« 「平清盛」クランクアップ | トップページ | 「清須会議」読了 »

2012年10月30日 (火)

第42回「鹿ケ谷の陰謀」

「平清盛」 いやぁ~すごいよ!
「時の経つのが早い」ってこういう事なんだね

ものすごい集中して見ているから
「え!もう終わり?」って思う

すでにUPしたケンちゃんは、素に戻って、この「平清盛」をどんな
風に見たんだろうか?
今までの役に入っている時とはまた違って
より客観的に見れたかな?



今回は、「鹿ケ谷の陰謀」
法皇、成親、西光、俊寛、康頼らが鹿ケ谷に集結し
平家打倒を企てを計る

法皇:「機は熟した」
西光:「今の平家は隙だらけぞ!」

平家打倒を聞かされた 多田行綱の驚きっぷりが w(゚o゚)w

42

行綱は、この企てを源頼政に告げ 決起を誘うが
頼政は
「やんごとなき方々が酒の席で思いつかれた企てで、倒せるほど
平家はもろくない」と言う
頼政、冷静ですね(源氏を裏切って来ているから平家もすぐ裏切
るのかと思っていたけど…まあ、もう一展開あるからね)




一方、伊豆では、政子の縁談が進む
が…、政子は
「今は捨て置けませぬ…佐殿でございます」と父・時政に告げる

時政の平手打ち かなり強かったですね

42_001

その打った頬をそっと撫でる父…
娘を思う父・遠憲さん (*^ー゚)bイイ!!

そうそう、藤九郎が、政子の縁談が決まったと頼朝に言った時
佐殿「まさこ?」「誰それ?」みたいでしたよね
忘れられてるよぉ~~(;;;´Д`)ゝ 

この前の「明日は変えられる」 心に残らなかったのか!?




陰謀組は…
法皇様の「賽」により着々と進んでいるように思われたが

42_002

「何か、おかしい…」

42_003

「何か裏がある気がしてならぬ」
頼盛に「いささかお疑いがすぎましょう」と言われても

動かず、法皇の動きを待つ清盛
そして、信西が亡くなった時のようにザワザワすると言ってると
行綱が「平家打倒の企みがある」という知らせを持って来る


こうなると、動き、武力、統率力、すべてに平家の方が上回る
あっと言う間に、成親、西光を捕縛



そして、ここからのシーン 
大河史上に残る名シーンだと思う!

「伊豆の政子・頼朝」 と 「京の清盛・西光」を交互に見せ
さらに頼朝流罪決定シーンまで織り込むという凄技

42001

この2人の形相 
いつも見事に驚かれる摂関家の経宗さん同様
お京も ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ


捕まった西光に
「そなたの国づくりは、志ではない復讐だからじゃ!!」と言われ

42_004

「復讐!?」 顔色変わりましたぜ

42_005

坊主ダッシュ run 早ッ!!
そして、坊主キック 連発!!
これでもか!という執拗な蹴りに平家一門 引きぎみ

かなり蹴り倒してから 重盛くんが止めに入る
重盛に上半身押さえられても足は蹴る…

42_007

ナレで「明日を見失いかけていた」って言われていたけど
お京は、見失っていない、まだ強いものが一本あるからこそ
こんなにまで執拗に怒ったんだと思うんだけど…

清盛の後に続く者が居ない、先に見える国が自分以外に見えて
いないという部分では、焦りとかがあるのかも…ですが
ちょっと、最後のナレに「いや、違う!」と思ってしまいました







伊豆では
ドシャ降りの雨の中、嫁ぐはずの政子は佐殿のもとへ
驚く佐殿の前を通り過ぎ「髭切」の太刀を持ち出す
止めようとする佐殿ともみあいになって
なんと、佐殿の方が突き飛ばされて庭にころがる

42_006

え~なんつう弱さdownって思ったけど
頼朝に流罪を言い渡す 清盛とのシーンに繋げたかったのね

「遠き伊豆より平家の繁栄を指をくわえて眺めておれと、そう
入道様に言われたとおっしゃいましたな?…ならばなぜこの
太刀を渡された?武士の魂を忘れるなという事ではないか?」

政子に言われ ハッとする頼朝
「連れて行ってくれ…私を明日へ」←相変わらずのナヨっぷり
「連れて行けとは女々しいお方じゃ、共に参ろうぞまだ見ぬ
明日へ」
政子かっけー!!
完全に男女逆転で今放送中の「大奥」かと思ったよ
佐殿、名前も忘れていたのに、ちゃっかり目の前の神・政子に
すがっちゃいましたね
でも、これで 大きく歴史が動くのよ~スゲッ

42_008

最後にちゃんと政子が髭切の鞘を拾いに行って
頼朝に渡す所が良かったです
刀は、鞘に収めてこそ「勝」を現すのでね




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


今日、母に会ったら
「昨夜の清盛…」と言ってきたので
「なに?見忘れた?」と聞いたら
「すごすぎて、夜、夢でうなされた…」だって( ´艸`)プププ
坊主キック見て、うなされるって
ケンちゃん、役者冥利につきますね(笑)


42_010_2

我が職場の所の紅葉です
赤がとっても綺麗ですが 大風が吹けばすべて落葉しそうです

なんか…平家を思ってしまい
「まだ、風吹くなよ」と写真撮りながら、つぶやきました。




|

« 「平清盛」クランクアップ | トップページ | 「清須会議」読了 »

コメント

お京さん、今回は早い!
しかもupが0:00って…w(゚o゚)w

AKIの予想ではケンちゃんは放送を見てないのでは…?
モニターは見るけど放送はいつも見ない人なので…(^-^;
気持ちはもう「清須会議」にいっているかも?

AKIの方は、あとはしっかり最終回まで見るだけになり、今回から晴れ晴れした気分で見られましたよ(´▽`)V

>頼政、冷静ですね(源氏を裏切って来ているから平家もすぐ裏切るのかと思っていたけど…)

頼政って平氏に寝返ったように見せかけて源氏とも繋がっていたところありましたよね?
息子も”打倒平家”の機会を狙ってるし…。
頼政がこのシーンでああ言ったのは、その前にあった流罪になった明雲を山法師たちに奪われてしまったのを詫びたときにかけてもらった言葉にあるように思うんです。
ハッとした表情で清盛の顔を見つめていましたよね。
清盛の器の大きさに気づかされた瞬間だったんじゃないかな…と。
あのときの優しい顔した清盛(もしかしたら演技かもしれないけど…)好きだなheart04

>そうそう、藤九郎が、政子の縁談が決まったと頼朝に言った時、佐殿「まさこ?」「誰それ?」みたいでしたよね
忘れられてるよぉ~~(;;;´Д`)ゝ 

AKIも最初はお京さんと同じことを思っていました。
でもあれは頼朝の演技じゃないかと思っているところです。
…じゃなかったら雨の中戻ってきた政子が再び一言二言言ったくらいで抱き締めるまでにはいかないんじゃないかと…。
二人の明日がやってくた瞬間…いいシーンでした。

>最後にちゃんと政子が髭切の鞘を拾いに行って頼朝に渡す所が良かったです

お京さん、そこまでしっかり見ていたんですね!
AKIはスルーしてしまいましたヾ(;´Д`A

清盛にうなされるほど一生懸命見てくださってるお母様、嬉しい限りです。
お京さんの方では紅葉が見頃みたいですね。
紅葉に平家を重ねるお京さんもステキ!
都心の紅葉は12月に入ってからになりそうなので、11月半ばに久しぶりに箱根に行って紅葉を楽しんでくる予定ですヽ(´▽`)/

投稿: AKI | 2012年10月30日 (火) 07時23分

AKIさん、こんばんは。
UP時間、0;00分でしたね!気付かなかった。
今週は、珍しく早く書きあがりました。

>モニターは見るけど放送はいつも見ない人なので…(^-^;

そうなんですか!放送を見ないって知らなかった
さすがAKIさん、詳しいですねgood

>頼政がこのシーンでああ言ったのは、その前にあった流罪になった明雲を山法師たちに奪われてしまったのを詫びたときにかけてもらった言葉にあるように思うんです。

この部分、少し書いて削除しちゃったんですよsweat01
こういう自分に服従してくる者への寛大さって、信長とよく似てるんですよ…話が長くなりそうでしょ(笑)
(でも、頼政、最終的には裏切りますよね)
AKIさんの言う通り、この時の清盛、すごく優しい顔していましたよねheart04

>AKIも最初はお京さんと同じことを思っていました。
でもあれは頼朝の演技じゃないかと思っているところです

これは、考えもしませんでしたよ!
もう1回見直してみようっと
歴史が変わる瞬間、ステキでしたね

>清盛にうなされるほど一生懸命見てくださってるお母様、嬉しい限りです。

大河撮影、クランクアップしたんだよ~とネットを見せたら、「いい顔してるのよね~」「目が優しい」などと言ってましたhappy02
1年前は、「松ケンって誰?」って感じだったのにねぇヽ(´▽`)/

箱根、あ~懐かしい。
私も横浜在住の頃は、よく行ったなぁ~。

投稿: お京 | 2012年10月30日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/55999910

この記事へのトラックバック一覧です: 第42回「鹿ケ谷の陰謀」:

« 「平清盛」クランクアップ | トップページ | 「清須会議」読了 »