青森縄文の旅 »

2014年11月 4日 (火)

大湯ストーンサークル館

10月は、仕事が忙しかったので
休日も家で、ぐだあ~としてエネルギーを蓄えていたのですが

どーしても行きたい所があって
10月の最後の休日、老体に鞭打って
出かけて来ましたぁ~


秋田県「大湯環状列石」のストーンサークル館です

こちらで11月3日まで
『秋田の土偶大集合展』が開催されていました!

入口を入ると

だだぁ~~んsign03

Img_4670s

たぶん、ストーンサークル館の方が制作したのかな?
157センチの私が隣に立つとさらに10センチくらい大きいです
ど~やって作ったのかなぁ?欲しいなぁヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Img_4671s
こちらは、実物よ!
撮影OKだったのですが
ガラスケースに入っているので光ってしまい撮影が難しいsweat01

秋田の土偶大集合と言うだけあって
見ごたえありましたよ
「しゃこちゃんファミリー」とか「いろいろな姿」「おしゃれ」
「顏」「自然界の仲間たち」などという分類をしていて
興味津々で見て回りました


でも、本命は、この後の常設の方に居ます!!



本日、この子が見たくて来ましたwink

Img_4663s

Img_4666

横から見たところです ボケボケ画像でスマンsweat01

大きさは、小さいマッチ箱くらいです

「土版くん」(どばんくん)
以前、チラシで見て「かわいい~heart04」と思って
ど~しても、実物を見たかったのです

「何だか知れないけど、これ大好きなの」と言っていたら
「ど~もくんに似ているからじゃない?」と職場の人に言われ
ました

Yjimagec9an0j0z

確かに、お京が大好きな「ど~もくん」に似てるsign03


この「土版くん」 体を使って「数」を表しているのですsign03

口が1
目が2
右胸が3
左胸が4
お腹が5
背中が6

子供の手の中に納まるサイズ感なので
子供に数というものを教えるためのものだったのかな?

お父さんが、子供のために粘土で作ってたと思うと
何千年前も、今も、親が子供を思う気持ちって同じだなぁと
思いますね。

Img_4664

とにかく、土版くんに会えて大満足だったのですが

思いもかけずもう一方、すてきな子がいたのです!


「笑う土偶」としても有名な
この方です ↓

Photo
こちらは「岩偶」です
私はずっと「オバQ」と呼んでいました( ´艸`)プププ

本の表紙にもなっているのですが
大湯ストーンサークルでお会い出来るとは思っていませんでした
ラッキーgood

商品の詳細

   「縄文美術館」

Img_4675

外は、小雨が降っていました

大湯には、巨大なストーンサークルが道路を挟んで2つ
あり、古代ロマン溢れる場所なのですshine
   

「縄文・土偶の旅」でした~。

|

« ダーツの旅! | トップページ | 青森縄文の旅 »

コメント

こういう施設があるって知らなかったのでHPを見てきました

手作り土偶はAKIも見てみたいな…
何でできてるんですか?(何でできていそう?)
実際の土偶はどれくらいの大きさなのかしら?(無知ですみませんsweat01

こういうのを見ると思うのが古代の制作者のこと
極端に出来が違わないように感じるんですが、家々で作るモノじゃなくてやっぱりセンスのある方が作っていたのかなぁって… 笑

「土版」にもすごく興味を持ちました!
数を教えるためのものなんですね
これについてもいろいろ思いを巡らし…
小枝とかを穴に挿したりもしたのかな?…
それで足し算とか引き算とかしてたりして…
などと考えたら楽しくなってしまいました

投稿: AKI | 2014年11月 5日 (水) 18時14分

AKIさん、こんばんは。

HPを見て来てくださったのですね!

>手作り土偶はAKIも見てみたいな…
何でできてるんですか?(何でできていそう?)
実際の土偶はどれくらいの大きさなのかしら?

何で出来ているのか、お京も手で触って確認してみたかったのですが、さすがにそれは…と思って
見た感じでは、発砲スチロールに絵具塗ったのかな?
実物の土偶(2枚めの画像)は、24㎝です

>こういうのを見ると思うのが古代の制作者のこと

そうそう!私も同じです!
どんな人が、どんな事を思いながら作ったのでしょうね
かなり離れた遺跡からも同じような遮光器土偶が出ていて不思議に思いますし、ある程度の大きさがある土偶は空中(中ががらんどう)なのです、作るの難しかつたでしょうねぇ

>小枝とかを穴に挿したりもしたのかな?…
それで足し算とか引き算とかしてたりして…

なるほどぉ~。面白いですね!
それは考えなかったなぁ
かわいい電卓、だったりして( ´艸`)プププ

投稿: お京 | 2014年11月 5日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/60597377

この記事へのトラックバック一覧です: 大湯ストーンサークル館:

« ダーツの旅! | トップページ | 青森縄文の旅 »