« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

弘前に行ってきました。

お久しぶりでぇ~す。

弘前に行ってました。さくら綺麗でしたよ。でも…。

私の場合「花見」というよりは、「薬王院」に行きたかった

のです。

弘前市 天台寺薬王院です。

函館戦争で、土方歳三副長亡き後、新選組の隊士たちは、

明治2年6月9日と11日の2回に分けて移って来たそうです。

004

005

   薬王院には、島田魁ら97名が収容されたそうです。

戦に負けて、近藤局長も土方副長も居ない…。

どんな思いでここに居たのかと思うと…つらいです。

006

お堀の桜で満開です。

そのお堀の近くの直売です。

ついつい名前に反応してしまう私です。

013x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

せつないなぁ。

録画していた「男たちの大和YAMATO」やっと見ました。

大和というと「宇宙戦艦ヤマト」を思ってしまう…。

宇宙戦艦ヤマトの登場人物も「土方艦長」とか「沖田艦長」とか

出てきてましたね。たしか「山南艦長」もいたような??

「男たちの大和」は現在生きている(生き残った)神尾が

大和の沈んだ場所に元上官(捨助)の娘(お梅さんだぁ)を

案内することによって昔の事を思い出す…という話で

その神尾の孫が市村鉄之助くんでしたね。

生き残ってしまった神尾(松山ケンイチくん)が亡くなった

戦友 西くんのお母さんに会いにいくところ 泣けました。

ものすごく大変な思いをして生きぬいてきたのに…

「よくあんた一人生き残って…」みたいな事を言われて

土下座して謝る神尾  おもわずひどい事を言ってしまい

神尾におむすびをすすめる西の母。。。

あーダメです。どちらの気持ちも  つらいです。

戦争映画はほとんど見ないのですが今回は

「松山ケンイチくん」が出ていたから…。

最近お気に入りなんです。

青森にもこんなステキな子がいたんだぁ~。(青森の方ごめん)

BSで、「眠狂四郎シリーズ」もやっていましたね。

雷さま久々に見れました。嬉しいなぁ!

(田村正和の「眠狂四郎」も無口でステキでした。)

市川雷蔵の山崎烝も見てみたいです。まだ見て無いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

やっぱり。

「新選組」の事で更新したいのよぉ。

ということで…。

新選組のマンガです。

まずは、基本を070416_17510001_1 「天まであがれ!」 木原敏江 です。

そして、「あさぎ色の伝説」 和田慎二 です。

070416_17490001_1

「新選組」 手塚治虫 です。

070416_17440001_2

「新選組血風録」 水木しげる です。

070416_17430001_1

この本は大きいです。

縦23センチで厚さ3センチ位。

古いものを紹介しましたぁ。

あまりマンガには詳しくありません。

新選組ものだと欲しくて買ってました。

しかし、「マカロニほうれん荘」が1番です!

(内容が違うじゃん!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

読書ぉ~。

久々に本を読んだ、「鈍感力」です。

私って本を読み出すと毎日のように本を読み

読まない時期に突入するとまぁ~たく読まなくなります。

何なんだろう…忙しくて疲れているとダメみたいです。

(まだ疲れているけれど…借りたので)

「鈍感力」は知人から借りて読みました。

自分ではこういう生き方系の本は手にとりません。

でも、この本読みやすかったですよ、

さすがベストセラーってやつですねぇ。

とても「愛の流刑地」書いた人と同じ人が書いたとは

思えませんねぇ。(読んでないけど。)

そういえば、本屋大賞決まりましたね。

「一瞬の風になれ」 佐藤 多佳子著

でしたね。

ノミネートされた10冊の中で読んでいなかった2冊のうちの

1冊でした。

読んでみたいですね。3巻あるのですよねぇ。

この本と「ミーナの行進」以外は読みました。

私的に好きなのは…

「風が強く吹いている」と「夜は短し歩けよ乙女」ですね。

「鴨川ホルモー」も変わっていて面白かったです。

眠くて…また本読めないかも

娘は本好きで何でもよく読んでいるけど

息子は学校の朝読書の時間くらいしか読まない…。

今朝、息子に「4TEEN」 石田衣良 著を薦めた。

感想が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月10日 (火)

ストレス解消!

年度始めは、色々と気を使う事が多くて、つ か れ る。

会議だ 打ち合わせだ と、あ~ぁ ↓ で、

昨日は、家に帰ってから「新選組!」を続けて3本見た。

「友の死」「寺田屋大騒動」と2本のつもりが

「さらば壬生村」もと…3本になり息子にあきれられた。

私もリセットしたいのよ!

今まであまり「組!」の事は語っていなかったけれど

大好きです。(何告白してんの! 汗。汗。)

大河で「新選組」を取り上げてくれるなんて信じられな

かったよぉ。

始まるまでウキウキ、始まってからはドキドキハラハラ

しながらも『楽しい~!』1年間でしたよ。

「どこで、だれが死んでしまうか」が、わかっていたので

そういう面では、ハラハラ感はなかったけれど

三谷さんに息を吹き込まれたそれぞれの若い隊士達

一人一人がまさにその時「生きていました。」ね。

DVDを見てから、今度は本を手に布団に入りました…。

久しぶりに本棚から出してきた

070410_16540002 「写真集 新選組始末記」です。

昭和56年出版 

釣 洋一編 新人物往来社 1,800円

この本のカバー写真 美しいです。

刀の鯉口あたりが キラッ☆っと光っています。

本当に写真が満載で、

函館の「土方歳三最後の地碑」が道路の中央分離帯に

あるのが、時代を感じます。この場所に来る前は、

「若松小学校」の校庭にあったのですね。

この前ちらっと書いた「四稜郭」も載っていますよ。

「新選組」にどっぷり浸かって元気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

一本桜。

070405_23150001 桜の便りが聞こえてきますが

我が家の方は、今日も雪が降りました。

写真のような桜が咲くのは…

ゴールデンウィークの頃でしょう。

これは、職場の近くにある「○○の一本桜」と呼ばれる有名(?)な

桜の木です。

木の根元には、何かの碑のような物があります。

むか~しは、神社があった とか。。。

2004年のゴールデンウイークの頃、この桜の木の下で、

「オペレッタ狸御殿」のロケがあったのです。

そして、我職場を、そのロケ隊の方たちがメイクや着替えに

使っていました。  と いうことは~!

オダギリジョー氏 と チャン・ツィーさんが来ていました。

ちょうど「新選組!」放送時期と重なっていました。

「あ~!斉藤一!!」と私だけが思っていましたよぉ。

「ロケの事は、内緒に」と言われていましたが、どうせすぐに

バレて大騒ぎになるだろうと思っていたら…全然バレませんでした。

どうしてぇ?? 職場の隣りには、中学校もあるのに…。

さっきまで、『オダギリ斉藤』が座っていた椅子に中学生が座ってい

てオダギリの「オ」の字も話題になっていませんでした。

私なんか、この椅子を家に持って帰りたいくらいだったのに(笑)

狸御殿の王子様(天草四郎みたい)の着物のまま、携帯で桜の

写真を撮っていたオダギリジョーさん かわいかったです。

でも心の中で『斉藤もいいけど、土方が見た~い』と思っていた

私です。

色々と考えてみましたが、撮影をしていた日中は中学校は授業中

だったし放課後の時間帯は、撮影隊は引き上げていたし。

我職場は、男性職員が多くてだれも興味を示さず

「誰がオダギリジョーかわからない」という感じ。汗。汗。

チャン・ツィイーさんも「何かキレイな人が居た。」というだけの反応

でした。

誰が来たら反応するんだぁ?エェ~?  演歌歌手とか?

我が家だけが盛り上がり、ゴールデンウィークで帰って来ていた娘

と休日も出勤しちゃいましたぁ。

今年は、暖冬だったので、4月中に咲くかなぁ。  お花見お花見♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

2ヶ所の五稜郭。

037 昨年5月、函館五稜郭祭に行って来ました。

五稜郭に行く前にいろいろと調べたら…。

(写真は、函館五稜郭です。)

五稜郭の近くに四稜郭もあり、信州には、もう一つの五稜郭

(龍岡城五稜郭)がある事を知りました。

龍岡城五稜郭は佐久市にあり…フムフム…。中には、小学校が

あります…ふーん。  ええ~ぇ!!

次第に記憶が甦る…「私、行ったことがあるよ!」

学校があって、お堀があったもの。。。

清里高原から軽井沢に行く途中、佐久で昼食をとり…

一緒に行っていた同業者のおじいさんが『行きたい所が

あるんだよ。すごい所なんだよ。』と皆を連れて行きました。

みんな???って感じの所で、そこが龍岡城五稜郭でした。

今から、24年も前のことだから忘れていました。

でももう新選組ファンになっていたころなのに…何で反応

しなかったんだろう?

今では、息子の名前に『稜』の字を付けてるくらいなのにぃ。

土方さんが、最後まで戦いぬいた所だものね。

私にとっては、特別な場所です。

 「函館五稜郭」 また行きたいなぁ。

奉行所が出来たころにね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »