« やっと春です | トップページ | 第18回「誕生、後白河帝」 »

2012年5月 1日 (火)

第17回「平氏の棟梁」

第2部の始まりです

一回目の観賞では 清盛棟梁に見惚れる45分間でeye

あっと言う間に時間が過ぎて は?もう終わり?!

って感じでした

平氏一門 勢ぞろいの中 最後に登場の新棟梁

17_001

忠盛の座っていた座に着く時

しばしその座を見つめる 清盛に

父への敬いや 一門を背負う決心が伺えました

2部の始まりに 一族紹介って感じでしょうか

頼盛が母・宗子と出てくるところとか

忠正叔父の後にゾロゾロ~とか

時子の周りに 清三郎、清四郎がゴロニャ~ンとしている所とか

17_002

(今回、清三郎いい演技していまいたねhappy01

はい、そして、新棟梁、開口一番

「平清盛である!」 と清盛宣言sweat01

「…皆、存じております」by 盛国

「うん、 さようか~~」←( ´艸`)プププ

「亡き父上の固き志をつぐ、すなわち、武士の世をめざす!」

この時、家貞さん 嬉しそうでしたね

次は、一門で弓の練習(成果発表会のよう?)

重盛 → 基盛 → 頼盛 → 経盛 → 教盛 

そして力技の師範 忠盛

ここも 一門の「若武者紹介コーナー」でしたね

これを見ている清盛の表情が いいのよ~ happy01

17_004

17_006

17_007

17_008

そして、 重盛 基盛にやさしく声をかけている

忠正おじさんが good

もしこれが弓ではなく 「歌」だったら誰が上手いのかしら

なんてチラッと思いました

清盛は、棟梁としての仕事に大わらわで

初めての宴となる

この宴の席、清盛登場がパタパタで

「メシじゃ メシじゃぁ~」って感じsweat01

宴の料理に 時子も張り切るが

料理が足りず、清盛に怒られるも

「今から 魚を採ってまいります、盛国したくせよ!」と強気

「では、腹の代わりに耳を満たしていただけませんか」と頼盛

しかし、

「琵琶は、とうにやめてしまいました」と時子

「おまえというヤツは、それでも棟梁の妻かangry

先週ひどいめにあっていた 家成登場で

平氏の新しい棟梁お披露目の「歌会」を開くと言ってくる

歌だけは…かんべんcoldsweats02…という清盛

「棟梁は歌が詠めず 妻は琵琶が弾けずじゃお話になりませぬな」

と基盛にツッこまれ

一緒に笑う時子に 「おまえが笑うな!」と八つ当たり

も~このあたりから

『春』という作文を書けという宿題を出された

おこちゃま のようで

信西にいちゃんに頼みに行ったら

「おれ、忙しいから」とあっさり断られ

その帰りに 悪友・義朝にばったり

また、飛び掛って来て皮肉のひとつも言われるのかと思ったら

「祝いを申す、まことめでたきことじゃ」 だってsign03

清盛同様、お京も「何があったのじゃ義朝?」と心配になったよ

はい!ここで美しくなった常盤登場

「おれの妻とした…常盤がおったゆえ、おれはどんな事も出来た」

ですって!!

なんか、由良のこと思うとせつなかったわweep

清盛と時子の寝所←初めてじゃ?

今日、会った義朝のことを話す清盛に対し

すっかり夢の中の妻・時子 confident

17_010

大河「篤姫」の 将軍家定と篤姫を思い出しちゃいました

家定が自分の事を始めて篤姫に語っていると、その横で

熟睡する篤姫というシーンが 可愛かった

17_011

 ↑  松山くんファン 1番の萌えシーン

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

ここから

庭に居る わんこ(時忠)のお陰で

17_012

さらなるドタバタが…

兄達と 素直に勉学に励む 清三郎

「いろはにほへと」と書いているのが 超~かわいい

17_013

この可愛い清三郎に、時忠わんこ叔父が

「おまえは、いずれじゃまになって寺にでもやられよう…」と

ここで 清三郎が

「もう、勉強も運動もいやじゃ~sad」と暴れる

いまだに 「春」の宿題が出来ぬ棟梁は イライラ pout

決して口にしてはならないこと 口走る

「明子ならばもっとしかとした 棟梁の妻になっておったぞ」

ああ~~sweat01

でも、ここでダメおじさんと思っていた時忠くん

姉が琵琶を弾かないのは、兄上が

「明子の音をかき消されたくない」と言ったからですよ

ここで、はたと気付く清盛

自分の言った事をずっと守っていた時子

17_014

思い悩む清盛

こんだけ 思い悩んで提出した宿題は

17_015

「重盛に基盛それに清三郎

   清四郎みな われらの子なり」 

┐( ̄ヘ ̄)┌ はぁ~??

「なんじゃそれな お題は「春」ぞ!」by頼長

「もはや 歌ではない」by崇徳

「安芸守 今のは何ぞ??」by鳥羽

ここで時子のことを語りだし

「春のひだまりのごとき おなごにござります」

「私は妻や子、親兄弟、家人たちを何より大事に思うて

おりまする」

最初、この言葉を聞いて

「おもしろうも無い世を変える」とか

「武士の世を作る」と言っているのに

平氏一門のことしか考えてないような発言で

「棟梁として ちいさくねぇ?」と思ったんだけど

世を変えるには、まず、ベース(平家)をしっかり固めると

いう事なのかな

そして、院や摂関家のドロドロな関係にチクリと射したわけ?

清盛の読んだ歌の紙を持ち帰っている 雅仁

信西に聞かれて

「私にはかかわりのないこと…」と木枯らし紋次郎のような

こと言ってますが

「そうは まいりませぬぞ 雅仁さま」 と 

にんまりしながら 言う信西が たまらん

17fg

清盛一家も どうにか「春」が来ましたねcherryblossom

しかし 源氏は「春の嵐」typhoon

次週、平清盛は、「後白河帝誕生」

「帝など はようみまかられればいいのじゃ~」と

言っていたものねsweat01

松田くんは、高笑いも含み笑いもgood

|

« やっと春です | トップページ | 第18回「誕生、後白河帝」 »

コメント

お京です。
毎度のことながら、上の記事で
おかしい所が多々あり、訂正しようと試みましたが
フォーマットがなんちゃらで…直せずsweat01

訂正です!
弓の稽古のところで
>そして力技の師範 忠盛

そして力技の師範 「忠清」ですsweat01

歌会のところで
>「なんじゃそれな お題は「春」ぞ!」by頼長

「なんじゃそれは お題は「春」ぞ!」ですcoldsweats01
 ↑ この「春ぞ!」を連呼する頼長が最高~happy02

投稿: お京 | 2012年5月 2日 (水) 22時25分

大雨大丈夫ですか?
こちらは今日は朝から夏です。

お京さん毎回すごい何度リピートしてるんですか?記事をあげるのに

セリフの一つ一つ
表情や場面の一つ一つ
読ませていただいて脳内再生してます。
特に普段の週は職場でこっそりと・・・
今週はじっくりケンちゃんの表情を見返しながら堪能してます。

投稿: かづ | 2012年5月 4日 (金) 09時37分

かづさん、こんにちは!

雨のことを心配いただき、ありがとうございます。
我家の方は、雨がずっと降り続いていますが被害などは出ていませんのでご安心を
でも、地震の被害が大きかった沿岸の方に雨の被害も出ているようなので心配です。
せっかく、咲き始めた桜の花も雨に打たれてかわいそうですcherryblossom

かづさんの方は、良いお天気のようでsunGWを満喫されていますか?

いつも大河の記事を書く時に、もっとポイントを絞って書こうと思うのですが、結局、ダラダラと書いてしまっていてsweat01
それに、「全ての回の大河記事書こう」と思っているわけではないのですが、清盛ケンが自分のダメ息子のようで愛しくて、ついつい書いてしまうんですcoldsweats01

清盛ケンの表情を見るのが楽しくて最低3~4回は見てますね~。

投稿: お京 | 2012年5月 4日 (金) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/54604376

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回「平氏の棟梁」:

« やっと春です | トップページ | 第18回「誕生、後白河帝」 »