« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

第12回「運命の再会」

「運命の再会」というよりも「おもしろきめおと」の回

って感じだった(爆

でも、予想に反してメチャ泣いてしまった( ´;ω;`)ブワッ

先週は、「泣くだろうなあ~たぶん泣くぞぉ~」と思っていたので

あれですが…「おもしろきめおと」に泣いて、笑って、泣いて、笑って

かなり ヤラレました

今週は、大口開けて笑っている一本調子の御曹司でなく

明子を亡くして 心も無くした清盛くんだったので

悲しみの中の怒りや放心、戸惑いなど

松ケンが得意とする いい表情満載で

も~~清盛ウォッチングの回でした 

放送が終わって、速攻リピしたの久しぶりだよ~ん

12_001

こ、こんな表情されたら…アカン。

12_002

12_004

何をしていても、明子の事を考えている 清盛。

家貞が忠盛パパに「後添えを考えたほうが…」なんて言ってましたが

「心の軸が定まっておらん」と忠盛に言われてましたね

このシーンを見て

『あ~、忠盛も愛する人を失っているんだ、今の清盛の気持ちを

わかってあげられる人なんだ…』と思いました

あの鹿角の簪、忠盛が持っていたのですね

12_005

清盛館に帰って来るシーン

お京、もうここで (。>0<。)

だっていつも「あきこ~~!あきこ~~!!」って叫んで

帰って来ていたじゃない…

ここで、琵琶の音色が耳に入り 驚く清盛

弾じていたのが 時子だとわかり

へたな琵琶を弾じるのをやめるようにと言ってしまう

「へた」と言われて、清盛にくってかかる時子 ←かわいい

言い合う2人を見て可笑しそうな 清太と清次がまたかわいい

時子が怒りながら家に戻ると

なんと、時子の父が、蛭子さん(笑)←超好き!

そして 弟があの「平家にあらずんば人にあらず」と言った

時忠(森田くん)です

蛭子パパから、こんなずる賢い時忠が生まれるのか

森田くん、時代物とうかなぁ~なんて

上から目線で思っていたけれど

すんごく、自然な感じで

この人物像がよく出ていたと思うよ

なんか落ち着きがなくて、儲かることには鼻が利く

みたいな感じ(笑)

この時忠の金目当てのおせっかいのおかげで

清盛と時子の距離がぐ~んと近づいたよね

清盛宅でのシーン 今日の1番です

12_006

12_007

12_008

時子:「清盛さまは、明子さまだけの光君です!」

「誰にも入る隙などない、それぼどに深き絆で結ばれておるのです」

12_009

時子:「飛び出した雀の子を またふせごの内に…」

明子の気持ちに気付く清盛 ←よく気付いたね(進化しとる!)

清盛:「琵琶をやめよと申したのは へたくそゆえではない」

「耳に残る明子の音色を かき消されとうないのだ」 

もう、ここで涙腺崩壊  

ちょちょちょ という事は、あの清盛が明子にプロポーズした時から

好きだったということ あ~びっくり

オイラ 清盛以上に乙女心わからぬヤツかぁ?

12_010

この時の時子(深キョン)も 清盛の気持ちを理解し

2人で 「明子を失った」寂しさを共有出来たのかな

12_011

12_012

盛国:「時子様がおいでになると、若君様たちのみならず

殿もお声のハリが良くなりまするゆえ」←盛国にしか言えない!

清盛:「なんじゃそれは」 

 ↑ このシーンも 好き 好き

時子とのことでは、盛国もかなりいい仕事してますよね

再度、時子を盛国が呼ばなければ

こんな展開には、ならなかったものね~

「おい!もう、そなたでよい!」

「あとは、おれがそなたにれればよいだけじゃ

おれの妻になれと言うておるのじゃぁ~」

「さように失礼な話がございますか あんまりでございます」

12_016

  時子、どこまでも光らない君に突進!  

  清太&清次の視線に(笑)

12_017

12_018

「おもしろき めおと」に目が離せませんぞ!

あ、ツンデレ女と超上から目線男の

由良姫&義朝も

「そなたも産むか?オレの子を産むかとたずねておる」

という こちらも有り得ない プロポーズで

めでたく ゴールイン

もひとつ ちょ~~~笑ったのが

義朝と殿上でのシーン

立ち去る義朝に怒って コケル清盛たん

12_015

も~何回リピっても 爆笑です (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

↓ これ 思い出した

Lです。

奥のドアの所で コケてます ( ´艸`)プププ

Eu

瞕子さん、最後のシーン

鳥羽法皇と初めて心が通じ合うのですが

今回は、清盛シーンが良すぎて 霞んだ

頼盛(ニッシー・AAA)も初登場でしたが

あれ?しゃべった??ってくらい

セリフ少なく

これからに 期待しましょう

頼盛は、綺麗でいて欲しいなぁ ムリか?

気になったのは 家盛のカミングアウト

一生誰にも言わないつもりだった事を

あんな大勢の前で兄に言うかな???

もっとこっそり 2人だけの時に言ってほしかったな

あと2人いや 1人と1匹

気になったのが

先週見なかったなぁ~と思ったら

通憲さん、いつの間にか出家して「信西」になっとった

「西行」同様、けっこう早い時期に出家しちゃうんだね

そして、頼長邸に居る白いオウムくん

「粛清」「粛清」言うとる ( ´艸`)プププ

賢い頼長が飼うと オウムもさらに賢く見える

清タン、オウムに粛清されないよう 気をつけよう 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

第11回「もののけの涙」とDAF

義清の出家を 崇徳帝に告げる清盛

11_001

崇徳帝(ARATAさん・井浦新さん)とのシーン

「朕には義清だけが心のよりどころじゃったのだ!」という帝を

励ますつもりでか? 自分も白河院の子だとカミングアウト

このシーンを思い出していました

「ウルトラミラクルラブストーリー」の大好きなシーンです

687160_20090928125631s

崇徳帝に実の子が誕生し

その子、重仁を帝の座に着けようとするが

何枚も上手の 得子にサラッとかわされ

得子の子、躰仁が帝の座に着いてしまう

11_002

またまた、この近衛帝の可愛いこと

目をつぶっているのですが ペロッと舌を出すのが

ちょ~かわええ

思わず豆腐をなめてしまう 豆腐小僧みたい(笑)

Photo

近衛帝に心奪われたと思ったら

出家した 鳥羽法皇 

いやいやいや 三上さん何でもよく似合いますなぁ

清盛くんも 頭、このくらい似合うのだろうか

平家一門 新年の祝いの席で

またまた「おもしろき道を歩めばよい」と

おこちゃま発言して、家盛くんに怒られてますぞ 

全然変わってない 進歩ナシ

でも、ここで 宗子、明子、秀子(家盛の妻ってこの人ね!)の

3人で「楽」を奏じる場面

清盛くんの ちょっと自慢げな感じ

11_003

琵琶を奏している明子と目を合わせて

アイコンタクトとる所 幸せそうで

もう泣けてくるよ (ノ_≦。)

真っ先に宗子の琴を褒める 忠正叔父さんにも ( ´艸`)プププ

盛国の縁談のことで 明子が話を進めてくれたり

明子の琵琶に耳を傾けたり

住吉神社に参拝に行ったり

11_006

ああ、この幸せが永久に続いたら…

11_007

明子を見つめる優しいまなざしが イイです!

幸せそうな 清盛夫妻を見ればみるほど

辛い結末を見たくない気持ちが 大きくなってくる

そうそう、東国に行っている 義朝さん

いつの間にやら 東国武士を配下に治めていてびっくり

源氏の館で 為義 VS  由良姫

気が強く言いたい事を言う由良姫についにキレる為義

泣いている姫に ぞうきんのような布を差し出していて

思わず笑った 

そりゃ 由良姫拒否るわなぁ ( ´艸`)プププ

明子と時子で貴族の娘に 琵琶を教えるシーンで

11_005

        清盛 vs  時子

この2人 会うといつもこんな風に言い合ってますね

清盛と明子夫婦の物静かな感じとは

まったく違ったドタバタ夫婦になりそうで

来週のプロポーズも 期待度100%です  

この時、館に突如、半裸状態の男達が入って来て

驚く貴族の娘たちに

「大事ごさいませぬ 我が殿にござりまする 」と言う

明子も好きだ~(笑)

今回のタイトルの「もののけの涙」ですが

明子が亡くなって、清盛が僧侶たちに

あたりちらしているのを見て 忠盛が「もののけ」と思った…

みたいな感じに描かれていましたが??

私から見たら 

急に若い妻を亡くしたら 清盛のような行動をとっても

おかしくないと思うのですが

これが「もののけ」?って感じでした

さて、皆さん 

大東駿介くんの ドラマチック・アクターズ・ファイル 見ました

たった5分なのに

すごかった…。

ネタバレ いやな人は、ここでストップね 

 

続きを読む "第11回「もののけの涙」とDAF"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

第10回「義清散る」

今回は「義清」

前回は「雅仁親王」

前々回は「藤原頼長」と

メイン所が清盛くんからスライドしているので

お京としては、もっと「清盛メイン」の話が来て欲しい所ですが

お話としては、面白い展開で

毎回 こりゃびっくりという事の連続です

まず、びっくりしたのが

鳥羽院のご飯の食べ方のお上品なこと

あれじゃあ 1食食べるのに 何時間かかるんじゃいって感じ

コメ1つぶずつ 食べてんのかい

この前の「ホンネ日和」の時

役所さんの前で、ものすごいデカイ塊りを口に押し込んでいた人

思い出しました ( ´艸`)プププ

今回の義清騒動について

最初っから最後まで「なんで?」「わっから~ん?」という

思いで見ておりました←完璧清盛くん目線

「待賢門院さまをお救いしたい」

     ↓

「オレが救ってやったと思っていたのに」

     ↓

「アレ?拒否られてる?男前のオレが何故??」

     ↓

「ギョ!院のことが好きなんかい!!」

     ↓

「ふられてしもうた…」

これで、何で可愛い花子を蹴飛ばし

「出家」ということになるんじゃい

(かぶにお父様の顔の絵を描いてて可愛かったのに…いや

オレは、かぶなんかじゃない!美しくない!とご立腹・笑)

「美しく生きる」とは何じゃい??

待賢門院の心が自分にないとわかった時

「美しく生きる」ということが否定されたのでしょうか

そんな中で

義清に「救おうと思うことが おこがましいのです!」

言い放った 堀河局 かっこよかったです

こう言われたときの 義清の顔にワロタ

そして、もう1ヶ所

鳥羽院に対しても痛烈な一言を放ってます

「恐れながら…たまこ様のからっぽな目からお逃げになりました」

堀河局 強えぇ~

何事も順序立てて 行うのが好きな

麻呂眉が美しい 頼長さま

10_012

せっかく やり込めようと思ったのに

肩透かしをくらってましたね 

このシーンを見ても

鳥羽院と待賢門院 ってお互いに思いあっているのに

心は通じず なんか空しいですね

水仙を見に行く鳥羽院と水仙を探すたまこ様

ドロドロしているわりに 中学生の恋みたいでした

今回のお笑いパートは

やはり

10_009

清盛館に 義清が来たシーンでしょうね

女たちが 目がテンになり 

身なりを直したり ソワソワ 

10_010

はいはい そーですか って感じの清盛くん

侍女に「なにゆえ 義清さまよりもうちの殿などを…」なんて

言われてますよ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

10_011

こ~んなこと 言われても 

笑ってられる 清盛いいなぁ~

あと、もう1ヶ所笑ったのが

「そのころ 我が祖父為朝も京において検非違使として

それなりに働いていたと察する」

という 頼朝のナレーション 

「それなりに」 って  

最後の桜舞いすぎのシーン  

どこの設定なんじゃ?

桜よりも 義清よりも

清盛の涙が美しかった

10_013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

第9回「ふたりのはみだし者」

今回、「ふたりのはみだし者」??

もう、清盛は、全然はみだしてないし←チトつまらない

はみ出しかけているのは 義清さまだよね←あぶねぇ

汚さでは、義朝 > 清盛 になってきたし~

清盛くんも 一家の主となり 子供が生まれて

以前のカリカリ ツンツン とがった感じがなくなりましたね

8

赤ちゃん、可愛かったですね 

少し大きくなった清太も可愛かったし

得子の産んだ皇子も いいお顔でした

いつも子役がいいと評判のNさま さすがです

雅仁さまじゃないけれど ホッペをむにゅと触ってみたくなるね

清盛が赤ちゃんの清太を抱いて

「オレの子じゃぁ、血を分けたオレの子じゃぁ」の所で

お京も

お祝いに来てくれた 家盛と2人で飲むシーン

Kiyooriiemori

好きなシーンです

いい弟で良かったよねぇ

(これからの事はあえて考えない、考えたくない)

こんな幸せそうなシーンを見ると、ますます先週の

家盛くんの恋の行方が心配になります

そして、そして、

雅仁親王の乳父となった 通憲さん

9_001

賭場に出入りする親王の顔を必死で隠すけど

これ 意味あるのか?

こんな風に隠される方が 目立つぞ

お勤めにはげむ 通憲さんも

いつの間にか 結婚していて 驚いた

9_002

清盛くんと結婚した 明子さんもなかなかの賭けに出たと思った

けれど

通憲さんを夫とした 朝子さんも

雅仁親王に賭ける前に 

もっと大きな賭けに出てると思いませんか

「天下の大学者」にツッコミ入れる朝子さん 最高

雅仁親王より この夫婦に 目が離せませぬ 

先週の家盛くんに引き続き

今週の心配は  もちろん 義清殿です

も~あんなに可愛い女の子がいるっていうのに

ど~すんのよ

「待賢門院に目を覚まして欲しい」とか言ってたけれど

「オマエが目を覚ますんじゃぁ~!」と言いたい

でも、もう遅いよね

「待賢門院さま これがいとしいという気持ちです」なんちゃって

ますものね

 ↑ これが出来るのは 「美しい」自分しかないと

    思っているのか??

まあ、清盛くんでも通憲さんでもムリなのは よ~くわかる

これが「美しく生きる」ということなんかい??

お京には 解らぬなぁ…。

9_003

  祇園女御とのシーンの清盛くん

  おだやかな顔になってるね 

清盛くんも「美しい」よ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

3月5日は…。

松山くんの 誕生日で~す  

毎年、こうやって ブログでお祝い記事を書いて

もう何年になるんだろうねえ???

Tannjyoubi2012

Suterabirthday

清盛くんと同じように

ちょっぴり大人になった 松山くん

でも、やっぱり かわいいなぁ~

この1年も キミのことを

追いながら お京は生きていきます ( ´艸`)プププ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »