« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月22日 (金)

「遠い夏のゴッホ」その2

舞台「遠い夏のゴッホ」先週の土曜日に見て
あ~そろそろ本当に記憶が曖昧に ←最初からか! (゚ー゚;

素敵な(←こんな一言ではすまされないですが)ゴッホは
しっかりと目に焼きついていて
それを引っ張り出し脳内再生し→うっとり~

Photo



 また、ネタバレ書きますので 注意してください










まあ、前回の記事でほとんど印象に残ったところは書いたと
思うのですが…


カエルのブックハウスが捕食する所が 斬新
赤い舌に巻き取られていく虫たち
「どんだけカエル大きいんだよ!」と、思ったら
お腹をさすりながら 田口トモロウさん登場(笑)

T02200330_0478071712409347071

    公式HPより



あと、虫たちが
「アリです!」「アリやります」とか「トカゲです」なんて
宣言しながら演じているのが( ´艸`)プププ
ちょっと小学生の劇みたい とか思っちゃった
でも、この感じが 座長の初々しさや皆で作り上げて行った
この舞台の雰囲気に合っていて「違和感なし」でした
「何が出てくるのかなぁ?」
「誰が何役かなぁ~?」と楽しく見れました

Photo

O0480064012429362352

遠山さんのブログよりお借りしました こちら





私は、キラキラのケンちゃんを終始目で追いながら
『こんな綺麗なケンちゃんを近くから見て、娘も松ケンファンに
なったりしてムフフ』とか
『こりゃあ絶対「松ケンかっこいい!」って言うよ~』
と思っていました


そして舞台後の娘の発言
「ああやって見ると松ケンも普通の若者だねぇ~R(弟)みたい」
ええええええぇぇぇ!!!
なに言ってるのぉぉぉぉ!!!!

「あんなカッコいい人居ないよ!超ハンサムだったじゃん!、横顔
が綺麗だし…」と母反論
「まあ、横顔がイイのは認めるけど…和田君の方が綺麗だよ」
だって┐(´-`)┌

今回、娘はテニミュの頃から応援してきた和田琢磨くんを
見るのが楽しみと言っていて
「テニミュでは、ほとんど笑わない役だから、今日の和田君は
すごく可愛かったぁ」と満足そう
確かに、和田君のスチュアートとゴッホの掛け合い
可愛かったよ…可愛かったけど母、ゴッホばかり見てました(笑)

「和田君こそすごく整った顔しているんだから」と言われても
あのボブのような髪型から三つ編みが伸びていることしか
記憶にない (;;;´Д`)ゝ 
結局、母娘で顔の好みが全く違うことが判明しました
でも、好みが被らない方が雑誌のページ分け合えていいか

Photo_2

あ!スタスキーさんと一緒にゴッホとスチュアートが居た!
公式HPより



ただ、松山くんの演技については
「さすがだね、初舞台とは思えない」
「可愛い感じも、老いた感じも自然」と褒めていました
「今回の舞台、題材が虫だからか舞台の上に這いつくばったり
寝転がったりが多いよね、だから役者の顔がよく見える席って
本当に前列か、ぐっと階段で上がる1階通路のすぐ上の席
がいいかなぁ~」と言ってました
私もあと1回くらい見たかったなぁ…


「遠い夏のゴッホ」も東京公演はあと少しですね
始まる前は
「ケンちゃんの舞台、ど~なんだ?」「大丈夫なのか??」
ハラハラ ドキドキ の母心。
ちょうどこの頃、息子が大学の卒論発表の頃で
その息子の心配と全く同じ気持ちで
2人息子が居るようでした (´,_ゝ`)プッ



ゴッホを見た次の日は
娘とソラマチへ行きました
スカイツリーには、もともと登るつもりはなかったのですが
も~超混雑していました びっくり!

せっかく来たのだからと
写真をとりましたが
スカイツリーの根元にいるので
ツリーのてっぺんまで入れて写真を撮るのが難しく
みんなコンクリートの上に寝転がったりして撮影していました
ミニスカートの子まで寝転がって撮っていて びっくりでした

2013_012

私もしゃがんで、ようやく撮りました 
この時も手前に娘を入れた写真
私が入っている写真も撮りましたが
すべて、顔が逆光で真っ黒だったり
髪が舞い上がっていたりで 


帰りの新幹線の中で
今回の旅のデジカメ写真をチェックしたのですが
「もう残念すぎるぅ~」「なんじゃこりゃ?」と
娘と2人で爆笑でした
まともなのは、東京駅の写真と上のスカイツリーのみ

「遠い夏のゴッホ」観覧の旅は
ケンちゃんを近くで見れてすっごく幸せでしたが
それ以上に松友さんと会えて
ケンちゃんの話が出来たことが
私をリフレッシュさせ「明日からも頑張ろう」という気持ちに
させてくれました

またいつかケンちゃんが会わせてくれるでしょう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

「遠い夏のゴッホ」観劇

あぁ~~
幾多の問題を乗り越え
ついに 「遠い夏のゴッホ」見て来ましたぁ~~

Photo


キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

昨年5月の「ロミジュリ」以来、9ヶ月ぶりの
赤坂ACTシアター
もうすっかり東京からの行き方忘れて
娘に付いて行った お京です(゚ー゚;

Act1

この大看板を見て
「あ~来れたんだなぁ…」と、10月からのあれこれを思い
ちょっと感慨にふけり

チケット売り場の方にあった普通の大きさのポスターも撮影
ただ、この日強風だったため
女の方がこのポスターの貼ってある場所を風除けにして立って
おられて…私が写真を撮りたそうにしていたら
「あっ、シャッター押してあげますよ、松ケンくん挟んで…」と
『私・松ケンポスター・娘』と並んだ3ショットを撮ってくださいました
ありがとぉ~~
そして、後ほど画像再生してみたら…
何度も言いますが、超強風だったので
私も娘も髪が、クモのラングレン(保村さん)のようになっていて
爆笑 (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


そして、観劇後に会う約束をしていた松友Aさんに
「着きました」とメール
Aさんは、早めに到着されていたようです

ACT内に入って
まず、パンフ2冊(1冊は娘用)とクリアファイルを購入
その後は
ゴッホケンちゃんパネルを撮影

2013_009

ここは、ゴッホケンと2ショット撮るために順番待ちと
なってましたよ

ただこの場所、ちょっと逆光ぎみで…撮りにくかったです
いつもは外に立っているのかな?
この日、強風だったからこの場所に来たの??

お京的にはこの1枚で充分満足だったのですが
娘に「パッと撮ってあげるから、早く横に並んで!」と言われ
この、かわうぃ~ゴッホの横に並んで撮ってもらいました
気分はベアトリーチェといきたかったけれど
(は、はずかしいから早くシャッター押せ!)という残念な顔で
お京、写真におさまっておりやす (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


さあ、そろそろ、席に着こうと
前から3列目のまあまあの神席に行きますと
そこに「平清盛ふれあいミーティングin江刺」でお会いした
松友Sさんがいらして 
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーと、再会

Sさんのお友達お2人が私の隣の席でした
なんという巡り合わせでしょう (*^ー゚)bルンルン!!

舞台を見終わった後、SさんたちとAさんと、しばし劇場内で
松トーク
そろそろ出ないと…と思ったら
シャトナーさんがいらっしゃいましたよ!

シャトナーさんと言えば、
購入したクリアファイルの絵、シャトナーさんが描いた物ですよね
良く見たら、すっごく可愛いです

2013_018

パンフの中に彩色したものがありますね

2013_019

ゴッホもベアトリーチェも可愛いけど

2013_020

私的にツボは ミミズのホセです ( ´艸`)プププ
ちょ~かわゆい モグモグ モグモグ

このあと、ネタバレありますので ご注意を!












私は、日程的にも金銭的にも ゴッホはこの1回のみの
観劇なので、これで感想を書きますが
もうすでに記憶が曖昧に…
ただただ、煌くゴッホケンくんを見つめていたので
そのほかの方々のことが わからん ゴメン

Photo_7

「ケンちゃん 近い!」
「カツラが似合っていて、違和感なし!」
「わ、わ、わ、ケンちゃんがそこに居るよ」
「目が綺麗、鼻が高い、色白い、口がアヒル、」
「なんでこんなに可愛いんだ!?」
「あ~もうキラキラだよ」
これを、繰り返し思い
肉眼で、汗も涙も見れたということは
お京にとって「宝物」となりました

ゴッホとベアトリーチェの幼虫時代
2人とも訛っているのだけれど
やはり、ケンちゃん=訛り=イキイキしてるね
「あ!陽人くんだ」と思う瞬間がありました

ゴッホとベアトリーチェの所にチョロチョロ出てくる
吉沢さんのミミズのホセ
モグモグ モグモグと進む様がキュート
ゴッホだけが先に成虫になってしまった後も
2人の間を行ったりきたりして「テキトー」な事を伝える
ところが笑える
そして、どんなにデタラメなことをホセが伝えても
しっかりゴッホを信じ理解しているベアトリーチェの気持ちに
心を打たれました


この舞台、「笑」の要素が沢山ちりばめられているのですが
お京が好きだったのは
「わたくし、今からゴッホの唇やらせていただきます!」
「わたくし、今からベアトリーチェの唇やらせていただきます」

という、シーンです
シャトナーさん、上手いなぁ
だって舞台でキスシーンとかって、双眼鏡で見ても
よくわかんね~って感じだものね(前の方の方以外)
笑えたし、抱き合う2人が妙にエ○く感じました(笑)


あと、
もうすぐ羽化する幼虫たちがスタスキー教官?(福田さん)に
「羽化とは」という教えを受けて居るときに
来年の羽化のための参考にとゴッホとスチュアートが、
それを見に行き授業に加わるシーン
幼虫が一列に並んで伝言ゲームのように言ってゆく
羽化とは?→うっかりする→うっとりする→
(ちゃんと覚えてない・汗)
テンポが良くて、笑える~

Photo_5

   ゴッホ と スチュアート(和田さん)


印象的だったのは…
舞台後半で、ゴッホがうつ伏せで舞台のへりに捕まって
いるシーンで、ケンちゃんの爪がピンク色で…
白い手にピンクの桜貝のような爪、綺麗でしたぁ


フライングのシーン、首が痛くなるほど上向きで見ましたが
(もう少し長く、飛ぶのかと思ったよ)
そして、あの何だかわからないクネクネ動く銀色のものは
暖かいパイプ(配管)だったのですね

Photo_6

あと、購入したパンフレット
実際の舞台衣装や髪型と違う写真が使われているので
ケンちゃん以外の舞台役者さん
誰が何役の方なのか分りずらかった←私だけ?
ラングレンさんなんて、清盛晩年頭なんだもの「誰?」でした
舞台に出ている時の画像も欲しいなぁ

舞台の衣装、可愛いし良く工夫されていて
燕尾服のような羽があったり、羽化するのに背中が割れたり
突如、セルバンデスだけ時代物風だったり
クモのラングレンが大工さん風だったり
カツラもよく出来ていて娘はケンちゃんのカツラを地毛だと
思って見ていたそうです


昨日、今日とかかってこの記事を書いていましたが
どうも回線の調子が悪く
2回も記事が保存されず 消滅 
この続きは、また次回、書きますね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

2月だぁ~!

ACTシアターの前にも
デカ看板が付いて 「いよいよ」って感じですね

Act1

舞台「遠い夏のゴッホ」が3日から始まります
まあ、お京が観に行くのはまだまだ先ですが


この情報、初めて聞いた時、まず思ったのが
「2月かよぉ~~!!」
でした

2月なんて、キケンすぎる
2月なんて、ど~なってるかわからん

10月にチケット取るなんて…ど~しよ ど~しよ
超~迷いながらも、
「清水の舞台から飛び降りた」気分で申し込みました



問題…
1、まずは、「大雪」による交通障害、今年は、東京も危険ですね
2、そして、義母の病状、入院はしていないけれど、雪道2時間の
  病院に通院している
3、我が職場の「相棒」が健康診断に引っかかり10月に検査入院
  私と2人で勤務しているので「相棒」が居ないと絶対に休めない
  のです、同じ建物の中に他の課の人は居るのですが
  仕事は全く別物なのでカバー出来ない
4、私の仕事は、1年ずつの更新なので毎年「面接」がある
  昨年は、3月だったので2月なら大丈夫だろう…と思ったら
  今年は募集が1ヶ月も早かったので面接も前倒し?と
  ドキドキ…
  ケンちゃん舞台のために仕事を棒にふるか!?
5、息子の4月からのアパート探し

まあ、ざっとこんな感じの問題があり
や~っと、全てが大丈夫そうだ…と思える状態に
なりました ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


ホッとしたところで
セミ情報が、押し寄せて来てうれしい悲鳴
付いて行くのが大変です
まあ
舞台の内容は、あまり情報を入れないで見たいと思っているので
いいか…って言ったら

娘に「お母さん、松ケンガン見で、内容わからないんじゃない
と、すばらしく母の行動を読んだ意見をいただき
「う~ん、その通り!」と答えました

以前から「1回じゃだめ、3回は見ないと」と娘にアドバイスをもらっ
ていたのですが、そんな時間も金もないのじゃぁ~!


セミ舞台稽古風景
セミに心奪われるケンちゃん

Photo

かわいいのぉ~かわいすぎるぅ 
何か松岡先生(高橋光臣さん)みたい

Photo_2

相変わらず手が綺麗 色白に戻りましたね
このマスクを見ると、スカパーCMも思い出すね(笑)


この前の「アシタスイッチ」、娘も見たそうで
「お母さんみたいなファンには、松ケンの家庭話とか聞きたくない
かも知れないけれど、あの対談見て『あぁ、この人と結婚したら
幸せだろうな』と思ったよ、真面目だもの」と言っていた

へぇ~~!と思った
私は、松山くんの家庭話とか
「ど~でもよ~い!」なのですが
若い女の子から見ると「いいお父さん、いい夫」なのねぇ

Photo_3

とにかく このビジュアルが好みなので
ゴッホくんに会える日を楽しみに過ごしたいと思います


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


我が職場に、たま~にやって来る、おじいちゃんが居ます
いつもその時々にテーマがあって
調べ物に来るのですが

先日のテーマは「八甲田山の雪中行軍」についてで
この資料館が青森にあるそうで、その場所と電話番号を調べて
欲しいとのことでした

私も新田次郎著の「八甲田山死の彷徨」を昔読んだことがあるので
「行ってみたいですね」と言いながらネットで調べようとしたら

「幸せに畑って書く『幸畑』って書くところにあるらしいんだよ」と
おじいちゃんが言うので

「そうですかぁ~」なんて言いながら
地図を見ていた
「こうはた」…あれ?
「幸畑」これ地図で検索したことあるよ私!!!!

そう!ウルミラロケ地めぐりで行った場所のすぐ近くでした
あの「進化の道」です

H22730_101

八甲田山雪中行軍遭難資料館

近くまで行ってたんだなぁ~(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »