« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月17日 (木)

まだまだ「平清盛」

日曜日の大河ドラマが「八重の桜」になって
もう2回も過ぎた…

視聴率を気にしなくてもいいし
録画もしなくていいし
8時からの1回を見れば満足だし

気楽に日曜の夜を過ごしています
(容保さまの綾野くん素敵です)

「八重の桜」も「来週はどうなるのかな?」と楽しみではありますが
佐久間象山がどうなるかとか
吉田松陰がどこで死ぬとか
勝海舟が幕府側でどんな動きをするかとか
一人一人の終着点がみんなわかっているという点では
「おもしろうないのぉ~」です…

その点、昨年の「平清盛」は
私自身がこの時代を知らない おバカなので
どんな人物が出てくるのか、どう係わってくるのかが
全くわからず
それが「ゾクゾクするのぉ~」でした

今まで見た「義経」や「草燃える」でも
盛盛づくしになった時点で頭は???
まあ、私の場合それでも最後まで見続けるのですが
結局、よくわからん→つまらない
だったと思います


しっか~し!!
「平清盛」は、HP「写真集」「予告動画」で妄想予習し
日曜日午後6時からのBS、8時からの本放送と見て
HP「あらすじ」で復習し
ガイド本片手にブログを書くという 素晴らしい1年
これだけすると
流石に私でも、家盛も経盛も教盛も頼盛も忠度も
区別出来ちゃって
さらに1歩進んで
重盛も基盛も宗盛も知盛も重衡だって
(ミミズだって、オケラだっ~て、ミツバチだっ~て)って
歌を思い出しちゃった
ケンちゃんの脳内が私の脳内にも侵食してきているのか!?
(みんなみんな、知っているんだ盛達なんだぁ~)と歌える
ほど、理解出来ましたぞ!



そうそう、前々から『書く』『書く』と言っていた
「平清盛の好きなキャラクター」

HPには、人気投票による順位が載っていますね
以下、HPより、1位~5位
1、平清盛(1位でよかったぁ~ホッ)
2、平忠盛(父上、かっこよかったよ)
3、平重盛(アンケート取った時期がな…真面目な息子です)
4、源義朝(玉木さんファン頑張りましたね)
5、後白河(確かに、ゴッシー存在感あった)
HPには、20位まで載ってます


お京の順位は…
まず、他と比べられないので「清盛」は、別格にします

私が、秋頃に付けた順位です
1、頼長(耕史くん)
2、崇徳院(新さん)
3、忠正(豊原さん)
4、頼盛(にっしー)
5、家盛(大東くん)

最終回を見終わっての順位です
順位付けるの難しいなぁ…
好きなキャラね

1、忠正叔父さん
  この「ケッ」っていうシーンが一番好き

Taiga6_005

竹馬シーンも泣かせるし、
最後のシーンまでの清盛とのやりとりも(*^ー゚)b
「はなっから絆などないわ!」 

2、頼長さま

品がある、美しすぎる、
それなのに、あの最後…
あっ、オウムくんも頼長さまと一緒にランクインさせたい

14_003

3、頼盛

清盛とは、心が通じない…と思っていたけれど
あの鎌倉に行ってからの姿が印象的でした
いつも母・池禅尼を思いやるところも (*^ー゚)b

23_019_2

4、崇徳院

今回の大河で、もの凄く興味を持った人です
新さんの崇徳熱が、移ったかのよう、国芳も好きになったし
このシーンは、大河史上に残るね

Pic04

5、盛国

なんか、いつも盛国の気持ちが良くわかった
殿を思う気持ちは同じだよ!!
(人セクのえんちゃんと同様・笑)

34_001

気になる番外編
・重衡(牡丹の君エピは、何処に…)
・時忠(嫌いなキャラかと思ったら憎めない方でした)
・兎丸(一番悪そうなのに、一番正しい)
・度忠(あのルックスで、あの歌というギャップ萌え)
・信西(誰でもよ~い、何でもよ~い、好き)

あ~~、ダメだぁ
お京、忠盛だって、忠清だって、重盛だって、知盛だって好きだよ
家成も家貞も居るじゃん!

女性陣では
ダントツ 由良御前が好きです!
 ↑ 源氏側の人、初登場じゃない
次が 時子かな 舞子かなぁ
壇ノ浦の時子、すっごく綺麗でした

こんな風に書いていると
出演者の名前をみな書いてしまいそうなので
今回は、ここまで。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

2013年です!

2013_3

2013年ですねぇ~。
2012年という、ものすごく幸せな1年が過ぎ
今年は、どう過ごしたらいのでしょう???


もちろん、舞台「遠い夏のゴッホ」や映画「清須会議」
楽しみにしていますよ~
でもね、毎週毎週ケンちゃんを見ることが出来るわけではない…
さびしいなぁ~

もう、N様も「八重の桜」一色ですよ
もちろん「八重の桜」も見ますけどね


「お京が居る限り、平清盛は終わらない!」
 ↑オダジョー斉藤 風
ということで
2012年 年末を振り返ってみる


12月23日は、もちろん皆さんご存知の
平清盛パブリックビューイングの日
申し込んだけれど…お京は、落選。

近くだったらPV前の催しにも行ったのになぁ~

Pvkiyomori

「どーもくんカフェ」の所で行ったのですね
右端に居るはずの どーもくんが見えない
どーもくん、サンタの赤い帽子をかぶっているみたいですね

ずっとツイッターを見ていましたが
凄く楽しそうで 羨ましかったです
磯P、柴田ディレクター、本郷先生、盛絵の先生方と
こんな風にお話したり出来るなんて なかなかない機会ですよ!

盛絵もちゃんと見たことがないので
皆さんの力作を見てみたかったです

『平清盛』が愛されてるなぁ~と感じられる イベントでしたね



そして、この後
大河のパブリックビューイングが、第1部、第2部に分かれて
行われたのですね

そして、何と!第1部のゲストが 窪田正孝くん!!
PVに参加出来た方たち良かったですね~。
ケンちゃんと窪田くん Wで見れて 

上記のPV前の催しのことも、最終回PVのことも 

平清盛ドラマスタッフブログ に詳しく書かれています

12月26日の記事です
もう、この記事を読んでいるだけで 涙が出ちゃう 

ケンちゃん(清盛)と窪田くん(重盛)の2人がスピンオフを
撮ってみたいと言ってるし
窪田くんが盛国のことを好きなキャラとして上げてて
嬉しくなりました 

重盛は父上に忠義を尽くした存在ですが、本当の意味で忠義を尽
くしたのは、盛国なんだと思います。物語全体を通して、父上を見
守り支えた存在でした。


また、ケンちゃんは、見てみたいスピンオフに
個人的には平家盛(大東駿介)と藤原頼長(山本耕史)の日常か
な(笑)視聴者の方にも期待されている方が多いと思うので。

と、なかなかナイスな ご発言
われらの事をよ~く解ってるなぁ(笑)
いや、お京は、清盛&盛国の日常も希望します!

そして、お京の胸がキュ~ンとなったのが
忠正叔父さんこと 豊原功補さんからのメッセージ


「平清盛」という作品が訴え、残したもの。それは革新であり、また
今後の平安、歴史ドラマ作りにおいて必ず振り返らなくてはならな
い、貴重な創作の歴史となったことだと思います。チャレンジはつ
ねに苦難の道に迎えられますが、足を踏み出した者にしか得るこ
との出来ない輝かしい景色として、チャレンジの神は必ず心に答
えてくれます。
あそびをせんとやうまれけむ、です。
今日、「平清盛」は最終話を迎えましたが、この作品に挑んだスタ
ッフ、出演者、そして最後まで見届けてくださった視聴者の方々ひ
とりひとりに、その忘れられない景色が胸に刻まれているのだと信
じて
います。もちろん僕も、その一人として。一年間、本当にありが
とうございました。
また新たなあそびで出会えること、楽しみにしています。
感謝

2012年 12月 23日   豊原功補  平忠正とともに

おじさ~ん!好きだよ~

もともと、かなり叔父さん好きだったのですが
完全にヤラレました
そう!いつか、この大河を再放送ではなく初回に見た という事が
私の誇りとなって返ってくるでしょう

Photo_2

         ↑ かなり リラックスケン

Pvkubota

 ↑ 窪田くんのブログからお借りしました
   ケンちゃん、髪だいぶ伸びたね

大河の好きなキャラや好きな回についても書きたいけれど
それは、また、後ほど…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


あ、そういえば
暮れには、こんな素敵な話題もありましたね

Photo_3

石巻に現れた サンタです 

この人の、こういうブレないところが好きです

ーおまけー

12月31日
横浜から弟家族4人+猫2匹がやってきて

TVで「ガキつか」 見るチームと
「紅白」見るチームに分かれて テレビを見ていると
私と娘と一緒に紅白見ていた母が
「松ケン、出ないの?」と聞いてきた
「出たのは、去年じゃん、今年は出ないよ」と言うと
「なぁ~んだ、じゃぁ寝ようっと」と言って寝てしまった

娘と2人で顔を見合わせ「はぁ?」って感じでした
母 → 松ケン見たい → !!(゚ロ゚屮)屮 でした(笑)

44_006

2013年 明るい未来が 見えますよ~に
今年も よろしく~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »