« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

第25回「見果てぬ夢」

最近、我がアパートの外壁の塗り替えを行っていて

古い塗装を剥がす音や塗装のニオイがハンパなく

休みの日は、両親宅へ 

アパートの周りもシートで囲っているので洗濯も干せず

洗濯物を抱えてGO~!です

そんなこんなで

ジジババと大河ドラマ「平清盛」の話をすることが多くなった

先週は、重盛と結婚した経子が誰の子かわからない…と

今週は、信西が棒を並べて何しているの?と言っていた

う~ん、やっぱり

経子が家成の子ってわからないのよね…

女優さんも代わっているし

算木もねぇ、「税金の計算しているんだよ」と言ったら

納得していましたよ

はい、それでは25回

(もう、半分来ちゃったのね

今回は、上西門院統子の蔵人となった頼朝(中川大志くん)が

初登場です

25_001

凛々しいですね 頼朝役ぴったりです

病の母・由良のためにも一生懸命努めて

父を助け、源氏の名を上げたいという気持ちが伝わってきました

清盛は、左馬頭となった義朝を訪ねる

力なく座っている友に ちょっと声をかけるのを躊躇う感じです

義朝も会いたくないヤツが来た…って感じ

(左馬頭って、本当に馬の世話をする人なんですね)

25_003

方の病篤いと聞く…宋の薬が入用ならばいつでも言うてくれ」

25_004

優しい目をしてるのよねぇ~ 清盛さま~

「貴様の助けなど借りぬ!」

「源氏は平氏とは違う!」と義朝

信西と組んで伸し上がろうとする平氏が気に入らぬのよね

でも、清盛は、かつての「殿上の闇討ち」のことを引き合いに出し

静かに「すべては、朝廷に対して充分な力を得るため」だと言うが

「すべてにおいて恵まれている貴様とは違うのだ」という義朝

保元の乱までは、あんなにライバル心丸出しで

会えば必ず言い合い、つかみ合いになっていた

2人が懐かしいよ 

上西門院の「殿上始の義」が催される

そこで蔵人の頼朝が清盛の杯に酒を供する

ここから、すごく良かった!

清盛が思いの他大きく見えて

杯の酒をこぼしてしまう 頼朝

すがさず、無礼を詫びるが

清盛が

「やはり、最も強き武士は平氏じゃ!そなたのような弱き者を

かかえた源氏とは違う!

強い言葉の後のこの微笑、

25_005

25_006

涙をためた頼朝が清盛の表情に気付きます

もう、ここでテレビ見ているこちらも涙が溢れてきました 

松山ケンイチくんの「愛」ある演技

そして初々しい中川大志くんの演技

とても良かったです

母も、このシーン、すごく良かったと言ってました 

『最後に笑う松ちゃんの演技がよかった』だって

「松ちゃん呼ばわりかい」(笑)

そして、この続きがさらに追い討ちをかけてイイ!

この時のことが気になり 頼朝は父に

「平清盛は、いかなるお方にございますか?

父上にとって いかなるお方にございますか?」と聞く

ここから、第3回の競馬が回想シーンで流れます

Kiyomori03_012

お京も第3回のこと思い出しました!

競馬に勝って去って行く義朝の後姿が映って

ナレーションで「父は、決して振り返らなかった」って言うのよ

笑った顔を見られたくなかったからだとわかったけれど

宿敵に勝って嬉しかったのだと単純に思っていたら

なんと、25回にしてその本意がわかった!

宿敵の清盛が「負けぬからな!次は決して負けぬからな!」

「あいつが立ち上がってくれたことが…

生涯競いあえる相手が見つかったことが」嬉しかったのね!

納得

25_009

「ようやく 腑に落ちましてございます…」と頼朝

清盛は、義朝同様、頼朝のこともライバルとして

「待っているぞ」ということなんですね

今回は、この盃シーンから競馬のことを父が子に話す所が

ダントツにGOODでしたが

それ以外にも

印象深かったのは

由良の最後です

本当に武士の妻としての生き方を貫いていて

かっこよかったです 常盤が霞む←ゴメン

田中麗奈さん、由良の役とても合ってましたね

これから、田中さん見たら「みどりと思っちゃいますね

あと、

25_002

この踊る不思議な組み合わせの2人 

( ´艸`)プププ

「歌いすぎ」という信西のツッコミに笑った

251

信頼は、義朝に「信西の首を取れ」とそそのかす

『ああ~~ダメダメ 義朝~~待て!』と心の中で叫んでました

25_010

「新しき世を作るにかかせぬ2人のことを…」って思ってる

清盛の気持ちに気付いてくれよ~~

も~なんだんってこんな時に信西は清盛を熊野詣なんかに

行かせたんだ!!( #` ¬´#)

最後の算木が地震のように揺れるところ

大群が押し寄せてくる 不気味感が伝ってきたよ

いよいよ次回は「平治の乱」です

日曜日の「平治の乱スペシャル」で予習しましたが

清盛 VS  義朝 の馬上対決

すごかったです

林さんの殺陣も  

見ごたえがありますね

このロケ近くで見たかったなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

第24回「清盛の大一番」

今回の 松山清盛は

どこぞの国の「ほほえみの貴公子」に負けない

ほほえみの「殿」でした 

内裏の修復が平氏の財をもって行われ

一門の官位がそれぞれ上がる中、清盛の公卿昇進だけは

見送られる、そしてその代わりに重盛が従五位上となる

今回から重盛(窪田正孝くんで登場)

24_001

一人 思い悩んでいるようで…

まあ、無理ないよね、大好きだった大叔父を父が殺して

いるんだから…そして、それを命じた信西に従うと言うことに

気持ちが付いていけない

一方、父清盛は、信西より

土地が豊かな割には租税が少ない鎮西〈九州〉に赴いて

租税を取り立ててくるように言われる

それなら、オレを「太宰大弐」に任ぜよ!とか言ってたけど

信西、あっさり却下

でも、なんかこういう仕事、清盛得意そうじゃん

24_002

24_003

さあ、ここからのシーン、大好きです

大宰大監 原田種直との「ニッコリ対決」

宋からの珍しき物に囲まれた大宰府にて

珍しき菓子や茶にてもてなされ←なんか美味しそうだったね

盛国が鎮西は土地も豊かなのに税が少ないのでは…

と切り出すと

原田は鎮西一帯の不貞な輩を代々手なずけて来ている

口出しは無用!と言って清盛を追い帰す

24_004

きつい口調ながらも 原田の微笑み

24_005

あっそ~ですかぁ~と清たんもニッコリ 余裕の微笑み

清盛、一旦帰ると見せかけ~の 兎丸たち連れてUターン

24_006

          ↑ この清たん 最高ラブリー

    「ごめん、つかまつる~」

つかまつってください!

こんな風に我家にも清たん来てくれないかしら←妄想始まる

24_007

盛国:「我が郎党にございます。元は都に運ぶ米を襲っていた

海賊にござります」と、兎丸たちを紹介

「海賊というのは存外曲がったことが嫌いな物で…」

24_008

原田の飲んでいた茶を取って来て美味しそうに飲む所

「いろいろうるさいヤツじゃ!黙ってオレに従え!!」

やっぱ こういうの向いてるね (v^ー゜)

24_009

相撲節会での宴の膳を支度させてくれと言う 清盛

もう、珍しいもの新しいもの好きな後白河帝のことよ~く

わかってるのよね

こりゃ食いついてくるぞぉ~ってね 

はい、ここでいつもなら

しら~っと冷たい目で清盛を見て 泣きまねも上手な成親が

「清盛どの ちょうど良かった」なんて言って来て

重盛と成親妹・経子の婚礼が決まる

絵に描いた「政略結婚」って感じですが

重盛くん、けっこう経子ちゃん気に入っていたもんね!

24_010

「今が一門にとってどういう時かわかっておろうな

一つ過てばすべて水泡に帰するのじゃ、我が父の忍耐も

叔父上の死も」

もー忠盛父みたいじゃん

婚礼の日

良かったねぇ~重盛、と思ったら 

またまた思い悩む重盛 

このあたりからは 婚礼シーンと相撲シーンを上手く交互に

挟んで来て

飲んで踊り出す平家一門男衆

相撲男子見ながら 宋の美味しいもの頂く麻呂たち

どちらも 宴が最高潮と思いきや

「こたびのご縁無かったことにしていただきとうございます」と

婚礼中に言いだす重盛

一同 !!(゚ロ゚屮)屮

24_012

でも、殿は超余裕の微笑み

「私には嫡男としての覚悟がございませぬ、一門のためとは言え

大叔父をおのが手で斬ることが出来る父上の…それを命じた信西

入道と平気で働ける父上の…跡を継げるだけの腹が据わりませぬ」

これ、重盛だけじゃなく、清盛の兄弟や子達みんな少なからず

思っていることだよね…特に頼盛とか。。。

ここでの清盛、ものすごく でかく感じた

肝がすわってる

昔の忠盛vs清盛が、今は、清盛と重盛に世代交代

なんか 涙が出たよ 清盛の成長に 

24_013

「さようか、おまえの考えはようわかった、だがお前のたわごとに

つきおうている暇はない、つべこべ言うておらず、はよう婚礼を

すませ子でも儲けよ!」

24_015

びっくりしている 窪田重盛いいっすね

24_016

ここで、すかさず 花嫁経子に

「ご無礼を仕りました、かようにふつつかな倅にござりまするが

末永く宜しくお願い申し上げます」と清盛

ナイスフォロー!

経子の気持ちをちゃんと考えているよね

相撲節会では、清盛の目論み通り

後白河帝が 清盛の用意した膳を気に入り

清盛は、太宰大弐という役職をすんなりと手にする

24_020

清盛側しか 書かなかったけれど

義朝や由良、

頼朝の中川大志くん

そして、久々登場の統子内親王 良かったし

「朕はもっと面白き遊びがしたいのじゃ…玉座にあっては

あやつと遊べぬゆえな」と

あっさり 守仁親王に譲位する 後白河の今後も気になる~。

今日、朝からこの第24回平清盛をリピする私の横で

「走ってくる」と着替えていた旦那ですが

リピ画面、清盛が鎮西に乗り込んだあたりから

結局、最後まで無言で観賞 

見終わるとスッと立ち上がって 走りに出かけて行きました

旦那は、仕事柄日曜8時に家に居ない人なので

大河見たことありません

でも、そんな彼でも、面白くて最後まで見入ってしまっていたという

この事実。

みんな!今からでも遅くないよ!!

平清盛は 見ごたえがある 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

第23回「叔父を斬る」とDAF

記事を書けないまま…水曜日だぁ

大河ドラマ「平清盛」第23回

こういう展開だとは わかってたよ

いくらネタバレしないように気をつけていたって

このタイトルだもの

「叔父を斬る」

辛い回だなぁ。。。と思いつつ観賞

45分後 泣きすぎて目が充血 

明日腫れるぞ! ってくらい泣いた

こんなのいつ以来だ???

新選組!「友の死」の回だってこんなに泣かなかったよ

(まあ、組!の場合、話の展開がすべてわかっていたからね)

今回も 「平氏」と「源氏」をうまく対比させて描いて来ましたね

清盛は、叔父忠正を 源氏は父為義を 「斬首せよ!」と

信西から言い渡される

思いもかけない重い沙汰に 苦悩の2人 

清盛は、成親を訪ねたり 親族会議開いたりしていましたが

名案はなく…でも「どうにか助けたい」と思っていて

            ↑相変わらず あまいのぉ~!

義朝は、由良さん殴ってましたね 八つ当たり最低~

今回、

義朝のダメっぷりに比例して 由良さん、かっこ良かった

叔父に「斬首」という沙汰を伝える清盛だが

「されど従う気はござりませぬ、すぐに手立てを…」と清盛

23_001

「承知した…いつ斬られる」 ←この「承知した」がかっけー

「わしが何より恐れているのは、おのれが平氏の禍となることじゃ」

  ↑ この人ブレないね

そして「お前が斬れ」と

「わしに見届けて欲しいと言うたな、おのれが平清盛であることを

ならば、斬れ」

腹の据わった忠正と まだ迷い悩む清盛

一方、義朝は

23_003

髭切(友切)を庭に投げ捨てる

それを見た為義

「乱暴に扱うでない、友切は源氏重代の太刀ぞ」←言い方が優しい

元はと言えば、この太刀がこの親子を

こんな風にしてしまったのよね

友切を父が弟の義賢に与えたことを知り

義朝は、怒り狂って自分の子を使って弟を殺したのに

この時点でもう「親も子もない」ことしてるじゃん

なのに このメソメソダメダメ義朝はなに??

ダメ義さんと言われた為義が

先週あたりから すごくいいんだわ

義朝が殿上人となったことを喜び

「義朝  我が首をはねよ」

「親兄弟の屍の上にも雄々しく立て」

23_004

小日向さんの倍も大きく見えた 玉木義朝さんですが

今日は、殺される父上の方が雄々しく見えたよ

いよいよ 処刑の朝がきて

23_005

またまた 押し込んできますね竹馬エピ 

清三郎の「では、お帰りになりましたら」で涙崩壊

清三郎と鬼武者って何歳差なのかわからないけど

無邪気な清三郎と

父がおじいさんを切るのを見届けに行く鬼武者って

この後の人生、大きく変わるよね 

「見届けて来い」と言う 由良さん凄いわ

忠正が清盛館を出る時に 皆を見わたすところ

何もせりふが無いのに

忠正の気持ちも、平氏一門一人一人の気持ちも

伝わってきました

特に 家貞に泣かされました

忠正と家貞は、きっと今まで数え切れない修羅場を

くぐり抜けて来たんでしょうにね

つらいなぁ~ つらい場面なのに

23_006

殿の手に目が行ってしまったのは私だけじゃないはず…

叔父と4人の子達の刑場

赤い天幕が張り巡らされていてなんか 明るい感じ

源氏は、白い天幕だったので 違和感ナシだけど

23_008

平氏側、父の処刑が見えるように並んでいて

源氏側は、違ったよね

23_007

「斬れませぬぅ~」

「斬れーっ、清盛ーっ!」と忠正

源氏の方も

友切を振り上げるも 父を斬れない義朝に

「斬れ!義朝、斬れ!」と為義

「斬れませぬ~」と友切もろ共、地面にひっくり返る義朝

なかなか太刀を振り下ろすことが出来ない清盛に

「ええい!それでも平氏の棟梁か!わしは、これより十万億土に

旅立ち兄上に会う、そのとき言うて欲しいか!やはり清盛は棟梁

の器でなかったと!……あんな赤子を引き取ったゆえ一門は滅

んだと!」

「斬らぬか!清盛!!」

(´;ω;`)ウウ・・・

清盛を助けに宋船に来た叔父上を思い出してしまったよ

23_009

この後の

「清盛さま、我らもはよう斬ってくださりませ、

父上のお姿が見えるうちに後を追いとうござります」という

忠正の子たち

4人の子たちも斬り← 一人で出来るものかな?

その場に倒れこむ清盛

結局、為義とその子達は、正清が斬る

義朝は、頼賢に

「最後の頼みすら聞けぬ者が、我らの父を父上と呼ぶでない!」

と言われちゃうのよ

23_011

5人を斬り倒れた殿、心配そうに時子が汗を拭く

ここでも「殿~」   ずっと見ていたい殿の寝顔

あ、いやいや

こんな、殿の所に

のーてんきなお誘いを成親が持ってくる…

後白河が祝宴を催す

そこで、帝よりじきじきのお祝い とのことで

白拍子が「遊びをせんとや~生まれけむ」を舞い踊る

「どうじゃ播磨の守、生きる力がわいてこよう」と帝が言葉をかける

ここからの、ケンちゃんの演技  

心の底から湧いてくる怒りや衝動をグッと押さえ込み

挑発的な帝に対し

静かにひざまずき

23_014

「…身に余る誉れにございます、今後ともお導きいただきますよう

お願い申しあげまする」

やっぱり、ケンちゃんは、苦悩する…秘めた演技が光る

この後の信西のとやりとり

よくわかんないよなー

信西は、清盛のために忠正を

自分のために為義を

斬首したってこと?

(なんでもよ~い、なんでもよいから食べさせてくれ~の時

叔父に酷いこと言われているの通憲、聞いてたものね)

ドラマだから、すごく忠正叔父を美化して書いてる?

叔父様好きなんで、この脚本のまま信じたいけど

保元の乱で 忠正が何人連れて上皇方に付いたのかわからない

けれど…どう考えても この行動は

明らかに一門への裏切りで、絶対に許されないことだと思う 

だから斬首は当然。

そして、そう仕向けたのは、池禅尼だ

これから 彼女と頼盛がどう動くのか見ものだ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

あっ!頼盛〈西島隆弘くん〉の

ドラマチック・アクターズ・ファイル よかったっすよ~

23_017

23_016

23_019

かわいい。。。

やっぱ、シメはイケてる殿で ヽ(´▽`)/

241

今年の大河、見ごたえあるわぁ (v^ー゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

第22回「勝利の代償」

見終わって 

しばし 放心…でした

大河ドラマ 平清盛・第22回  見ごたえありました

一夜にして決着のついた「保元の乱」

負け戦となり 大事な書物と一緒に輿で逃げようとする頼長

しかし、書物を拾いに輿から出たところ、首に矢を受ける

(矢が刺さるところ、矢の勢いで首が揺れて、超リアル)

22_015

瀕死の状態で やっと父・忠実の邸を訪ね救いをもとめるが

門が開くことは無かった (´;ω;`)ウウ・・・

22_006

父の心を知り 舌を噛み切って 息をひきとる頼長

も~最初っから濃い演技

イヤ、もう耕史くんの「死へ」の演技がリアルすぎて

怖いくらいだった

無念さと父に受け入れてもらえなかった寂しさと

生身の頼長がそこに居ました

そして、息子を愛しながらも、拒絶し

頼長に会ってやれなかった 忠実の悲しみ

22_014

あの籠から出た白オウムちゃんは何処に…と

思っていたら

忠実さんの所に飛んで来ましたね

あれは、オウムとなった頼長さま…なのか?

「チチウエ チチウエ」言うとったな

忠実殿(國村 隼さん)の

「わがこよ~~」が、藤原摂関家という守らなければならないもの

のために、息子を救えなかった悲しみがにじみ出て

悲しい親子の思いに涙しました 

ヨレヨレ ズタボロ で亡くなった 頼長さまですが

生前、息子達に訓戒を与えるシーンがあって 

悲しみの中にも救いがありました

美しい頼長さまをもう一度見せてくれて ありがと~~

22_007

 

「豪華な衣服や家来の数を求めるな、忠勤に励み、それで人に

嘲られても恥じるな、忠を尽くし決して報いを求めるな

勤めよや 勤めよや」

頼長もこういう気持ちを持って「国創り」を考えていた人

なのですね

土スタで、耕史くんが言っていたのはこのシーンの事ですね

戦で勝利を得たものの

肉親と戦い 血を流し合った 平氏と源氏

とにかく 戦が終わったことに 安堵し

いつもの ライバル顔合わせシーンですが

流石に今日は

Shourino22

「…武士の力を見せ付けたのじゃ!

もうすぐそこまで来ておるのじゃ 武士の世が!」

2人とも、お互いを認め合う

と、思いきや お決まりのパターンへ

22_002

「お前のことを友と言ったのではないぞ」という義朝に

この笑顔で去っていく 清盛がかわいい

清盛館に戻った清盛

22_003

22_004

鎧を着たまま 横になり

時子や重盛・基盛を嬉しそうに見て…ってこんなのあり?

まず、鎧を脱ぐでしょ

でも、叔父上のことは 気がかり… よね

22_005

結局、清盛は忠清に命じて叔父・忠正を探させていて

忠正とその子息たちは、清盛の元に連れて来られる

忠正は、ここに居ても生き恥をさらすだけと

逃げようとするが 清盛は

叔父上は一門にとって欠かせぬ人だと言う

忠正と清盛、2人で話すシーン 良かったです

22_008

「このたび、恩賞にて 播磨の守になりました」

「…何か面白きことができそうな気がしませぬか、

どうかお力添えくださりませ」

「お前、戦場でわしが言うたことが聞こえなんだか」

(最後の最後に、清盛に流れるもののけの血を信じられなかったと

言われたこと)

「そう、おおせになった叔父上にこそ見届けていただきとう

ございます。私が平清盛であることを」

22_009

この落ち着いた 物言い 自信に満ちていて

かっこよかったよー

清盛は、忠正が助かるものと思い込んでいるんだ…

こういうところは、甘々だなぁ

源 義朝館では

由良さんが 為義殿を探し出し

義朝に「よけいなことをするな」と言われ

「あなた様のためではござりません、

私は常々、鬼武者に父を敬えと教えておりまする、

あなた様が不孝者では示しがつきませぬ」

 ↑ かっけ~~由良さま 

この後の

為義と由良のシーン 

「わしにかまわんでよい」と為義

このたび昇殿が許されたと 為義に伝える由良

22_010

嬉しそうな 為義殿←たまりません

あ~親なんだよねぇ

悟りきった小日向さんの演技が光ます

そして、最後に差し込んできたのが

22_011

忠正を囲んだ この「竹馬」シーンですよ

反則だよ 

子供達もみな 大叔父のこと大好きなんだよー

どーすんの

お京も叔父上 大好きだよー

来週、つらい。。。

今も、涙が出てきそう

この大河

今回の頼長、そして次週の忠正

今までの回を思い出せば 待賢門院、忠盛、家盛、家成、鳥羽院と

退場していく人、一人一人がきっちり描かれているから

その人たちの最後にすごく感情移入してしまうのよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

DAFにっしー

ついに 来た!!

ドラマチック・アクターズ・ファイルに

Taiganishijima

      西島隆弘くんですよ!

先週、池禅尼ママのところで

「おにいちゃんなんて嫌いだぁ~!」と言っていたあの方が

シブくなってますぞ 

いつもは、笑顔炸裂のイメージなんですけどね

Jyu_004

6/5 ワンセグ2  19:55~20:00

6/12 Eテレ    23:25~23:30

「ドラマチック・アクターズ・ファイル」

短い番組ですが

いつもオシャレな感じに仕上がっていて

濃いですよ  

あ!

これも宣伝しちゃおう!!

「裸にしたい男」 佐藤健 後編

6/2 BSプレミアム  23時15分~24時

 

Takeru

この番組、前編を娘に頼まれて録画したんだけれど

すごく良かったから 後編も楽しみにしています

Nさま、是非 「殿」も裸にしてください (・∀・)ニヤニヤ

大河ドラマの裏側を見てみたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »