« 3月5日は…。 | トップページ | 第10回「義清散る」 »

2012年3月 6日 (火)

第9回「ふたりのはみだし者」

今回、「ふたりのはみだし者」??

もう、清盛は、全然はみだしてないしsweat01←チトつまらない

はみ出しかけているのは 義清さまだよね←あぶねぇwobbly

汚さでは、義朝 > 清盛 になってきたし~happy02

清盛くんも 一家の主となり 子供が生まれて

以前のカリカリ ツンツン とがった感じがなくなりましたね

8

赤ちゃん、可愛かったですね happy01

少し大きくなった清太も可愛かったし

得子の産んだ皇子も いいお顔でした

いつも子役がいいと評判のNさま さすがですgood

雅仁さまじゃないけれど ホッペをむにゅと触ってみたくなるね

清盛が赤ちゃんの清太を抱いて

「オレの子じゃぁ、血を分けたオレの子じゃぁ」の所で

お京もcrying

お祝いに来てくれた 家盛と2人で飲むシーン

Kiyooriiemori

好きなシーンですheart01

いい弟で良かったよねぇ

(これからの事はあえて考えない、考えたくない)

こんな幸せそうなシーンを見ると、ますます先週の

家盛くんの恋の行方が心配になります

そして、そして、

雅仁親王の乳父となった 通憲さん

9_001

賭場に出入りする親王の顔を必死で隠すけど

これ 意味あるのか?

こんな風に隠される方が 目立つぞeye

お勤めにはげむ 通憲さんも

いつの間にか 結婚していて 驚いたsign03

9_002

清盛くんと結婚した 明子さんもなかなかの賭けに出たと思った

けれど

通憲さんを夫とした 朝子さんも

雅仁親王に賭ける前に 

もっと大きな賭けに出てると思いませんかsign02

「天下の大学者」にツッコミ入れる朝子さん 最高sign03

雅仁親王より この夫婦に 目が離せませぬ happy02

先週の家盛くんに引き続き

今週の心配は  もちろん 義清殿です

も~あんなに可愛い女の子がいるっていうのに

ど~すんのよsign01

「待賢門院に目を覚まして欲しい」とか言ってたけれど

「オマエが目を覚ますんじゃぁ~!」と言いたい

でも、もう遅いよね

「待賢門院さま これがいとしいという気持ちです」なんちゃって

ますものねcoldsweats01

 ↑ これが出来るのは 「美しい」自分しかないと

    思っているのか??

まあ、清盛くんでも通憲さんでもムリなのは よ~くわかる

これが「美しく生きる」ということなんかい??

お京には 解らぬなぁ…。

9_003

  祇園女御とのシーンの清盛くんshine

  おだやかな顔になってるね 

清盛くんも「美しい」よhappy01

|

« 3月5日は…。 | トップページ | 第10回「義清散る」 »

コメント

「オレの子じゃぁ、血を分けたオレの子じゃぁ」の所で

オラも泣いたよ・・・( ´;ω;`)ブワッ
清盛ぃ・・・いがったな・・・いがったなぁ・・・。*((艸д・。`*)゜*。
今回はすっかり落ち着いちゃってましたね~
雅仁ちゃんに説教までしてたし(笑

目が離せないのは義清さんもですわね。
イケメンと歌の才能を自覚してる義清さんだけど、嫌味っぽく見えないから応援したくなっちゃうの(笑
今週は「義清散る」!?
展開が楽しみですsmile

ちなみに義朝くんが「伊賀のカバ丸」にしか見えなかったYO・・・sweat01

投稿: ミジンコ | 2012年3月11日 (日) 15時28分

ミジンコさん、こんばんは~。

もう「伊賀のカバ丸」に大爆笑 happy02 good
由良姫に「やきソバ食わせればイチコロよ」と教えてあげたいです(笑)

子供が生まれて、涙する清盛…良かったねcrying
幸せに暮らす清盛の生活は、安定していて、
同じように幸せに見える義清さんは、ふらふらと安定感が無く、どの女も幸せにしていない…。

>イケメンと歌の才能を自覚してる義清さんだけど、嫌味っぽく見えないから応援したくなっちゃうの(笑

ほんと、そうなんだけれど
第10回「義清散る」を見て、なんか印象が変わったなぁ。

毎回、毎回、「来週が楽しみnote」って思うのだけれど、視聴率はパッとしないね
なんでだろうねぇ~?


投稿: お京 | 2012年3月12日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/54157114

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回「ふたりのはみだし者」:

« 3月5日は…。 | トップページ | 第10回「義清散る」 »