« 「春を背負って」見ました | トップページ | 春を背負って・2回め »

2014年6月24日 (火)

鉄子になって来ました

ずっと前から…

母が「電車の終点まで乗ってみたい」と繰り返し言っていてtrain

我が家の最寄り駅は、1時間から2時間に1本しか電車が通らない
単線の駅です
「電車」と書きましたが、電気ではなくディーゼルです
「列車」と言えばいいのかな?

本数が少ないので、我が家も出かける時
マイカーやバスを利用することが多くて、なかなか列車に乗る機会
がありません
(子供たちが高校に通っている頃は、毎日駅まで送り迎えしていま
したが)

横浜から引っ越して来た私の母はこの列車に数回しか乗ったこと
がないそうで、父にいたっては「1回しか乗ったことがない」という
その1回は、私が結婚する時に主人の実家に挨拶に行った時だっ
て、いったい何年前の話だよ!!

あまりに「乗ってみたい」と言うので
「じゃあ1時間くらい乗ったら少し大きい街があるからそこを見て
帰ってこようか」と言ったら
「終点まで乗りたいの!」ですってsweat01
「終点まで行っても何もないよ」「デパートとか無いんだよ」と説得
しても無理coldsweats01
Google Map でストリートビューも見せて
「ほらほら駅だよ、これ見たから、いいんじゃない?」とも言ってみ
たが、「終点」コールに負けて



まあ、そこまで言うなら「行ってみるか」ということになったので
一応、私が引率者ということになる…と思って
下調べ book pencil

地図で線路をたどっていくと

Photo
ありゃりゃ~?
十和田南で線路が切れてるhairsalon


「お父さん!十和田南で線路が無くなってるよ~」と旦那に言うと
「あ~そこでスイッチバックするよ」だって

へぇ~~sign01知らなかったぁsign03
なんか急に行く気upup
スイッチバック体験できるnotes スイッチバックになぜか「萌え」の私


 

Img_4515

みなさん、覚えてる?
第24回 松ケントーク 信州地域遺産紀行後編

この時
私が初めてスイッチバックというものを体験した篠ノ井線に
ケンちゃんも乗っていて 嬉しくなったの思い出したよ~note

また、スイッチバック体験できる~ってね




ということで
最寄り駅 朝7時49分に乗るぞ!と3人で出発

もちろん無人駅です
無人駅に車を停めて行くことが少し心配そうな父

Img_4412s

朝7時台なのに 私達しか乗る人いません(゚ー゚;
小さく写っているのは 母です

電車が来るとまず母が
「ボタン押さないとドア開かないのよ」と父に説明
「ほんとかよ~」と父
「ボタン押させてあげるよ」と私が父に言って
嬉しそうにボタンを押してドアを開ける父 ( ´艸`)プププ


そうそう、父は「切符は?どこで買うんだ?」とも言ってたな
列車に乗ると、すぐ車掌さんが来てくれるんだよ~

終点までの切符を購入して
あとは約2時間の列車の旅を楽しもうtrain note

Img_4415
電車はもちろん 貸し切り状態

Img_4417

車窓は 緑 緑 緑 です
「田んぼ」と「畑」と「森」です
のどか~

母は1駅1駅 メモを取っていろいろbookに書き込んでましたよ

Img_4420
 
  ↑ スイッチバックの駅に とうちゃぁ~く
    終点じゃないのに右側に駅名が無いでしょ


長野の篠ノ井線では 急こう配を効率よく電車で登るために
スイッチバックしているのですが、ここは平な場所で…
方向転換って感じでした


列車の中から 花や樹木や山に目をやり
到着する可愛い無人駅に感動し
途中、畑の中を走るカモシカも発見してeye
約2時間、終点の大館駅に着きました


母念願の終点の駅です

Img_4429

レトロ感あふれる 木造通路を通って


駅前に出ました

Img_4426
大館は忠犬ハチ公の故郷だそうで
駅前には秋田犬の像があります
ここで記念写真撮って

Img_4424
「バスもハチ公号だぁdog」なんて言っていると

母が「ねえ、まず喫茶店でコーヒー飲みましょうよ」ですって 
あ~思っていた通りの展開
「喫茶店なんてどこにあるのよ」と私sweat01

幸い駅にコンビニがありそこで缶コーヒーやおやつを買って
このまま、下りの列車まで1時間 駅に居ましたcoldsweats02

それでも母も父も楽しそうで
母はコンビニで「ここで一番有名な新聞ください」と言って
「秋田魁(さきがけ)新聞」を買って来て読んでいました

駅には小さい売店と観光案内所もがあり
私はパンフレットをもらったりしてきたのですが
よく見ると「津軽」とか「青森県立美術館」とか「あおもり紀行」
なんかすべて「青森」パンフでした ( ´艸`)プププ
秋田に行ったのにねぇ~気持ちは青森へ


母たちは「このまま まっすぐ帰ってもいいよ」と言っていましたが
せっかく来たのに このまま帰るのはなぁ~と思い
大館から40分ほど乗った鹿角花輪駅で降りて少し私が案内を
することにしました
まあ、そう言っても母は膝が痛くて長時間歩けないので
駅からタクシーで「あんとらあ」という道の駅に行きました

Img_4434

「あんとらあ」です
平日だし、混んでないだろうと思って行ったら
中学生の修学旅行や温泉めぐりの団体などが居て
とてもにぎやかでしたよ

昼食は団体さんと違う所で食べられたので
ゆっくりいただくことが出来ました restaurant
八幡平牛ステーキや比内地鶏親子丼などに舌鼓
食べるのに夢中で画像なしです

母は、「これでもかっ!」ていうくらいお土産を買って
私と父は荷物持ちとなりましたcoldsweats01
(車で来ている時と同じ感覚で買っちゃうんだよねぇ
山野草の鉢植えまで買おうとしていて、父に止められていたsweat01

鹿角花輪は「花輪ばやし」というお祭りが有名で
その山車をここで見ることも出来ますよ~

Img_4432
秋田のたんぽ小町ちゃんです 隣りは??秋田杉?

Img_4430

近くにある 尾去沢鉱山のマスコット鉱太くんです
かわいいでしょうheart04 秘かにファンでした
(あんとらあに飾ってあってテンションUP)
私がここで買ったお土産は 「黄銅鉱」の小さな石です(笑)

Img_4519

帰りの鹿角花輪駅からの車中は
駅前で買った どら焼き食べて その後…

母は、爆睡でした (´△`)Zzzz・・・。o○


「電車に乗りたい」と母が言わなかったら
こんな へんてこりんな旅も出来ないなぁ~と
案外、鉄子の旅も面白いなぁと思い列車を降りました
 






 

|

« 「春を背負って」見ました | トップページ | 春を背負って・2回め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/59866056

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄子になって来ました:

« 「春を背負って」見ました | トップページ | 春を背負って・2回め »