« 第1回「ふたりの父」 | トップページ | 平清盛展in東京 »

2012年1月17日 (火)

第2回「無頼の高平太」

昔から「無頼」に弱い お京です(笑)

大河ドラマ 平清盛の2回目 見ましたか?

ケンちゃん登場で我ら松友にとっては 

今回が実質1回目って感じですがup

清盛ケンだけでなく 魅力的な出演者が次々と出て来ましたね happy01

高平太の元服をもとに

彼の中の葛藤を描いていましたが

まず「元服の義」を伝えられ

父忠盛にも 平家という武家にも反発し

素直な弟や 優しい母にも 苛立ち

Kiyomori0115_003

 

自分と言うものがわからない 高平太

夜の道を馬で疾走し

(あのワァァ~!って言いながら馬に乗るシーンねgood

落馬して

「誰なんだ!オレは誰なんだぁぁぁ~~」 

Kiyomori0115_001

「だれでもよ~~い」

えぇ??キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

「だれでもよいゆえ 助けてくれ~」

Kiyomori0115_004

高階通憲(サダヲちゃん)最高の登場シーンですよねsign03

今までの雰囲気を一挙にひっくり返してくれました(笑)

穴から通憲助けて 汚れた手を見ている高平太が

またまた可笑しくて ( ´艸`)プププ

高平太より汚いって どんだけ~happy02

「この穴は、今の世を現している…」

「…オレが掘った…」

このあたりも 

月にかかった煙に対しての2人の話もgood

「オレは、あの煙があがいているように見える…月の光に

染まりたいと必死にあがいている」

↑ これが 白河法皇との対面の時にまた出てきます

Kiyomori0115_005

はい!そして、サダヲちゃんに続いて

藤原家成(佐藤二郎さん)登場

さすが ちょう~似合ってますねsign02

佐藤さんもかなり好きなんです(幼獣マメシバの二郎ちゃんです)

「おやおや これは手きびしい~」←この言い方がぁ( ^ω^ )

「…表で野良犬がいくらほえても…せめて飼い犬になって…」

の所も『上手いこと言うなぁsign01』と思いました

Kiyomori0115_009

Kiyomori0115_010

こわぁ~い 白河法皇との対峙

「忠盛の子か?」

「忠盛は父ではありません」

ここで

「法皇さまは怯えていましょう」 

「月の光に染まろうと必死にあがいている…」と言ってますね

自分も法皇も同じ「迷い」があるということ?

本当の母をこの場で法皇に殺されたことを知る清盛

Kiyomori0115_012

初めて母を感じたのが この場所なんて crying

Kiyomori0115_011

「ならば 何ゆえ私は生きているのですか」

「そちにも もののけの血が流れているからじゃぁ」

「きよもり~」といいながら 去って行く法皇にも

この後の 舞の後の

「なかなか 面白き舞であった まこと武士らしくての

という言葉にも

私は…法皇の愛が感じられた

だって、清盛と気付いたから会ったんだものね

「まこと武士らしくての」は

忠盛に対しても 言っていると思う

Kiyomori77

Kiyomori0115_013

                                ↑

この 「ごしごし」拭っているところが 可愛かったぁ

そして、一貫して

「さようか 好きにせよ」と言ってきた忠盛パパにも

深い愛情を感じたね

清盛が

「罪なき民を泣かせて 武士など名乗れるか!」と言った時の

「おのれを 武士と申したぞ」と嬉しそうな顔をちょっとのぞかせる

所がいいねぇ

普段、寡黙だから

来週は 玉木義朝 登場ですね

あ~ 白河法皇 もう少し見ていたかったよ 残念。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お京的には、1人で

 「平清盛展 絶賛 開催中shine 」って感じなのですが

今日、お京の職場に来たお客さんが

お京の机の上にあった

「3時間で平清盛のことがわかる本」を見て

「あ!今、私、平清盛に夢中なの」と言ってきた

「え!私もです!!」とお京 lovely

「だって 演じている 松山ケンイチが好きなの」と耳を疑う

ようなことを言ってくれたのです(笑)happy01

それも

「ほら、あの『L』から好きになったの…」

「え~~!私も『L』からです!!」

これ、私&私より多分4歳くらい年上の女性との会話です

近くにいた 中学生女子2人の目がテンになっていました

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

今の職場では カミングアウトしていないので

(私生活の事とか一切話していない 殺伐とした職場なので)

こんなもんか~と仕事していますが

昨年までが笑いの絶えない職場だったので…

ギャップがありすぎsweat01

先日、昨年まで一緒に働いていた「まちがいおじさん」から

私に封筒が届いて(社内のみで配達されるメール便)

「なんじゃ?」と封を開けてみると

ケンちゃんのきり抜きが1枚とNHKのウォッチ!が

入っていたのぉ~notenote

「松山くんが大きくのっていたので送ります、いらなかったら

捨ててください」という手紙といっしょにね

「まちがいおじさん、ありがとう~」とメールしておきましたloveletter

松山くんの切り抜きでよかったよ

まちがいおじさんだと松田翔太くんのとか送って来そうだもの

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

|

« 第1回「ふたりの父」 | トップページ | 平清盛展in東京 »

コメント

数十年ぶりに(←マジです)ちゃんと見る大河ドラマ
中井さん、伊東さん、三上さん、阿部さん、佐藤さん
などなどなど・・・
出演されている役者さんがみんなスゴ過ぎる!!!
と 今頃やっとわかった次第。

第2話リーピート鑑賞しまくりで 今後どうしましょう?って感じです。

自分もまだ今の職場でカミングアウトできてないです。
お京さん、思いがけず同士と遭遇できて幸せでしたネ!

投稿: ノンキ | 2012年1月19日 (木) 22時30分

ノンキさん、こんばんは。
大河・平清盛見ごたえありますよねgood

>中井さん、伊東さん、三上さん、阿部さん、佐藤さん
などなどなど・・・
出演されている役者さんがみんなスゴ過ぎる!!!

ほんと!ケンちゃんの演技には期待していましたが、共演者のみなさんの演技も光っていますねshine
役者同士の相乗効果で、ますます魅力的なシーンが見られそうですね
私もノンキさん同様、第2話を何回もリピートしちゃってますhappy02

ノンキさんも職場でカミングアウトしていないのですね。
カミングアウトするのって、なかなか難しいです。
だから、久しぶりに松山くんの話が出来て嬉しかったですhappy01

投稿: お京 | 2012年1月19日 (木) 23時51分

ケンちゃんが少年に見えました。
自分と言うものがわからない 高平太
母が殺された場所で
あの手の演技、あの表情
幼子にさへ見え

鱸丸のお父さんを助けられなかったときも

10代の苦悩する高平太、清盛が存在していました


やっぱりケンちゃんすごいわ


そんなケンちゃんとサダヲちゃんがからむとあの登場シーンになっちゃうのですか
最高でした
あのふたりの間、絶妙ですよね。

せりふも本当によく考えられてると感心しきりです。

ますます楽しみな大河
わいもすっごく久しぶりに大河に嵌れます。

投稿: かづ | 2012年1月21日 (土) 00時01分

かづさん、こちらにもありがとうhappy01

>母が殺された場所で
 あの手の演技、あの表情
>10代の苦悩する高平太、清盛が存在していました

あの手の演技と清盛のまつげを伝って落ちる涙に、私も涙腺崩壊でしたcrying

>やっぱりケンちゃんすごいわ

うん、うん、ほんとに同感、これから毎週、こんなに素晴らしい「清盛」に会えると思うと、なんて贅沢な1年間なんだ~と思うね。

>そんなケンちゃんとサダヲちゃんがからむとあの登場シーンになっちゃうのですか
最高でした

重々しかった雰囲気をこのシーンでガラッと変えて、印象深く記憶に残るシーンでしたよねgood
「大河清盛組、やるなぁsign01」と思った場面でした。
これからもサダヲちゃん登場の場面は、期待大ですねshine

投稿: お京 | 2012年1月21日 (土) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205344/53760670

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回「無頼の高平太」:

« 第1回「ふたりの父」 | トップページ | 平清盛展in東京 »