« 狂四郎&磐音 | トップページ | ☆もうすぐ七夕~☆ »

2007年7月 1日 (日)

彼岸に往ける者よ

昨日、磐音さまから眠狂四郎の事を書きましたが

色々と 思い出したので…

『眠狂四郎』 雷蔵さんの映画や田村正和さんのテレビを見て

もちろん、柴田錬三郎氏の 眠狂四郎シリーズの文庫すべて

購入し読んでいました。(1冊づつ地道に集めてね

そんなある日、電車まで時間があったので、駅前の本屋に

時間つぶしで行きました…店内を見て歩き…(本を購入するつ

もりは、ありませんでした。)  

でも、私の目に1冊の本が…とっても綺麗な表紙で

その作家がどんな人なのかも知らずに購入 1,400円でした。

電車に乗って、本を読み出すと「ダリに会いに行った…」とか

書いてあって、『この人って画家なんだぁ』と思いました。

ここから、横尾忠則氏にはまりました。

本の表紙を気に入り 本を購入したのは初めてでした。。。

そして、この本で驚いた事  

横尾忠則氏 と 柴田錬三郎氏 と 田村正和さんは

とても親しい間柄だったということです!

3人は仲良し~☆

そして、横尾氏のエッセイはとても私にとって興味深く

宇宙、UFO、インド、瞑想、ピラミッド、禅、などなど

著しく私と趣味嗜好が同じで

(横尾先生、私と一緒にしてゴメンなさい)

エッセイ中には

今日は、柴錬先生と会って。。。

田村正和君の車で。。。

などと、よく 2人のお名前が出てきて読むのが楽しかったぁ。

「この本は、私が手に取るように 決まっていた!」

Photo_3

|

« 狂四郎&磐音 | トップページ | ☆もうすぐ七夕~☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸に往ける者よ:

« 狂四郎&磐音 | トップページ | ☆もうすぐ七夕~☆ »