« 第47回「宿命の敗北」 | トップページ | 第49回「双六が終わるとき」 »

2012年12月13日 (木)

第48回「幻の都」

今週は、清盛が急に沈静化してしまい
いやがうえにも「終」を感じてしまいす

お京的には、ずっと「悪」入道で居て欲しかったけど…

先週、忠清に言われた
「殿はもうすでに武士ではござりません」が相当効いたかsign02

一人、物思いに耽る清盛、そしてそれを見つめる盛国
盛国~、何か声をかけてやってくれよぉ~
殿と盛国にしか通じ合えないものがあるはずでしょ
盛国にしか言えない何かがさぁ

そして、先週の予告から気になっていた このシーン

48001

う~ん、渋い2人がイイ
忠清の刀の鞘に目がクギズケ、何の毛皮かな?

忠清が、盛国に介錯を頼むのですね
殿を否定することを言ってしまったからには生きていられない
という忠清に
「平家の武の軸は、忠清殿そなたじゃ」と言い
忠清の胸を突く→ 忠清はビクともしない

ツイッターで知ったのですが
このシーン、第5回に同じようなシーンがあったのですね
お京、すっかり忘れてました (;´Д`A ```

ということで…平清盛・第5回観賞 
この回、平五郎〈頼盛〉誕生のシーンから始まり
清盛、義朝、義清で この前も回想で出てきた
「面白う生きたい!」というシーン有り
通憲(信西)との「何でもよいから食わせてくれ~」が有り
もうこの1回だけでも好きなシーン続出で
忠清&盛国シーンを探すのではなく 普通に見た ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

はい、ここですね~↓

48_009

こちらは、忠清が盛国を押す→ 盛国、ビクともしない

こういう2人が平家をベースを支えて来たのですね

最近、TVで「オートバックス」や「キャベジン」CM見るたびに
「おお~盛国~note」とか「忠清飲みすぎるなよ」なんて
思ってしまう happy02


はい、話を戻して
「福原遷都」について
清盛の周りでは、公卿方も高倉上皇&徳子も還都希望
そして、ついに宗盛までが
「都還りをなさってくださりませ」と清盛に言う

48_002

当然、清盛は、なんだとおぉ~!!と
宗盛をキッ~ク 

「わしの出会うた身内、敵、見方、友、師…みなの生きた証しが
この福原の都なのじゃ、捨てるわかにはゆかぬ!」

そう、「福原の都」には、いっぱい思いが詰まっているのよねぇ
父忠盛の思い、叔父の犠牲、信西、義朝、兎丸
みんなの思いを集めて作ったはずの「都」が…揺らぐ

「それでも私は、都還りをしていただきとうござります!」と宗盛
「宗盛、それでも棟梁か!」と時忠に言われても
「棟梁ゆえにござります」
おお!今日は宗盛 頑張ってるね
先週の記事で「もう棟梁は維盛ってこと?」なんて書いて
ゴメンよ

「私が一門の役に立つと言えば、今この時、父上をお諌めする事
でございます」
いつになく、力強く、平家のことを考えた言葉だねぇ
石黒くん、いいシーンがあって良かったね
最近、石黒くんというと「サラめし」の手作り弁当を思い出しちゃうよ
大河「平清盛」で応援したいと思う俳優さんが増えたなぁ


この宗盛の言葉で、また『清盛キックでるかぁ?』と
平家一門、ヒヤヒヤで清盛に注目だったけど
清盛は、何も言わなかったね
清盛の心に少しは響いたかな


そして、ついに
清盛、が還都の意向を示す←おぉ、宗盛効果?
公卿方、みな嬉しそうなんだけど
嬉しいのか悲しいのか 表情がわかりにくいのよね この人達


福原の新しき内裏で五節…最後の晩餐のよう
この時の舞姫の歌が、今の清盛の状態と重なり悲しかったです

48_006

頂に立つ力強さは もう無い。。。

48_003

↑これが、HPで言ってた
盛国、ただ一度の狩衣姿ですね ステキ





一人、福原に別れを告げる清盛
清盛は福原で10年過ごしていたのですね
そして、遷都して半年かぁ
ほんと 夢、幻ですね weep

南都の僧兵の乱を鎮めに行っていた重衡が
火を射かけ寺院ばかりでなく大仏まで焼いてしまう
それを知った平家一門は
故意でやったわけではないだろうとか
強風にあおられたのだろうと 重衡を擁護するが
清盛は
「もはや運が尽きたということよ、天は平家を見放したのじゃ」
と言う

神輿に矢を放つ男が
「運」とか言っちゃうのですね
…戦は「運」なんだっけ
でも、この清盛の一言は平家の「運」を下げちゃいますね
一気に平気一門 運気下降down

ここに 「父上~~」up
やったー感あふれる 重衡(辻本祐樹くん)登場
宗盛くんに続き、見せ場があったよ~note

48003


『思いがけず火が広がっちゃったけど、天も許してくれるでしょ
ボクが焼いたのは大仏じゃなくて、悪いやつらだよ~
平家の強さを示してきたよ!』
この明るさは、さすが末っ子

このシーン見て、もしや重衡、気弱な清盛たちを見て
この元気芝居を打ったのか?とチラッと思ったけど
そこまでこのボク考えてないよねぇ~とすぐ修正。

でも「武士とは、いかなることをしても勝つことじゃ」なんでしょ?
という事は、重衡のやった事は正しいよね



もう、宗盛の時のようにキックすることも
維盛のように殴りかかることも出来ず
まあ…負け戦じゃないからね

「重衡…ようやった ようやった」と言う清盛

平家の行く末 見えたね crying




あっ、そういえば
頼朝シーンで、「エア矢」シーンがありましたね

48_005

清盛vs鳥羽上皇の 「エア矢」シーンも出て来て
やっと、頭の中で繋がりました・理解理解←今頃

清盛という「矢」が頼朝に刺さって
この「武士の世」が受け継がれて行くのかぁ

先週の清盛入道表紙の「ステラ」読んでいてびっくりしたのが
重衡役の辻本くん、松山くんと同い年だったsweat01
かわいすぎだぜ 辻本くん
あ、ケンちゃんの「老け」が、素晴らしいってことね






 

|

« 第47回「宿命の敗北」 | トップページ | 第49回「双六が終わるとき」 »

コメント

お京さん、こんばんは!
源氏の勢いや元気のない清盛のシーンにラストが近づいていることを改めて感じてしまいます
寂しい…crying

>忠清の刀の鞘に目がクギズケ、何の毛皮かな?

ん~、さすがお京さん的視点!
鞘や毛皮に目がいくとは…。

そしてお京さんはツィッターもチェックされているんですね…ファンの鑑!
ツィッターのお噂はよく耳にしますが、完全にスルーのAKIcoldsweats01
未だに”ツィッターって何?”のレベル(高3の娘も同じようなもの)で…coldsweats01
完全に時代から取り残されている親子です。

第5回ですか…AKIも見たくなりました
情報ありがとうございます

そうそうお京さんが書かれていたように今回石黒くん演じる宗盛が頑張っていましたよね
たぶんこのドラマで一番の見せ場になったんじゃないかな?
>最近、石黒くんというと「サラめし」の手作り弁当を思い出しちゃうよ

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ 確かに
でも前日深夜まで撮影にかかってたのに早起きしてあの素晴らしいお弁当(AKIのより美味しそうだった)
特に卵焼きが…
ご本人「あ~、あんまりうまくできてない~」って言ってたけど、なんのなんの充分合格点でしたよ
ケンちゃんの作った(ここ重要)手作り弁当を期待していたけど、寂しい社食なのね…

>先週の清盛入道表紙の「ステラ」読んでいてびっくりしたのが重衡役の辻本くん、松山くんと同い年だった
かわいすぎだぜ 辻本くん

AKIもプチ情報としてこのことを書こうと思っていましたが、長くなったのでやめてしまいました
記事に兄上の石黒くんや小柳くんを”くん”付けで呼んでいたので「なんなんだ?この子は!!」って思い、先を読んだら「僕、松山さんと同い年なんですよ~」って…!!(゚ロ゚屮)屮ヒェ~
その後ドラマを注意深く見ても、ど~しても一番若くしか見えない辻本くん
このドラマで一番驚いたのがこれってど~なんだろう?

今回ドラマ以外のことが多くなってしまいました
すみませんsweat01

投稿: AKI | 2012年12月14日 (金) 22時52分

AKIさん、こんにちは
大河ドラマもいよいよ大詰めで、殿の弱々しさと平清盛が終わるんだ…という気持ちが重なり寂しさ倍増ですねcrying

ツイッターは、お京も全然使えてなくて、ただ他人のつぶやきを見ているだけなんですよ~sweat01
第5回、AKIさんもチェックしてみてください。
あらためて、1話1話が素晴らしいことがわかりますshine

>でも前日深夜まで撮影にかかってたのに早起きしてあの素晴らしいお弁当(AKIのより美味しそうだった)
特に卵焼きが…

「サラめし」AKIさんに教えてもらって見ることが出来たのですよhappy01
お京も「石黒くん、卵焼き上手!」って思いました
おにぎりも可愛いケースに入っていたし(笑)
あの衣装のまま手作り弁当を食べているのが何とも可愛かった
(*^ー゚)b!
(ケンちゃん手作り)のお弁当も見てみたかったよね
お母様伝授のゴボウ入り牛丼弁当とかsign02

AKIさんも辻本くんの年齢のことを書こうと思っていたのですね!
驚きですよね、私は、窪田くんと同じくらいの年齢かなぁ~と思っていました
強き父上を信じ、明るい末っ子を上手に演じていますね。
まあ、27歳にしては、ケンちゃんが落ち着きすぎなんだと思います。

投稿: お京 | 2012年12月15日 (土) 11時50分

え!?
重衡ちゃんはそんなに若く見られてたのですか?
初登場の時から
叔父上より年上とか
お父上と同じ年なので
目の周りのシワばかり気にしてました・・・

初回はお疲れでシワシワだったんですものー
ガン見しすぎですね・・・・

投稿: もも | 2012年12月16日 (日) 02時19分

ももさん、こんばんは!
お京は、にっしーが26歳で1歳しか違わないのねぇ~と思っていましたが、辻本くんの27歳にはさらにびっくりでした!!(゚ロ゚屮)屮

>初登場の時から
叔父上より年上とか
お父上と同じ年なので
目の周りのシワばかり気にしてました・・・

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
ももさん、よくチェックしてますね!
お京は、辻本くん、いつもツルツルピカピカと思っていたのに
あ、自分と比べちゃダメよね・笑
初回、もう1回見てみよっと

投稿: お京 | 2012年12月16日 (日) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/56301395

この記事へのトラックバック一覧です: 第48回「幻の都」:

« 第47回「宿命の敗北」 | トップページ | 第49回「双六が終わるとき」 »