« 第34回「白河院の伝言」 | トップページ | 第36回「巨人の影」 »

2012年9月12日 (水)

第35回「わが都、福原」

重病から奇跡のカムバッ~ク 清盛。
家来相手に剣術をし
息子の中でも一番若い重衡をも軽く負かし…
三途の川を渡りかけた人とは思えん
やっぱ平家納経のおかげかsign02


今回のテーマは
「賀茂川の水、双六の賽、山法師」
かの白河院でさえ思うようにならなかったこの三不如意を
どう清盛が『料理』していくのかが楽しみでした



長年、犬猿の仲、目の上のたんこぶだった
比叡山延暦寺の明雲を 館に呼ぶ清盛

どうした風の吹きまわしじゃsign02と不思議そうな明雲
清盛が病に臥せっていたと聞いて
「20年前の呪詛がようやく効いたかと思いました」てなこと
言ってて思わず笑っちゃいました( ´艸`)プププ

そんな明雲に清盛は
出家したいので明雲の受戒にて行いたいと告げる

何故、私に?と訝しがる 明雲に
三不如意の事を
「私はこれらと真摯に向き合い、また手をたずさえてまいりたいと
考えます」と言う

こういう事が言える「棟梁」ってすごいと思う
「こうだ!」と思ったら自分から敵だった者に歩み寄り
頭をさげられる、なかなか居ないよ~。
特に「嫡男」→「棟梁」とすんなり育って来た者にはね
この点、清盛は柔軟だshine


そんなわけで 清盛出家となりました

35_001

35

これが話題になった シーンね
ケンちゃんもず~っとロン毛だったので
早く入道姿になりたかったかもね
今年は、特に暑かったし(笑)

35kiyo
は~さっぱりした ←ケンちゃんの本心じゃない?

一門にツルツル頭flairを披露していると
清盛が病と聞いて 大宰府から駆けつけた 頼盛登場sign03

35_004
「清盛の兄上!!!」←声が裏返ってるところが可愛い

「福原に住む」という清盛に
「病み上がりのお体で何を言われますか!またいつ何時こたびの
ような事になるかわからぬのですよ!」
  ↑ 心配してくれているのですねぇ~うれしいcrying


「それゆえにこそじゃ、齢五十を過ぎ、いつ何時倒れるかわからぬ
ゆえにこそ、先へ先へと進めたいのじゃ」



頼盛は、なかなか参議になれぬ事を気にしているのに
さらに皇太后宮権大夫の職も宗盛にとって変わられる

そんな中、教盛が参議となる
「教盛…良かったのう 良かったのう」と自分の事のように
喜んでくれる経盛。
「経盛…そなたあってのことぞ」
この2人、いいねぇ~。
やはり、同じ境遇のもの同士、気持ちが通じ合うのでしょう
そして、頼盛が「教盛の兄上、おめでとうござります」と言うが
言われた教盛もどう答えたらいいのか迷うほどの
怨念漂う感じ フフフ

こうやって見ると
経盛と教盛、 宗・知・重衡三兄弟
そして、そこから あぶれる 頼盛、重盛 ってのが良くわかる



参議になることを切望する 頼盛に対して
八条院、似仁、基房が←このラインですか!
「近く、そなたを参議とするつもりじゃ」と甘い言葉をかける
こういう人の心のすき間に入ってくるの藤原家うまいよね~。
基房、頼盛にいい顔してるけど、実際は
「こいつを利用して…」と思っているの見え見えですぞ


そして、頼盛が参議となって一月で官職を解かれる
そのことを報告に来た 重盛に対し頼盛をここ福原に呼べという

福原に来た頼盛は
「…いっそ追い出してくださいませ…」と言う
そんな頼盛に対して清盛は
福原に移り住み、瀬戸内海を整備しているのは何故だか
わかるか?と聞く
「博多を都の隣にもって来るためと存じます」と答える
「賀茂川の水もやがては海に流れ込む。海を思いのままに
出来ればそれすなわち、賀茂川の水を思いのままに出来る

ことじゃ」
 ↑ そう来たか!川に堤防でも作るのかと思ったよ
加茂川の水=海の水 という事ね
そして、さらに先があり

「都も海の側に持ってくる、我ら「平家の都」をな」
ここまで考えている清盛の一手に対し 
上皇様はどう動くのでしょうか??
どんどんチャレンジしてくる清盛に対し己の存在感を噛み締めて
いるかしら


「平家の都」に驚く 頼盛に対し
「父上の目指した世作りに、そなたは断じて欠かせぬ!
頼盛、これより先も、口うるそう一門をささえよ」
  ↑ おおぉ~ここでこの忠盛のセリフ来た~shine

「しかたがなかろう、それがとてつもないことをしでかす兄上を
持つ弟の定めというものじゃ」と頼盛good
  ↑ 忠正叔父のセリフではないかぁ!!

ここの2人、良かったよ~。

でも、この後の殿&盛国の会話がその上を行ってた~!
これから、上皇、摂関家、山法師に対してまだまだ一筋縄では
行かないぞ~と言う清盛に対し
斜め後ろから熱視線を寄せる盛国~eye
「私はそんな殿をお側近くで見ているだけでぞくぞくとしてまいります」
お京も言いたい!
「私もそんな殿をゾクゾクしながら近くで見たい!頭をなでなでしたい」
(・∀・)ニヤニヤ


あと、源氏側は、政子が面白かったですね
「えsign01sign02
イノシシしか目に入らなかった政子をも落とす
ヨレヨレの佐殿shine
さすが 腐ってもタイfish

恋する政子がどう変化していくのか
常盤の変化以上に楽しみです( ´艸`)プププ


清盛の出家を聞いて「賽を進めたな!」と
うれしそうだった上皇様も来週はつるつるですねflair

今回、ほんとにちょこっと出だった遮那王も
来週はじっくり見たいぞ!

36

来週のきよたん、その目は反則です happy01 heart04

|

« 第34回「白河院の伝言」 | トップページ | 第36回「巨人の影」 »

コメント

今回も遅コメですみません。
今回重要な場面が盛り沢山でどうまとめたらいいか四苦八苦したAKIですが、お京さんはそれをすっきりとまとめられていて尊敬!
まぁそれは今に始まったことではないですけど…(^_^;)
ラストに向かってどんどん引き付けられているAKIです!

投稿: AKI | 2012年9月16日 (日) 00時09分

AKIさん、こんばんは~。
1週間経つのが早いですね、清盛も残り少なくなって来て、1回、1回を丁寧に見たいと思うのですが、記事を書くのが遅い私は、日曜日の清盛に追い立てられているようですcoldsweats02

今回、AKIさんの言うように、どのシーンも重要でまとめるのが大変で…、後から付け加えたり削除したりで全然うまくまとめられず、「え~い、もういいやぁ~」と投げやりになってUPしちゃいましたsweat01

AKIさんに教えていただいたお陰で、記事の保存が上手くいくようになりましたgood
感謝していますhappy01

投稿: お京 | 2012年9月16日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/55634467

この記事へのトラックバック一覧です: 第35回「わが都、福原」:

« 第34回「白河院の伝言」 | トップページ | 第36回「巨人の影」 »