« ビション・フリーゼ | トップページ | テレビ~。 »

2008年7月20日 (日)

ガネーシャ

図書館に予約していた本がドドーンと来た

・夢をかなえるゾウ  水野敬也 (TVドラマ化なるんだって)

・いまも、ここにいる  田中美和 (県中学校課題図書)

・のぼうの城   和田竜(時代もので第2弾も出てる)

・相棒  五十嵐貴久(水谷豊ではなく、土方さんと龍馬さん)

・武士語でござる  八幡和郎

 「相棒」と「武士語でござる」の表紙似ている…

さーて、どんどん読まなきゃ  という事で

さらっーと読めそうな

「夢をかなえるゾウ」から読み始めた

この話、小説というよりは、「生き方」って感じで

出てくるゾウの名前は「ガネーシャ」という

「ガネーシャ?」何だか聞いたことがあるような…

いや、口にしたことがあるような???

「ヨーガで唱えてる!」

そーなんです

ぜーんぜん運動というものをしないお京は

これは、そろそろ「やばい!」と感じ

春から週1で「ヨーガ」を始めましたのさ

そのヨーガの始めの挨拶の後

マントラ?みたいなの唱えるのよ

その中で「ガネーシャ」って何回も出てくるー!!

「ガネーシャ」はインドで、像の神様のことのようです

「夢をかなえるゾウ」の話にもどると

このインドのゾウの神様「ガネーシャ」が関西弁でしゃべるの

(どーして関西弁?とか、あまり、深くは考えないで…)

主人公の男性が「変わりたい」と思うのを

「ガネーシャ」が面白おかしく時には喧嘩しながら

指南していく…という話でした

TV化ってこのゾウの神様は、CG??

「いまも、ここにいる」は

脳死状態の妹、 臓器提供をして7人の命を救う

という話ですが

私は感情移入出来ませんでした

命の尊さを考える…というが

話の展開が早くて… 

中学校課題図書なんだよね

「武士語でござる」は辞書風で

武士語の使い方を伝授している(笑)

まだ所々しか読んでいませんが

面白そうです

「自分」を表す武士語

「余」「身共」「拙者」「それがし」

「俺(己おのれから)」「僕(朴からで自らをへりくだる)」

「自分(分をわきまえる)」などなど

話変わりますー。

我職場の「まちがいおじさん」最近大活躍で

「まちがいおじさん」は、お京と同年代のおじさんですが

すぐに、若い子や女性の会話に(しったかぶり)して

入ってくるのです。

先日も

「ねえ、チャレンジ見た?」

女性一同「???」

「最終回さぁー」

女性一同「チェンジじゃないの!」

同日、

「エビちゃんって、妹もデビューしたんだねぇ」

お京「え~してないと思うよ」

「今朝、テレビに出ていたよ」

お京「それ、えびちゃんだよ、化粧や髪型で違う風に見えたんじゃ

   ない?」

「え~だって名前が違ってたもん」

お京「なんていう名前?」

「えびちゃんって『えび』って名前でしょ?」

お京「蛯原って苗字だよ!」

「『○○えび』って言うんじゃないんだ?!」

同僚女性「じゃあ妹は『○○かに』かぁ?」(笑)

お京「ポニョに出演出来そうだねぇ~」(大笑)

|

« ビション・フリーゼ | トップページ | テレビ~。 »

コメント

五十嵐貴久著者の「相棒」を借りたんですね。
私、その本を読んでみたいんです。
いずれは手に入れなきゃ。

投稿: 土方副長 | 2008年7月21日 (月) 00時11分

副長さ~ん、私も前々から
「これは読まねば!」と思っていて
購入しようかと思ったら図書館にもあり
まず、読んでみて「すごーく良かったら」購入しようかと思っています。
今日あたりから読み始めようかな…。

投稿: お京 | 2008年7月21日 (月) 13時45分

相変わらず面白いおじさんですね~。
お京さんの突っ込みもGoo~です
最近まったく本を読んでないので、
ミジンコあたまの悪化が心配。
なので、何か読もうかなあ・・と思ってたので
ナイスタイミング~な記事でした!
私は「武士語でござる」を読んでみたいな。
言葉の起源に興味があるので。
「夢をかなえるゾウ」も面白そうですね。
でも、「走れメロス」と「人間失格」も再読しなきゃだし(笑)困ったな

投稿: ミジンコ | 2008年7月21日 (月) 15時36分

ミジンコさ~ん、
私もここのところ、全然本を読んでいなくて
今日、娘が角川の文庫2冊持っていきました。
私は、図書館の本を頑張りまーす。

「まちがいおじさん」本人は、大真面目に言ってるから凄いです!
すべて、必ずちょっと違っているんです(笑)

投稿: お京 | 2008年7月21日 (月) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガネーシャ:

» バークにまかせろ [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
主人公エイモス・バークは、プール付きの大邸宅に住む億万長者で35歳、独身、そのうえハンサムなロサンゼルス市警殺人課の警部。 [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 10時54分

» 夢をかなえるゾウ [りつこの日記]
『夢をかなえるゾウ』 『夢をかなえるゾウ』今読んでいる最中ですが、とてもためにな... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 12時57分

« ビション・フリーゼ | トップページ | テレビ~。 »