« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

お仕事は?

ふと気付けば2週間近く更新していなかった 

季節は  夏 →  冬 

秋がない 

最低気温が一桁となり

朝晩はストーブ点けてますよ (まだ扇風機しまってないのに

4月から仕事内容が少し変わった お京ですが

6ヶ月が経ち いろいろと見えてきましたよー

この仕事、観光シーズンと仕事の忙しさが バッチリ比例

お客さんがやって来ると 説明するお仕事なんです

よっぽど「話しかけるなオーラ」が出てないかぎり説明します

でも、いろいろな方がいるんですよねぇ~。

・昨日最後まで居たのに今日も朝から来ている人…

お京の職場、1フロアでゆっくりしても40分くらいで充分終了だと

思うのにねぇ~。研究熱心??単なるヒマ??

・最初から「看板が小さくてわかりづらい」とか文句を言いながら

やって来てずっと「文句」を言っていくけど相手にして欲しい人

・私が説明すると必ず「おやじギャグ」で返してくるおやっさん

・○○オタクで初めてここで集合しました!! というような

どこか我ら「松友会」と通じるものがある人達←

だってHNで呼び合ってるんだもの ( ´艸`)プププ

・古写真、古フィルム、古○○、古おねえさん(お京とも言う)に

興味のある人??

こうして振り返ってみると断然 男性が多いんだなぁ…。

子供も少ない…。

カップル←は案外多いけどね

毎日毎日、色々な方(ほぼ初めてお会いする方です)と

話をするって

気も使うけど 発見も多い

まだまだ勉強不足なんで、

お京も「あまりつっこんだ質問するなよ~」オーラを出し

ヘラヘラしながら対応していますがー

先日もそろそろ閉めようかなぁ…って頃に

若者が一人やって来た

こういう時、初心者のお京には

話しかけるタイミングが難しくって

「話しかけるなオーラ」出てないかなぁ?とチェックしつつ

「今日はどちらからいらしたんですか?」と声をかけたら

「あおもりからです」 ←津軽弁に一発でヽ(´▽`)/

さらっと説明、と思っていたのに盛り上がって

あおもり兄ちゃんもいろいろと質問してきてくれて

説明に力が入り

世間話しにまで発展 ( ´艸`)プププ

とにかく方言が心地よいので いっぱい話したのよ  

浪岡に家があり 我が街に別荘があるんですって!

(兄ちゃんは小屋があると言ってましたが)

「それじゃぁ、また来てよ 面白いビデオも見れるから」←

怪しいおばさんの誘いにも

にっこりして「また 来ます」と帰って行ったよ

おぉ~これは、おやじギャグにも笑顔で耐えた

お京へのご褒美ですね

これからの紅葉シーズン

また、面白い人にめぐり会えるかな?

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

沢登り?沢歩き!?

山が大好きな お京は、

1日中でも 山を眺めているのが好き 

でも、なにぶんにも体力というものも精神力というものも

お京の中には存在しないので

山に行くと言ってもハイキング程度しか行きません

そんな私に

「沢登り行かない?」と誘ってくれる方がいて

「え~行きたいけれど、体力ないよ~沢やったこと無いし…」と

言ったら

「大丈夫、行けるところまで車で行くから」と

考える余地なく

「服装と持ち物はねぇ」と説明を始めた

・服は、黒はダメ、なるべく白いもの(蜂対策)

・靴は長靴

・帽子も白系

・軍手

・昼食、携行食、飲み物、

・熊除けの鈴があったら持って来る

そんなこんなで 不安97%で出発することになった

『沢登り』

今回行くのは登山道が作られている大きい滝までを

登山道ではなく、文字通り「沢」を行く

案内人が居るから行ける場所だ

車の轍がかすかに残る細い道を車が草を掻き分けて

登って行き30分ほどした所で下ろされました

かすかに沢の音が聞こえるけれど

周りは木々に葉が繁り よく見渡せない状態だ

これじゃぁ、どこから熊が出てきてもわからんよー

でもさ、本当にクマなんているのぉ??

居るならもっと山奥にいるよねぇ~。 なんて思っていたら

最初に見せられたのが

クマにボロボロにされた 標識  

新しい物を立てると必ずやられるそうです

「塗料のニオイとかがキライなのかも」と案内人さんが

言ってました。

ひぇ~~Σ(゚д゚lll)アブナッ !  と思っていたら

あっさり  はい出発~

急なガケを降りて沢に出てると

沢歩きの注意点を聞く

・石もコケもどこもすべると思って注意して歩く

・川の中の石は動きやすいので確かめてからゆっくり

・笹竹以外の草はつかまってもダメ

などなど…

歩きだすと1歩1歩に集中

浅い川を渡ったり

ちょっとしたガケを制覇したりして

ふと後ろを見ると

Taki_009_2

木漏れ日にキラキラ光る小川のせせらぎと緑。

妖精が見え隠れしてもおかしくない景色だよ~ん

こんなに綺麗な場所に来たんだ

もっとちゃんと 周りを見て歩こう  

みどり色のドングリ  なにかの顔のようなトチの実

われらに驚いて 変な格好で固まっているカエル

観察しながら歩くと

あっと言う間に 最初の目的地に到着

Taki_006

  ホント 来てよかったよ~~

ここ、春先は雪解け水でもっと水量が多く

また違った風景になるそうですよ

秋は、散ったもみじが水面に広がってこれまた綺麗だそうです

どの季節にも来てみたくなります

Taki_004

お京と一緒に来た方たちです

今回は、案内人さん+3人で来ましたよ 

ここから

この右側のコケとチョロチョロ水が流れている所を登って

滝の上に出ると

白くて可憐なダイモンジソウが咲いていました

写真撮ってない

小さな名も無い滝がいくつか続いて

ゼーゼーハーハー言いながらロープが下がっている所を

登りつめると

「ほらほら見て クマの爪あとがついているよ」と

案内人さんが木の幹を指し示す

ほんとに爪あとがぁぁぁ…かなり上まで付いてるよ

「木の上に寝床を作るんだよ」ですって

登りで息がゼーゼー言ってる お京は、

今襲われたら、逃げることも 死んだふりも出来ないよ 

ちょっと 休憩していると ブゥ~ン

クマの次は蜂に注意だよ!

「蜂が来ても払ったり、急に動いたりするな」と言われました

ここから少し水量が多い川を慎重に渡ったよ

長靴が水の力に押し流されそうになり 

ふんばって ゆっくり 渡る

そして、ガケを下ると  

Taki_012

    見えて来ましたよ!!

今、この滝の左側のガケを下りてきました

「ここまで来たら もう一息」と案内人さんに言われて

ケイタイ以外全部を一箇所に置いて

(ここに戻って昼食を取るので)

滝の下に降りてみる

Sn3f0035_2

ケイタイ画像なんで…あまり迫力伝わらないと思うけど

落差20メートル以上です

滝からの細かい水滴が降り注ぎ

マイナスイオンに覆われました   

この後、おにぎりをほおばっていると

正規のルートでここにたどり着いた

ご夫婦としばし お話。

「クマ、居ないですよね?」と心配そうに言う奥さん

案内人さんがあっさり「居ますよ~」

「ほら、ここにもクマの爪あとが…」と近くの木を示すと

「わぁぁ~」なんて言いながら

奥さんクマ爪あとの横で旦那さんに写真撮ってもらってたよ

お京たち、ここからは、正規ルートを下りました

やっと

「あっ、萩だ」

「この花なに?」

「ウメバチソウだよ梅の花に似ているでしょう」なんて

会話にも余裕が出てきたし

チリ~ン チリ~ン というクマよけ鈴も

いい音してるなぁ~なんて冷静に聞けるようになった

でも…長靴の足は重く感じて

チョットの段差にもつまずきそうにヘロヘロしている

よく観察すると

ヘロヘロしているのは お京だけみたい 

みんなの後ろ姿をみると

すべった ころんだ で ズボンが汚れてて

『初沢登り、頑張った感』が出ているぞー 

この後3日間くらい 足が筋肉痛でも

この『別世界体験』なら 

          おつりがくるわい!

と、思ったら

足だけじゃなくロープにしがみついてた腕も痛かったよ

Cinwma_001

    拾ったトチの実とドングリだよ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

秋晴れの一日。

「やーっと、夏休みだぁ!」 と娘が言うので

「どこか行こうかぁ?」 となったんだけれど…

ほぼ隔週で東京に行っている娘は

「たまには家で『まった~り』したい」と言うので

じゃあそうしよう 

ということで、我が家の周りで遊びました

初日は、じいちゃん&ばあちゃんをさそって

高原をドライブ&食事に行ってきたよ

まず向かったのが スキー場の麓にある高原です

Jyoubouji_004_2

Jyoubouji_008

赤トンボとススキを 激写している娘 

日に焼ける~っと日傘を手放さない…

「近いのに久々に来たねぇ」なんて言いながら

ばあちゃんは散策しながら草花を観察し 

じいちゃんは娘に写真の撮り方を伝授していましたよ 

高原を堪能していたら

あっという間に 11時半過ぎ

今日のメインは「ランチ

以前から気になっていたけれど、行ったことがなかったお店

11時40分頃にはお店に到着したんだけれど

駐車場には車がいっぱい 

「八戸」とか「青森」ナンバーの車が止まってるよ

この時間なのに 少し待たされました

Jyoubouji_015

待っていた所に かわいいものが いっぱいあって

娘が片っ端から写真撮っていました 

お京は、このカエルくんのとぼけた表情に ( ´艸`)プププ

今日のランチは…

娘とおばあちゃんが

Lunch_photo_02

お京とおじいちゃんが

Lunch_photo_01

味噌汁orスープ,

白米or雑穀米 が選択出来ます

あと、コーヒーが付きます

ハンバーグも注文が入ってから作るそうで

時間を持たせるために 前菜が付くのだそうです

味噌汁も野菜たっぷりで

スープはじゃがいものポタージュスープでした 

器も盛り付けも 洗練されていて

こんな山奥(ゴメン)なのに 素敵なお食事が出来て

満足しました

やっぱり こういう観光地に来るという事は

「非日常」を求めて来るので

さっきのカエルじゃないけれど

置物一つ、器一つも大切なのよね

山奥でも交通の便が悪くても

にぎわっているこのお店の「魅力」がわかりました

基本は「人と味」でしょうけれどね 

 

満腹になった後向かったのが

瀬戸内○聴さんが住職をしていたことから

有名になったお寺に行くことにしました

私以外は、初めて行くというので道案内しながら行きました

でも途中に産直が沢山あって

すべてにひっかかって

かぼちゃ饅頭とかダンゴとか

りんどうとか、ほおずきとか買ってましたが

お京が買ったのは

コレ↓

Kom

とうがらしは、30本くらい入って50円でした

焼き物は、1,500円!  じゃなくて…150エンです 

これから向かう先は 浄法寺町という所の天台寺なんですが

じいちゃん 直売の人に

「浄法寺ってあとどれくらいで着くかな?」って聞いていて

直売のお姉さんに

「もう、ここ浄法寺ですよ」って言われてたよ

町名なんだか寺名なんだか紛らわしいよねぇ

このお姉さんが

「昨日、瀬戸内さんが法話に来ていたんですよ」と言ってました

きっと、昨日は混雑したんだろうねぇ~。

そんなこんなで、出来るだけ山の上にある

本堂に近い駐車場に車を置いて…

でもね

Jyoubouji_017

こんな感じの石段が続きます

左手は全部あじさいなので7月頃はステキですよ

右手には、かわいい豆地蔵さんが並んでいます

Jyoubouji_019

Jyoubouji_018

みんな、ちょっとずつ表情が違って…

長い階段も、あまり気にならずに登れます

Jyoubouji_021

お京はここの中の薬師如来坐像のお顔が大好きで

雑誌の切り抜きを家の壁に貼ってあります

(かわいいものシリーズの中にね

Koko

かなりの大きさなんですよ~

でも、木造なので あたたかく 優しいのです

娘としばし 眺めていました

ご本尊というのは、隣の宝物殿に入っているのですがね…。

最後にジェラードアイスを食べて帰って来ました 

Jyoubouji_001_2

案外、近場も楽しかったです

高原まで20分

天台寺まで1時間くらいでした 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

CINEMA SQUARE とGO友さん

青森旅行に行ってから

全然『街』に出ていなくて

ピクトアップも娘に「買って来て~」と頼んでやっーとゲット

そして、8日、仕事の後、やっと街に出れたので

シネマスクエアを購入

ピクトに続きこちらもニノ表紙ですね

私よりも先にシネマスクエアを見ていた娘が

「ど~したのぉ 松ケン」と ひとこと

Cinwma_008

このGANTパブリックビューイングのときの写真を見てです

おじさん化が進む約1名…

「あ・な・た!25歳なんでしょう!!」

「松ケンせっかくスタイルがいいのにもったいない」

娘が言ってくれて

「そーでしょ、そーでしょ元は良いんだから」

必死でフォローする母 

後は、山田くんのことが誰だかわからなかったようで

「これ、だれ~?」だって ( ´艸`)プププ

そして「奏多くん、カッコイイ~」を連発していましたよ

この雑誌購入の決め手となったのは

『うさぎドロップ』の記事でした

Cinwma_002

Cinwma_003

Cinwma_004

Cinwma_005

なに なに なに このかわゆさ~~

どこを切っても『かわゆい2人』  

このページ、ずーっと見ちゃいますよ ウフフ 

  

Cinwma_006

Cinwma_006_2

愛菜ちゃんアヒル口がうつってるよ 

「GANTZ」「うさぎドロップ」の他に

「マイ・バック・ページ」の記事もあったよ

Cinwma_007

6月下旬 神奈川県逗子の海岸で撮影だったそうです!!

Eちゃ~ん!←中高時代の親友

逗子だよ!逗子の海岸! 情報入らなかった??

この記事見てわかったんだけれど

中村蒼くん、マイ・バック・ペ-ジにも出ているんですね

「BECK」「大奥」にもご出演

とにかく、よく見かけますね

娘は「うさぎドロップ」→絶対見る  

   「GANTZ」→見てもいいよ~。

   「ノルウェイの森」→見ない(即答) 

24歳の反応です。

ノル森のワタナベのファッションが受け入れられないようです

「マイ・バック・ページ」の事は聞かなかったけれど

ノル森と同じような感じだから×でしょうねぇ…。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

このシネマスクエアを入手した日は

我が県のひろみ様コンサートの日で

もちろん!青森からMさまPさまが来ケン

GOコン終了後におしかけました  

するとぉ~Pさんの旦那さまTさんもご一緒でしたぁ~~

Tさま、いつも松友にも神業を分けてくださり

ありがとうございマッ~クス

コンサート会場から出てくるMさんPさんと合流し

Tさんを探しながら場所を移すと…

GOコンを観賞した お京の知り合いとばったり(*゚▽゚)ノヽ(´▽`)/

それも知り合いは3名

H市の密度が急げきに増して

「来年は一緒に見ようね~」とか言われて

お京の知り合いとMさんPさん

普通にGO友の会話していて 超楽しそう!

見ていて、不思議な光景でびっくりでした

Pさん、Mさんはひろみ様ファン40年だそうで

「松ケンのファン40年やったら、何歳になってる!?」って

言われて キャリアの違いに脱帽でした w(゚o゚)w

あのゴールドのシュシュを手首に付けて

Tさんお手製のひろみグッズで応援しているPさんや

ノリノリのMさんをこっそり会場に入って見てみたかったです

だってね

PさんもMさんも

お肌ピカピカでシワひとつ無く

「次は武道館ね!」なんて言っているのが

とーっても、うらやましかったのよー!

『ケンちゃんも、もっとファンにサービスして、わいらに若さを…』

と思ったら

次の日から、松ケン情報がゾロゾロ   

ちょっと生き返ったよ

夕食がまだだった Mさん、Pさん、Tさんと遅い夕食、

お京はもう夕食は食べていたので

久しぶりに チョコレートパフェを食べちゃいましたぁ

Taki_001

みなさんは、豪華なお食事を取りながら

今夜もステキだったひろみ様話を伺い

Mさんと時々、松ケン話をして

超楽しい時間を過ごすことが出来ましたが

皆さんと「さよなら」するのが遅くなってしまい

すみませんでした

お京が襲われないように(襲わないように…か?)

娘宅まで送っていただき ありがとうございました。

夜、興奮しすぎて眠れなくなった お京でした 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

BOSSとヴェネチア

お~っ!

前記事から1週更新していないじゃないか

いろいろ、松ケン情報が出て来ているというのに

今週は、娘が遅い夏休みで帰って来ていて、

青森Mさん&Pさんが郷コンに来て…

昨日は沢登りだったしぃ…

Yamazakibos

「シンプルに言えー!」

Bossii_3

「やってません

上のケンちゃん、あまりに……で、写真載せようとしたら

3回もハジかれたよ…PCも「載せていいのか?」と言ってるよ

フムフムさん!

次は、「あしたのジョー」みたいな仕事を取って来てくだされ

山Pや高杉みたいな体型希望しまッス

でもさ、CMの内容は可愛いよねぇ

特に

Boss

このポーズに心持って行かれた方、多いんじゃない

もちろん お京もキューン   

もう1つの『白くま&白うさぎ』も かわゆい~

Sirousagi

Bobobobob

なんか、こういうの似合ってしまうよね~

Bossusagi

ぷっくりポッペが隠れていいのか??

これから、白BOSS 買っちゃいますね 

わい、コーラは飲めなかったので…

コーヒーならOK 

このBOSS CMと同時に

めざましTVでやっていた

ヴェネチア国際映画祭の愛ちゃんレポ

実は、お京録画はしてあったけれど、その日は

娘宅から始発バスで職場に滑り込みだったので

見てなくて

職場で

「松ケン、ワイって言ってたねぇ」と言われて

「ええ~まだ見てないのよ、見たい~~『わい』見たい~」と

なってました

コレ、ですね 

Veneken

凛子さんに

「ケンちゃんが宣伝をがんばってくれるから…」とか

イジられてましたねぇ( ´艸`)プププ

いっぱい宣伝して、いっぱいTVに出演してくれ~

レッドカーペットでも

Tnr1009022357013p4

Venechia

なんか…ウロウロしていて

おかしかったね

女性2人の服がからまったのを

取ってあげてる姿が

なんか「ノルウェイ」の3人を表しているようで ( ´艸`)プププ

ノル森原作の中で

緑が

「弘前に友だちがいて…下北とか竜飛とかまわったの

すごくいい所よ あなた行ったことある?」

「ない」と僕はいった

というくだりがあったの思い出した

はい!もちろん

『ない、わけないじゃん』と一人つっこんみながら

読みましたよ

新たに映画予告が公開されましたね

Noru

今回は、久しぶりにいっぱいキャプったなぁ~

るんる~ん 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

涼をもとめて…。

いつもなら

「もう、夏も終わっちゃったねぇ」なんて

言っている頃ですが…。

今年は、ずーーっと夏が続いてます 

まだ、あっつーいのに、お京の方のプール8月末で

終了しました(例年通りです)

いつもなら

扇風機だって使うの 1週間ほどなのにぃ…。

今年は「なんじゃこりゃぁ~~っていう天気です

でも、街から帰って来た息子は

「涼しい~~~」「よく眠れる~~」だって

まあ、朝夕は20度くらいになるので

1日10時間くらい寝ていたんじゃないか??

「1週間くらい居る」と言ってて母は嬉しかったんだけれど

東京セミファ○ナルに残ったとかで

「練習じゃぁ~」と4日目に帰って行ってしまったぁ

田舎部門担当なので「ここいらで、もう終了」と思って

「メンバーの一人が運転免許の合宿に行ってしまった

だって!

「次は、母も東京さ行きた~い」とまた叫んでみたが

笑ってごまかされちまったよ

東北の田舎でも日中は30度を越える日が多いので

お京はグッタリ 

先日、珍しく旦那と休みが一緒になったので

「涼しいところに行こう」と、これまた珍しく意見が一致

普段は…。

お京が休みに行きたいところは…「本屋巡り」

旦那が休みにしたいことは…「山に登る」か「走る」かだからね

全くお付き合いしたくないので、お京は、別行動となりますが 

今回は、カモ~ン「涼しさ」 ということで

GO~GO~~   

Hachimanntai_012

空は、秋でした…。

Hachimanntai_013_2

日差しは強いけれど

空気は、さわやか~~

やっぱり 高原は最高~~

この近くでは

Hachimanntai_006

もう、すすきが揺れていました

秋は確実に近くに来ていますね

家からここまで、車ですぐなんです ヽ(´▽`)/

この先には、温泉があるんだけれど

入浴せず、アイスを食べて

何気に湯気が出ている谷の方を見ていると…

あれ~?

人が??

「あんまり見ていると…○×△」と旦那が何か言った

おー!イエス~!!

ここ、どこからでも見えちゃうジャマイカ~ 

旦那はよくこの温泉に入っているそうです ( ´艸`)プププ

「日本秘湯を守る宿」ですって!

山の麓にある

お京の職場にも

Aki_002

萩の花が 咲き初めました。

ナナカマドもオレンジ色の実を沢山付けて

少し葉の色が変わって来ていました。

真っ赤な実、紅い葉になるのも時間のもんだい。。。

今は、『どうすれば涼しいか』 ばかり考えていますが

あと数ヶ月で

『どーして、こんなに寒いのよー』 ってなるんだよ 

この猛暑を満喫しないとね 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日、職場で

私が松ケンファンだと知っている同年代女性から

「ねえ、『男たちの大和』の主人公の名前ってなんだっけ?」と

聞かれたので

「神尾だよ」って言うと

「………??」って表情で

「反町くんとか出ていた映画の若い人」と言ってきた

「うん、松山くんの役でしょ、『神尾』だから」と言ったら

「ええぇぇ~!あれ松山ケンイチだったの」と驚かれた

私も

「え~~!松山くんが出ているから私に聞いたんじゃないの

なんかこの会話が

11月のTBSドラマでも繰り返されそうな予感が…

そー言えば、「マイバックページ」の初画像

ケンちゃん命←のわいだって 

「これ、本当にケンちゃん??」って疑ってたものね (・_・)エッ....?

Mybackpage

この↓ 画像くらいになって やっと

Tky201008130252

あっ!ケンちゃん って思ったのよー

ファンもわからないって

どんだけ化けてるのよ~

さあ、ヴェネチア国際映画祭も始まったしねぇ

今年の秋から来春にかけて

ケンちゃん、いろいろ化けてまた楽しませてくれ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »