« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月20日 (月)

「平清盛」総集編その2

我家の方もや~っと春らしくなってきましたぞ!
桜はソメイヨシノがそろそろ終わりで 山桜が満開
コブシもレンギョウもタンポポもチューリップも同時に開花で
なんだか忙しそうな感じ   

001_2




では、「総集編その2」をポツポツと書いていきますか

前回もそうでしたが、気の向くままに書いているので
順不同です




まずは、この方から…

Up_023

息子 重盛(窪田くん)です!
松山父に「よしよし」と包み込まれているようです
「窪田君が息子でよかった、ホントに良かった」と言って
ましたね

Up_024

ドラマの中の1シーンみたい…

Up_026

言葉に詰まりながらも、一生懸命語る窪田君

「父上と後白河さんの間に挟まれて最期はぐちゃぐちゃ…」
『面白や面白や かように面白き日が終わってほしくない』
挨拶も「重盛だぁ~!」
(みんなでオールアップになった時も2度目の花束をもらって
すごく喜んでいたね)

お京からも「キミが重盛でほんとに良かったよ」と声を
かけてあげたくなりました
窪田くんの事は、この大河でファンになりました
一見、可愛い感じだけれど、色気のある役も、ちょっとツッパッた
感じの若者も演じれて「注目」です  

Up_025

重盛を悩ませた お2人ですが (*^m^)
挨拶する窪田君を温かく見守ってます

Up_019

二条天皇(富浦くん)
殿からの花束、取り落としていました(笑)
かわいい声で、大河に出れたことを家族みんなが喜んでいる
と言ってましたね
「タンブリング」を思い出しました
そお言えば、タンブリングから大東くん、にっしー、富浦くんと
3人も出ていたんですね

Up_014

若き日の頼朝(中川くん)
この日、お京はNHKに居たんだよなぁ~
こうやって見ると、この日の殿は綺麗な方だなぁ
中川くんも「家政婦のミタ」から一気に注目されましたね
清盛と初対面のシーン、良かったです




大勢で大量UPとなった最終シーンで
重衡(辻本くん)花束が間に合わず( ´艸`)プププ

Up_003

父上とハグしていましたね
辻本くんは、総集編・特典の中にインタビューがあって
お京的には、テンション 
松山君と同い年なのに完璧「父上」って感じで松山君を見てて
スキスキ光線がハンパなかったですね
あの南都焼き討ちの時は、お京も「怒られるぅ~」とハラハラ
しましたよ
一途に父上を信じて、手柄をたてたと思い込んでいる重衡に
上手く自分を重ねて演じられているなぁ…と思いました
今、辻本くんは、舞台が多いみたいですね
いつかサバイバルゲームだけでなく 舞台でも共演して欲しい
です



そして、辻本くん同様、大河を見る前から「ちゅ~も~く」して
いたのがAAAの西島くん、そう!頼盛役です
「可愛い感じだなぁ~武士って感じが出るのかな?」と思っ
ていましたが平家の中での難しい立場を上手く演じていました
そして、最期、鎌倉での頼朝とのシーン、「平家は一蓮托生!」
に『参りました』




次は…若者から中堅に行きますか

Up_022

Up_021

西光(加藤虎ノ介さん)
オールアップ、あのキックの後だったのですねぇ
殿の頭を「いい子、いい子」と撫でていましたね(笑)
加藤さん、ケンちゃんの剃髪見て自分もそうする事にしたと
何かで読みました(ツルツル頭が良くお似合いでした)
役の上では、対立する2人ですが、このハグを見ると
「いい仕事が出来た!」という満足感が伝わってきます



では、加藤さん繋がりで

兎丸(加藤浩次さん)

Up_001

UPが深夜だったのでしょうか
加藤さんがあっさりしているのに対して
海賊の人たちがウルウルきちゃっているのが…お京も
一緒にウルッとしちゃいました
時の王となった清盛に対し、いつまでも臆する事無く
意見を言ってくれたのは兎丸だけだったのでしょう
禿に殺されてしまった兎丸を抱いて悲しむ清盛の姿が
目に焼きついています



侍大将・伊藤忠清(藤本さん)

Up_004


忠清を見守る後ろの2人に目が行く  
「平家の父母」 
藤本さんは、松山くんの清盛と1年2ヶ月ずっと一緒で
したね
そして、「ファイナルパーティー」にも参加してくれて
松山くんの言葉を伝えてくださって さんくす♪(o ̄∇ ̄)/



さあ、忠清と言えは…盛国(上川さん)でしょ
「松山ケンイチという一人の役者が平清盛という難敵と……
そばに居られて嬉しかった」というUPの時の上川さんの言葉は、
ネットで読んで 涙が出ました
「ずっと見守ってくれて、ありがとう!」って思いました
最期の方は『盛国=自分』みたいになってました


あ!あと ムロツヨシさんの挨拶面白かった
「カタカナの名前が1チャンに出れました」( ´艸`)プププ
ケンイチもサダヲも出てるよ~

いま、ムロさんBSの方で女装して出てますよね
あの毛むくじゃらから大変身 (↑見てないけど
あっ、日曜9時の方は見てますよ
日曜は、綾野くん三昧~
緋の陣羽織の容保公 かっこよかったッス


何か話が脱線
この続きは「その3」で ←まだ、続くのか!?


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


今の朝ドラ、楽しく見ています
お京の職場のようなところにも「あ○ちゃん」巨大ポスターが
届き貼ってあります
娘が住む街の駅に行くと
2種類のポストカードに特別編ステラ(無料)が
大量に置いてあって、もらい放題
「いいなぁ~」って感じ
  ↑ もしも「平清盛」の地元だったら…という意味でね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

『平清盛』総集編その1

ひょえ~!
1ヶ月更新していなかったぁ
ケンちゃんの「存在感」が無い…というのもありますが
この1ヶ月、なかなかハードな日々を過ごしていました

入社式ギリギリに引っ越して行った息子の荷物がまだ
運び終わらないうちに、前々からあまり体調が良くなかった義母
が寝たきりになってしまい、ついに入院 
それも、入院した病院が我家からも旦那実家からも遠くて
お見舞いに通うだけでヘトヘトになっていて
私も旦那も体調不良…(胃が痛いとか口内炎が治らないとか)
でも、やっと、退院となりました
まだこれから、リハビリとかいろいろありますが
ひとまずホッとしました


頑張った(?)お京に「ご褒美」が届きました

001

「平清盛」総集編DVDです
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

3月17日の「ファイナルパーティー」で流れたという
「出演者オールアップ集」が見たくて購入
当日、東大まで行かれた松友さんのブログや
N様のツイッター等で内容は聞いていたので
あ~で、こ~でと頭の中では妄想していましたが…
も~~お京の想像を超える威力でございました

『あ~これが見られて しあわせ~』 と
毎日毎晩、見ずにはいられません
どのシーンも「愛おしくて」なりません

そして、この「オールアップ集」誰がどのシーンでUPしたのかが
わかるのもですね

「あんた、誰??」という方が色々な場面で登場していますが
清盛の収録場所での「素のケンちゃん」というのが
なんとも魅力的なんです


最初にリピリピしちゃったのが
何と言ってもココ!
明子(加藤さん)UPの時

Up_002

や・やばすぎる 
この服は何?

Up_004

よ~く見たらカーデガンだったのね
もちろん、カーデガンじゃない所にちゅ~も~く 

髪もかなりの「落ち武者」かげんでしたが
胸板の方にばかり目が…ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Up_005
鳥羽上皇(三上さん)がUPの時
この時もかなりのボサボサ度ですが
三上さんとハグしていましたね
「エアー矢」の時の2人の対決に息を呑みました

 

Up_006
家盛(大東くん)UPの時
頼長さん(山本くん)も花束渡したかったでしょうね(笑)

Up_008

忠正叔父(豊原さん)UPの時
豊原さん、盲腸だったのですね
もう、叔父さん大好きな お京は清三郎とのシーンで
涙・涙・涙となりました

Up_009_2

「無口な天才希望」の信西(阿部さん)UPの時
髪が伸びてきたからか 殿の髪がちゃんとしてるぞ!
通憲と高平太の出会いのシーン、すごく好きです


Up_013

Up_011

義朝(玉木さん)正清(張さん)UPの時
義朝の最期のシーンで終了だったのですね
大河の丁度真ん中あたりで義朝は亡くなっていますが
もっと後半まで居たような存在感でした
あの川原での対決や頼朝が流罪に決まるシーンで
頼朝が義朝に変わるという演出に「驚き」でした

Up_015

信頼(塚地さん)UPの時
「愛するキャラクターになりました」と挨拶する塚地さんの横で
笑顔のケンちゃん 現場の雰囲気が伝わって来ます 


そして、 とても印象的だったのが、家貞(梅雀さん)です
「テヘ(ちょっと照れくさそうにしてから)ケンイチくんの人柄で
みんなが気安く集まれるというのもあったし、とてもいいファミリー
が出来たと思うし、これからも末永く付き合って行こうと思っちゃ
ったりしています」

はい、思っちゃってください(*^ー゚)b!!
「新選組!」の忘年会が今でも続いているように
「平清盛」も末永いお付き合いを続けていただきたいです
そして、その「平清盛・平安感」を我らにもおすそ分けしてください

思いつくままに、書いて来ましたが
まず「その1」はここまで
「その2」へ続く…です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »