« きがきた! | トップページ | マチベン再放送! »

2007年5月25日 (金)

再読。

文藝賞を取った時に読んだ「人のセックスを笑うな」ですが

まさか松山ケンイチで映画化されるとは…思ってもいないで

読んだので、「題名と全然違ってあっさり系じゃん。」と思った

だけでした。

もう一度読み直そうと昨日本を手にしました。

松ケンと永作に変換して読むと~。

「あーダメ!」でした。あっさり系なのにさ。。。

松ケンだと思うと、見たくないかもぉ。

内容は、19歳男子美大生と39歳美大講師の不倫関係なんだけど

19歳の男の子が39歳の化粧気の無いところやぼさぼさの髪や

ポコッと出たお腹とかを「いい」と思うのだろうか…。

それに女性の方も20歳も年下の子と付き合って、

格好も気にせずいられるのだろうか…。

普通じゃないから小説なのかな。

39歳美大講師の夫はなかなかいい感じです。映画ではだれが

やるのかな?

19歳男子の家族は全く出てこなくて、母とか何歳?と思いました。

さらっとすぐに読めますよ。

買うのに勇気がいる人は図書館で探して図書館の中ですぐに

読みきれますよ。

|

« きがきた! | トップページ | マチベン再放送! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再読。:

« きがきた! | トップページ | マチベン再放送! »