« 「るろうに剣心」大ヒット御礼舞台挨拶 | トップページ | 第35回「わが都、福原」 »

2012年9月 5日 (水)

第34回「白河院の伝言」

先週の最後で清盛が病に倒れ

予告が「清盛倒れる」という報を聞いて
「清盛!」「清盛が」「清盛っ」「清盛~!!」と皆が驚き

それだけで 清盛の存在の大きさがわかって
この予告、「イイなぁ」って思って見ていました



清盛の病が「すばく」という命に関わる病であることが
時子にようって平氏一門に伝えられる
(時子、棟梁の妻らしくなったなぁ)



こういう時って、人の本当の姿が見えるものですね

34_001

必死で看病する 盛国wink
生田に看病を代わると言われても
「かまわぬ、万一殿が身罷る事あれば、この世に未練などない!」
きゃぁ~かっこいい 盛国さんの「愛」は本物です!


一方、時忠がここで動かぬはずはない!←もう お京にも予測可
早速、宗盛に清盛が亡くなった後は、おまえが継げとそそのかす
それを聞いた時子がすぐさま諌めるが…
もう、宗盛は「え?オレが殿っていうのもあり?」って顔に
なっちゃったぞぉ~

そんな動きを何となく察してか、
重盛は「孤立感」漂うよね
こんな時、基盛が生きていたら…と考えてしまいますね



藤原基房&兼実、そして以仁王&八条院は
「ようやく来るべき時が来ましたな」 (*^ー゚)b!!
と皆で (・∀・)ニヤニヤ ニタニタ

源頼政は、息子・仲綱に
「…身罷られる事あらば、そこに隙が生じよう…」と初めて本心を
明かす

そして、伊豆の頼朝は「昨日も今日も明日も解らん病」のため
オラには関係ねぇ~って感じ


本当に盛国以外、誰も殿のこと本気で心配してないsign02 coldsweats02
と、思ったら
この方が居ましたよ!!
背中に出来た「できもの」の治癒のため熊野詣に行く途中の
上皇様一行。
そこへ「清盛病に倒れる」との一報が

すぐに都へ戻ろうとする後白河一行であったが
雨のため足止めをくう

34_003

「怖いのじゃ。清盛がおらぬようになってしまうのが…
わしに挑むようなあの目…あの目を見ておると、わしは安堵する
のじゃ、この世にわしの務めがある、生きることを許されて
おると思えるのじゃ」
清盛が居てこその自分だと…そう思ってくれているのね
でもすぐに「信じられなぁ~い」ってほど殿を困らせるくせにhappy02

滋子よりも清盛のこと心配してるように見える~(笑)

滋子に薬を縫ってもらい、できものの形が
「すごろくのさいに似ている」と言われると
「輿をだせぇ!!」と 大雨の中を出立
河が氾濫してこれ以上進めぬと言われると
輿から出て自らの足で雨の中へ…



一方、エビ反って 病に苦しむ 清盛は

34_002

34_005

夢の中で 母に会い、白河法皇に会う

34_006

白河院:「清盛どうじぁ、太政大臣の座の座りごこちは」
清盛:「早々に あけ渡しました」

白河院:「わしが院による政の形を始めたと同じようなものじゃ
     やはり流れておるのう もののけの血が」
清盛:「……私を上へ上へ駆り立てるのは、この身に流れる血では
    ございません。この身にあびて来た血がそうさせるのです」

白河院:「そちはまだ知らぬ。登りきったその果ての景色を」
清盛:「何が見えるというのです、登りきった果てに…」

白河院:「それを振って、わしに追いつけば…」と賽を投げる

34_008

清盛:「追いつけば…」

34_009

34_010

   この目がスキ~~heart04heart04

涙をぬぐってから階段上がり御簾をくぐる
ここ イイ! すごくスキ!!
なんか本能寺の一場面のよう


向き合って 双六をする 白河法皇と清盛

34_011

微笑む清盛

「私はあなた様を追い越してみせまする」
やっと、「もののけ」が手の届く場所まで登ったということね
自信をもって賽が振れる という顔だ!

34_012

微笑んだぞ!! 白河法皇
夢の中だけど こんな日が来るなんて crying



ここで、病の床の清盛が気付いて
そこに後白河上皇が居るのに気付く

34_013

後白河:「生きて戻ったか…」

清盛:「勝手に死んだりはいたしませぬ、まだ終わっておりませぬ
    ゆえ、あなた様との双六遊びが」


後白河:「この…死にそこないがぁ!」
清盛:「ハハハハ…」

34_014

清盛の手の中には 2つの賽が握られていた

(そして、後白河の「はれもの」は無くなってたんだよ~)


この白河法皇と清盛の対峙
そして、ドロドロ後白河 vs ヨレヨレ清盛

ケンちゃんの良さがグッと出ていたと思います
やはり、苦悩しているとか弱っている所からの復活とかが
上手いんだなぁ
もう、ケンちゃんの表情が何処もかしこも 色っぽくて
リピが止まりませぬ

ドロドロ後白河も生涯であんなに汚れたこと無かったでしょうね
がんばったけど男の色気では、殿に勝てなかったなぁ

あと、病床にやって来て「遊びをせんとや~notes」と歌う 乙前さん
この方が入って来た時の盛国の顔が迷惑そうで笑った

来週は、動くツル盛さんを 堪能いたしましょう。
にっしー盛も 沢山出そうだぞぉ~good

|

« 「るろうに剣心」大ヒット御礼舞台挨拶 | トップページ | 第35回「わが都、福原」 »

コメント

遅コメですみません(どうにか次の放送に間に合った~(;´▽`A``)

>重盛は「孤立感」漂うよね
こんな時、基盛が生きていたら…と考えてしまいますね

AKIも時忠の言動があるまで気がつかなかった…。
基盛亡きあと、清盛がいなくなったらあとは身内ばかりで重盛は一人なんですよね。
今まで重盛は嫡男だし、棟梁に相応しい人だから…と思っていたけれど、いつどうなるかわからない事実に気づいた重盛が可哀想。

>ケンちゃんの良さがグッと出ていたと思います
やはり、苦悩しているとか弱っている所からの復活とかが
上手いんだなぁ
もう、ケンちゃんの表情が何処もかしこも 色っぽくて
リピが止まりませぬ

んだ、んだ。
お京さんの載せてくれた写真を見ても色っぽ~い(*´Д`*)
AKIも今回は何回リピッたことか…。

来週はにっしーが孤独になる?
寂しそうな笑顔が気になってます。

投稿: AKI | 2012年9月 8日 (土) 22時33分

AKIさん、コメントありがとうございます。

重盛役の窪田くん、思い悩む姿が痛々しい
清盛と家盛の時の事を思い出しちゃったけど
これから重盛亡き後の清盛がどうなってしまうのか心配です

>もう、ケンちゃんの表情が何処もかしこも 色っぽくてリピが止まりませぬ

今回のケンちゃん、良かったですよねshine
AKIさんも私と同じリピリピ組なのね~happy01

ケンちゃんの色気がダダ漏れで今回は上皇様も霞んでみえましたねhappy02
今夜からは、ツルピカですが色気継続でお願いしたいです!

投稿: お京 | 2012年9月 9日 (日) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/55582536

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回「白河院の伝言」:

« 「るろうに剣心」大ヒット御礼舞台挨拶 | トップページ | 第35回「わが都、福原」 »