« 第40回「はかなき歌」 | トップページ | 「平清盛」クランクアップ »

2012年10月24日 (水)

第41回「賽の目の行方」

最近の清盛。。。

こんな回想シーンでは

34_013
ウッキャ~heart04heart04 っとなっても

現在の清盛がブラックすぎて なかなか
ウッキャ~シーンがなく ヾ(;´Д`A



高倉帝と徳子の間の皇子を待ち望み
自分で皇子を産みそうな勢いの清盛爺 coldsweats02

もしご懐妊したとしても 皇子じゃなく姫の場合だってあるのにね


滋子が亡くなるとすぐに
ゴタゴタ勃発のわかりやすい 法皇様と清盛
法皇様が九の宮、十の宮を都に呼び戻し
それによって2人の腹の探り合い

清盛は比叡山の明雲を呼び
「いざという時はよろしくね」的な話がされる
このラインがこんなに続くとは…ね
この2人、利害関係のみで繋がっている感じだから
すぐ関係崩壊かと思ったのに
明雲が「時の権力者に付くが勝ち」という考えなのか?
ドロドロ関係に見える



これに比べて がぜん活き活きしてきたのが 伊豆。

ところで、三浦義明と佐々木秀義って
毎晩、時政宅で食事なんですか!?
時政って政子に対してもすごく良い父だし
武士なのに畑耕すのが好きだなんて
「いい人感」を前面に出してきてますよね

そして、政子が放った運命の矢は
時政がいくら阻もうとしても 頼朝くんに命中するのね!

頼朝館へ行き「髭切」を見せて欲しいと言う
「何ゆえ太刀なんぞお気になさいます」と籐九郎に言われ
「気になるのは太刀ではない、佐殿じゃ」となんともストレートな
発言の政子姫

41001

髭切から父義朝の武勇話となり
「やはり、このままではなりませぬ!」と言う政子に
いつもの
「昨日が今日でも、今日が明日でも…」のマイナー発言

それに対し
「明日と昨日は決して同じにはならぬ、昨日は変えられぬが
明日はいかようにも変えられる」
「明日を変えるは今日ぞ!今、この時ぞ!!」
かっちょええ~~政子!!

頼朝の心にも響いたと思うよ

政子の力強い言葉が源氏を引っ張って行くのね~

一歩近づいた 頼朝と政子
一歩一歩離れていく 清盛と法皇様





西光の息子、師経が比叡山の末寺を焼き討ちするとう事件が
起き、比叡山は、師経、師高の流罪を求め強訴を起こす
それを重盛が静めに行くが
重盛の兵は神輿を矢で射てしまう

この矢が突き刺さった神輿を見た
摂関家の方々の驚き方が(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

この結果、師経、師高は流罪となる


重盛は、清盛のもとへやって来て
「面目しだいもござりませぬ」と謝る
すると清盛から返って来た言葉は思いもよらぬ
「ようやった」
お京も重盛と一緒に Σ(゚д゚lll)エエェ~ !


すべて清盛の策略ってこと!
も~重盛が可哀想すぎるぅ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

「もとより父上は、法皇様をお助けまいらせるおつもりは
無いのでござりまするか、平家の力を高め王家をおささえし
その先に父上の作りたい国というのがあるのだとばかり
思っておりました…違うのですか」
  ↑ これを目指す父(平家)のために働いてきたのに

「賽の目は、めまぐるしく変わるものぞ

平家は一蓮托生 じゃなかったの??

もう、こうなると、清盛だけにしか新しい国が見えないよ
あ、盛国くんが一生懸命見る努力をしているか (^_^;)



次回は、息子2人を流罪にされた西光
そして、成親、法皇様 新たなる陰謀が…。




今回は頼盛も重衡も出て来なくて
なぁ~んだぁ…down って感じでしたが


大河撮影もあと少しのようですね
平家一門(清たん以外)はUPしたようですね こちら
お花もらった 重衡くんが
かわいすぎるぅ

Yuuki


殿のオールアップもカウントダウンでしょう
寂しいなぁ…。












|

« 第40回「はかなき歌」 | トップページ | 「平清盛」クランクアップ »

コメント

お京さんの記事を読む度に思うのですが、同じものを見たのに違うシーンに惹かれたり、表現の仕方が違っていたり…いつも「そう来ましたか」と将棋でもさしているようで楽しく読んでいます。

>高倉帝と徳子の間の皇子を待ち望み
自分で皇子を産みそうな勢いの清盛爺 
もしご懐妊したとしても 皇子じゃなく姫の場合だってあるのにね

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
本当に清盛が皇子を産んでしまいそうな勢いですね。
しかも姫の可能性を全く考えてなさそうだし。
信じることは最強なんですかね。

清盛vs法皇も目が離せませんが、1回ごとに源氏側のシーンが強くなっていることも感じます。
すっかりネガティブになっている頼朝の前に”おのこ”のように強い政子がタイムリーに現れたのも神様に悪戯?
人々が駒のように動かされて歴史を作っているように感じずにはいられません。

それから辻本くんのサイトまでチェックしているお京さん、エライ!!
ケンちゃんだけ最後まで撮影に残ったみたいですね。
辻本くんによると”明日は打ち上げ”?
何か情報が漏れてくると嬉しいです。

投稿: AKI | 2012年10月26日 (金) 19時45分

AKIさん、こんばんは!
私もAKIさんが大河記事を書き始めてくれてから
「今回は、AKIさんどのあたりを攻めてくるかなぁ?」とか
「ここがツボだったのかぁ!」なんて、楽しみが倍増していますnote

そう言えば先日の「サラメシ」で皇子誕生で喜んでいるシーンがチョット映りましたよね
清盛の狂喜乱舞が楽しみですhappy02

>すっかりネガティブになっている頼朝の前に”おのこ”のように強い政子がタイムリーに現れたのも神様に悪戯?

本当にこういう歴史の中の「出会い」って「すごい!」と思いますね
政子に出会わなかったら頼朝は、ずぅ~と「昨日=今日=明日」と言ってたと思うよ

>ケンちゃんだけ最後まで撮影に残ったみたいですね

スタパのスタジオでなく何処で最後のシーンを撮ったのでしょうね?
最後、涙、涙になってしまうだろうなぁweep

投稿: お京 | 2012年10月27日 (土) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/55963702

この記事へのトラックバック一覧です: 第41回「賽の目の行方」:

« 第40回「はかなき歌」 | トップページ | 「平清盛」クランクアップ »