« 誠ダンダラ~ | トップページ | ふぉーみゅらーわん »

2007年9月30日 (日)

「陽炎の辻」第9回

木曜日に第9回を見て

書きたい…と思いながら  日曜日になってしまった

今回は、本当に良いシーン満載で…

冒頭の橋のシーン もう気持ちは「おこんちゃん」です

いっしょに泣きましたぁ

最初の出会いのシーンと同じという…

おこんちゃんは毎日橋の上から手を合わせて

磐音さまの無事を祈って半年過ごしたんだろうなぁ

うんうん、わかるよわかるよ。  よかったね

そして、長屋のみんなのうれしそうな顔

「浪人さん」は愛されてますね

お話しは…奈緒さまを探し歩いてきたが会うことは叶わず

「江戸に売られていった」ということで、磐音さまも江戸へ…

身売りの金額は跳ね上がり 1200両って!

せつない場面が多かったですね

「磐音と奈緒 」に重ねて 「田野倉と秋葉 」の悲しい結末

そして、おこんちゃんと品川さんと3人のシーンで

「品川さんを怒らせちゃいました」 という所(涙)

品川さんもボーっとしているけど熱い男ですねぇ!(笑)

でもでも殺陣は「美しかったぁ~」

特に、吉原大門の前での田野倉とのシーン

動きが大きく、それでいて流れるような綺麗さでした

綺麗と言えば、刀の柄の先にある頭の模様が美しく目が行きました

あぁ!、

磐音(山本耕史さん)と由蔵(近藤正臣さん)が雨の中傘をさして

歩くシーンも美しかったですねぇ 「新旧二枚目~!」

この話の中で由蔵さん、かっこいいですね

吉原会所の四郎兵衛(綿引勝彦さん)も好きな役者さんです

あと2回で「陽炎の辻」が終わるなんて寂しい…

NHKさん 続編を作って下さい! お願い!!

|

« 誠ダンダラ~ | トップページ | ふぉーみゅらーわん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「陽炎の辻」第9回:

« 誠ダンダラ~ | トップページ | ふぉーみゅらーわん »