« 輪違屋糸里 | トップページ | 狂四郎&磐音 »

2007年6月25日 (月)

畠中 恵の新シリーズ「まんまこと」読みました。

「まんまこと」は「本当の事」という意味だそうです。

町名主の息子麻之助とその友である色男の清十郎

そして、同心見習いの吉五郎が色々な事件に巻き込まれて

行く…というお話し。

麻之助は16歳から急に不真面目になったそうで、そのいきさつ

に清十郎の義理の母がからんでいる  という  感じです。

先を読みたい…。

どうしても、大好きな「しゃばけ」シリーズと比べてしまう…。

「しゃばけ」シリーズは、病弱な一太郎坊ちゃんといい、

脇キャラ(白沢、犬神、家鳴、屏風のぞき)が面白くてかわいくて

次々と読んでしまいました。

このシリーズも最新刊「ちんぷんかん」が出ているんですね。

 読まねば。

まんまこと

しゃばけ

ちんぷんかん

|

« 輪違屋糸里 | トップページ | 狂四郎&磐音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 輪違屋糸里 | トップページ | 狂四郎&磐音 »