2017年4月10日 (月)

映画「ユリゴコロ」

映画「ユリゴコロ」に出演が発表になりましたsign03

昨年 ロケの目撃情報を聞いてからずっと楽しみにしていました

Photo

9月23日 公開~sign03


主演は吉高由里子さんです 

吉高さんと言うと GANTZの多恵ちゃんを思い出しますねぇ

最後の遊園地に多恵ちゃんが1人で行くシーンが涙涙でしたweep

最近だとタラレバの倫子さんですねheart04


「ユリゴコロ」は、出版された時ちょっと手にしましたが

全部読んでないと思う…ちょっと怖そうな感じで

私、ダメそうと思ってsweat01

でも、こういう役って吉高さん上手そうだなぁ



監督の熊澤尚人氏が松山くんに対して

「かねて絶大な信頼を寄せているから」とコメントされています

「絶大な信頼」かぁ スゴッ! どうして?と思ったら

「親指さがし」の監督だったのですね

役柄としては、「松山は昭和を生きる男」だそうで 期待大ですsign03

「オリンピックの身代金」の島崎みたいな役が好きなので



ケンちゃんのコメントです

暖かく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じるのは久しぶりだった
ので自分の中のステレオタイプも参考にしながら演じました。
由里子ちゃとの共演も願っていたことだったので、とても嬉しく思
っています。熊澤監督とは2回目で10年近く間が空いてますが、
プライベートでもお付き合いがあったので、良い関係で最後まで
出来ました。僕自身大好きな90年代の映画の匂いのする作品だ
なと思ったので完成が楽しみです。




もう1人の「現代の男」は 桃李くんです

桃李くんも好きな俳優さんなので、楽しみ倍増ですup

「軍師官兵衛」の時の黒田長政も良かったし

「日本のいちばん長い日」も将校役凛々しかった

「ゆとりですがなにか」の役も面白くて、ダメ人間も出来るし

「情熱大陸」見て、この人いい!と思いました( ´艸`)プププ

地元、茅ヶ崎だしね~

商品の詳細

ユリゴコロ  著 沼田まほかる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

映画「関ケ原」

またしても 今ごろ…という遅さですがsweat01

映画「関ケ原」に直江兼続役でご出演だそうですshineflairshine

Photo

石田三成役は Jさんの岡田くんです

HPから特報を見たら「え!官兵衛じゃん!」と思いました happy02
近くに「大一大万大吉」の旗印でも置いてくれ

Jさんの中でも岡田くんは、大好きなので期待してますよ
「蜩ノ記」とか、静と動を対比させた演技がとても良かったです
あ、この映画でも役所さん(関ケ原では家康役)と一緒でしたね




まだまだ私の中で「三成」は 山本耕史くんなんだよねぇ~


「直江兼続」と言えば

ぶっきー先輩ですが

Photo_5



お京的には、昨年の 村上新悟さんのイメージが
まだ強く残っています

Photo_2

声が渋くてかっこ良かったですね
御屋形様愛がたまりません

先日のQさまのSPで 耕史くんがまた真似をしていて
面白かった~happy01
あのQさまは神回でしたね!(3月6日放送?)

回答者で村上新悟さんと伊達政宗を演じた長谷川朝晴さんが
ご出演

Photo_3

たぶんサービス問題だった「直江状」という答えの問題の前に
村上さんが失脚してしまい、頑張って伊達殿が「直江状!」と
答えてくれて 盛り上がりましたup good


どんどん本題から離れてしまったなぁ~coldsweats02

ケンちゃんの 兼続は…

Photo_4

おお!渋い感じ

お髭が いい!

司馬遼太郎の「関ケ原」読み直そうかな

そう、そう、でっくんが小早川秀秋役だそうですね

楽しみ楽しみnote

公開が8月26日とのこと

A LIFE の後、8月まで 何もないのかい?

「怒り」と「聖の青春」をリピリピしろということかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

冬の京都旅行3日め

さぁ~京都最終日ですよ~happy01

今日は、午後1時すぎの新幹線に乗らなければならないので

午前中の勝負です

天気予報の降水確率は高めでしたが

朝、京都駅の時点では青空も見えていてgood



奈良線に乗って「伏見駅」へ 5分で到着 train

近~いsign03

Img_6009

↑「伏見駅」です

そして駅を出て

目の前が「伏見稲荷大社」じゃないですか 近~いsign03

Img_6010

3年連続 「外国人に人気の観光スポットNO.1」だそうです

まず、迷わずに来れそうなのがいいよねshine


写真でもわかるように

ちょっと雲行きが怪しいぞ~cloud

私は、折りたたみ傘を持っていたのでいいですが

主人は、傘を持っていなかったので

「傘買ったほうがいいよ」というと

しぶしぶ 傘を買いに行きました

戻って来ると手には ビニール傘でなく 黒い折りたたみ傘

「これ、伏見稲荷のお土産」ですって( ´艸`)プププ


あれ?雨sweat02じゃない? って言ってるうちに 

どしゃ降りrain

「傘買って良かったでしょう」なんて言いながら

本殿をお参りして

Img_6042

御朱印をいただきました

有名な千本鳥居は、もう少し上がった所にあるので

まだ少し雨が降っていましたが階段を上って行くと

あれ?明るくなって来た でもまだ少しrain

「狐の嫁入り」ですかね?




鳥居の中に入った頃には 雨があがっていましたgood

平日の朝一番だというのに 人 ひと 人

聞こえて来る言葉は 外国語ばかり


人が多いので

写真を撮るのがとても難しかったですcamera

Img_6014
鳥居の中から後ろを振り返って…

Img_6016

Img_6017

オレンジ色の帯状のものが鳥居です

外から鳥居が連なっているのを撮ってみました


私達が行った日は、職人さんが千本鳥居を直していました

古くなってグラグラしている鳥居を動かないように手入れ

しているのだと思います

本当は、稲荷山を一周するコースがあるのですが

私たちは、途中で断念 下りて来ました


本殿の方に戻ると

Dsc_0763

先ほどよりもっと人が増えてました~happy02


京都駅に戻り

お土産を買ったり

お昼に生湯葉の入ったお蕎麦を食べたりして

新幹線に乗り 京都と「さよなら」しました (TωT)ノ~~~ バイバイ

帰りは新幹線が遅れることもなく 

予定通り 雪が残る「みちのく」に帰って来ました

Img_6047

購入した新選組のお土産ですが

なぜか、伏見稲荷で右下の刀の鍔キーホルダーをゲット

土方さんの和泉守兼定の鍔ですshine

マスキングテープは、すぐに木のクリップに貼ってみました

1489366405587

どお??なかなかいいでしょ?

あと、新幹線に乗る直前に「国芳の浮世絵」と書いた

ガーゼてぬぐいがあり、畳んであったのでどんな図柄か

わからなかったのですが、国芳が好きなので

パッと掴んで購入しました

Img_6046

平将門が打ち取られた後、
娘と言われた滝夜叉姫(伝説上の人物)が呼び出した骸骨の
妖怪図柄だそうです。
姫(左)は、この骸骨の妖怪で亡き父の遺志をはたそうとした
そうです




今回、私達は「京の冬の旅」スタンプラリーをしながら

京の街を巡りました

スタンプ3つで最後に素敵なファイルをいただきました
(喫茶店などでお茶を飲むのでもOKです)

Img_6048
大きさはA5かな 見開きで使えます

今回の旅、行こうと計画した所は全て廻れて大満足でした

京都は、どこの寺社仏閣もとても広くてびっくり!

西本願寺も建仁寺も「どこまでが敷地?」って感じで

西本願寺の国宝・唐門も細工が美しかったです

当時の寺、多方面に力を持っていたのだろうなぁ…と

山門から境内を見回して思いました

六波羅蜜寺や六道の辻あたりは

また、違う風が吹いているような感じがありました

平安の世 真っ暗な闇夜の中

ここだけは 夜も生き物が…

「だれでもよ~い だれでもよいから 助けてくれ」って

声が聞こえて来そうでした ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

冬の京都旅行2日め

sun京都2日めも お天気が良かったのでsun

朝、散歩に出ました

まず、宿泊先とは別のホテルを目指して
徒歩10分

Img_5935
リーガロイヤルホテル前の新選組不動堂村屯所跡の碑です

新選組最後の屯所があった場所です
慶応3年に西本願寺からここへ移って来たそうです
間借りではなく、屯所として作って住んだのはここだけのよう
です(お金を出したのは、西本願寺ですけどね)
住んでいたのは6カ月という短い期間でした

次に向かったのは
伊東甲子太郎が暗殺された 油小路です

1488887516500
リーガロイヤルの屯所から歩いで6~7分の所です
こんなに屯所から近い場所だったことに驚きでした

かっしー(谷原章介さん)や平助(勘太郎さん・当時)の顏が
浮かんで来ました
何故、ここに来たかを主人に説明しながら
次の場所を目指します

順番が逆ですが

Img_5951

西本願寺の太鼓楼へ
ここは、昨日行った八木邸の後、屯所となった場所です

隊士が寝泊まりしていた北集会所の建物は
現在、兵庫県の本徳寺に移築されているそうです

1488887566640

途中、梅の花が美しく咲いていて
写真を撮ろうとしたら、たくさんのメジロが来ているのが
わかってびっくりしましたchick

Img_5941

わかるかな~?中央に2匹メジロがいます
ものすごく動きが早くて 上手く撮影出来なかった

このまま、京都駅に向かって歩いて戻ったのですが
すでに、足が痛いcoldsweats02
昨日、そんなに歩いてないのになぁ…

駅からタクシーで霊山歴史館へGO~
行く前から、ここだけはタクシーで行くと決めてました
(ものすごい坂道の上にあるのでね)

タクシーの運転手さんに
「りょうぜんれきしかんへお願いします」と間違えないように
気を付けてちゃんと言いました(  ̄^ ̄)ゞラジャ
決して「れいざん」とか言わないように注意してdanger

そしたら運転手さん「え?そこってどこでした?」って言うでは
ないですか!
え?ええ?「あの…坂本龍馬のお墓とかある方」と言うと
「あ~△○×ね」と一人納得して…無事到着

Img_5962


館内撮影禁止なのですが

1488887597191_2

この方と2ショット写真が撮れるのです
それも、ダンダラ羽織を着てね heart04
あ~だ、こ~だと言いながら、主人に何枚も写真を撮ってもらう

京都の街では着物を着て観光する方をたくさん見掛けましたが
「羽織着て喜んでいるの、おかあさんくらいだよ」by主人

歴史館には、大和守源秀国という 兼定ではない方の
土方さんの刀が展示されていました
ガン見してきましたeye

歴史館を出て、急な坂を下って
二年坂、参寧坂をブラブラ見て
八坂の塔を目指しました

Img_5972

実は、ここの近くの「京東都」というお店に行きたかったの
かわいい刺繍のワッペンを売っているのですが

なんと、土偶のワッペンがあるのですよ~shine
(東京にもお店があります)

Img_6045


ここから「建仁寺」に向かいました
建仁寺は、松友さんが行かれていて、お京も行ってみたく
なった場所です

Img_5976

Img_5979

海北友松筆 「雲龍図」

Img_5977

俵屋宗達の「風神雷神」です

1488887616009
金澤翔子さんの「風神 雷神」の書です

Img_5988
法堂の天井に書かれた畳108畳にも及ぶ双龍図
迫力がありました!

Img_6043
「雲龍」の御朱印帖を購入
かっこいい~!

さあ、ここから道に迷わぬように細心の注意を払って
向かったのは

Img_5993

「きっちん」ですよ~
ちゃんと迷わず到着と思ったら 閉まってるぅ
ひ、ひるやすみ ですってsweat01sweat01
現在14時で、15時まで休憩

「あと、1時間もある…」と諦めかけたのですが
「また、戻ってくればいいよ」と主人が言ってくれたので
元気回復~happy01

目と鼻の先に「六道の辻」があります

Img_5994

この角に碑が立っています

Img_5995

かつて、この辺りは葬送地で
この世とあの世の境目だと言われたそうです


そして、絶対に行きたかった「六波羅密寺」へ

Img_6003

平安中期、空也上人が疫病退散を願い創建

Img_6002

平清盛の塚です

清盛公の木像もあります
本物は撮影出来ないので、外にあった掲示板の清盛公です

Img_5998
六波羅蜜寺 の周辺は
「三盛町」とか「池殿町」とか清盛ファンにはたまらない
町名が付いていますよ

Img_6041

左側 六波羅密寺   右側 建仁寺 の御朱印です

 

そして、「きっちん」に戻るぞ~run
すぐ、近くだけどね

Img_5992

入口のドアにケンちゃんが居ましたぞheart04

おじゃこのコロッケ←私
しおコロッケ←主人

何も付けなくても 美味しかった~delicious

Img_6006

店内を撮影させていただき、お店の方とお話
気さくな感じで コロッケを揚げている間、楽しい時間でした

Img_6008

食べちゃった後ですが
かわいい紙で作った入れ物にコロッケが入っています

ここに来る前に、喫茶店でcakecafe を食べてしまい
お腹がいっぱいかもと思ったけれど
コロッケぺろっと食べてしまいましたよ


夜は、京都駅近くて食べて&飲んで
写真1枚しか撮ってない

1488887656407
田楽みたいなの 

帰りに京都タワーに登って夜景を見てnight
宿に戻りました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

冬の京都旅行1日め

東京の日野、福島の会津若松、北海道の函館と

巡って来た「新選組の旅」

当分行けそうにないな…と思っていた「京都の旅」に急に行く

事になりましたnotes

でも、我が家から京都は、新幹線を乗り継いでbullettrain

かなり遠いイメージを持っていたのですが

朝7時台の新幹線に乗れば、京都に昼頃着くではないですか!


ということで、あと心配なのは天気snowtyphoonだったのですが

当日は、冷え込んでいましたが天気も良く風もない

「こりゃ~いい旅行日和」と新幹線に乗り込むと

「連結予定の秋田新幹線が15分遅れているためこの新幹線も
15分遅れで出発の予定です」とアナウンスが

え~~~!東京駅での乗り換え時間が13分しかないのにsweat01

もう、完全にアウトじゃん annoy punch

何か先が思いやられる展開…外はsunでも、気持ちはrain

結局、20分後の新幹線に東京駅で変更し京都に到着coldsweats02


「それでさぁ、これからどこ行くの?」と旦那

今回の旅行、「京都に行こう」と言ったのは主人ですが
旅行の計画を立てたのは、全てお京で、主人はただ私に付いて
来る人…というわけ

最初に京都駅から嵯峨野線で丹波口駅までtrain異動

そして向かったのが「角屋もてなしの文化館」です

Dsc_0724

今でいう 高級料亭のような場所です

Img_6025

Img_5875

↑これ見れば、何でここにきたのかおわかりでしょう(笑)

Img_6028

わかりますか?かなり深い刀傷なのですよ
門から入口に行く間にあります

島原の角屋は、壬生に近かったのでここには新選組の隊士が
よく飲みに来ていたそうです
皆、ツケで飲んでいたので「掛売禁止」となったようで
「お金を払わないと飲めませんよ」となった事に腹を立てて
この傷をつけて行ったようです

入るとすぐに広い台所があります
さすが大きな料亭なだけありますねぇ

Img_5882

Img_5881

中に上がると

Img_5884

刀箪笥というものがあります
ここで、刀を預かったのですね

奥へ進むと

Img_5886

大座敷「松の間」です 47畳って言ったかな?
座敷から庭を見ると

Img_5887

立派な松の木があります
枝ぶりが、まるで龍のようだという事で「臥龍松」と言うそうです

この「松の間」が、新選組筆頭局長・芹沢鴨が最後に宴会した
場所です

呑んで八木邸に帰った芹沢は、暗殺されます

角屋を出てほんの少し歩くと

Img_5905

「島原大門」があります

公開されていませんが、この近くに輪違屋があります


ここから「壬生寺」を目指して歩きました
最初の計画では、バスで行こうかなと思っていたのですが
天気も良く、気温が14度もありました!
毎日最高気温がマイナスだとか言っている お京たちにとっては
「春だぁ~cherryblossom」という感じでした

地図とにらめっこしながら15分くらい歩くと無事「壬生寺」到着good

Img_5906

特別公開の「延命地蔵菩薩」を拝観し説明を聞きました
この広い境内で新選組は、砲筒の練習をしたり、乗馬の練習を
したり…お寺としては大変だったようです

Img_5908

近藤さんの像がある「壬生塚」をお参りしました

ここには、芹沢 鴨、平山五郎、河合耆三郎のお墓もあります

Img_6039

御朱印もいただきました

この後、新選組の最初の屯所「八木邸」に行きました

Img_5916

最初に座敷に座って説明を聞くのですが
その部屋が、八木家で一番立派だった奥座敷で
芹沢鴨が殺された部屋でした
説明の方が「そのあたりで、芹沢は切られて…」と指さすあたりに
は、若い男性の見学者が座っていて、思わず後ずさってました
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ 気持ちわかりますよ

Img_5917

見学が終わると、昔、近藤達が住んでいた離れが和菓子屋に
なっていて、そこで抹茶と和菓子をいただきます
見学とお茶がセットになっています
主人は、「久しぶりの抹茶、美味しかったぁ」と言ってました

Img_5918

「新選組!」のポスターがかかっていて嬉しかったぁheart04


Img_5922

八木邸近くの前川邸です 山南さんを思い浮かべちゃいます
(堺雅人さんの山南さんね)

普段は非公開で土日のみ、お土産が買えます
ここのお土産屋さんに行きたかったのよねぇ~残念

ここからは、バスで三条河原町に移動bus

Img_5931

1488674078304

入店すると目の前に8メートルの大階段があります

Img_5930

トイレのドアですよ~
男厠には、局中法度が貼ってあったそうです
酔っぱらっている主人は「男厠」が「男前」と読めて気分良くなっ
たみたいです( ´艸`)プププ


この日、最初に見学した「角屋」に着いた時
私たちの前に、茶髪の若い女性2人が居て写真を撮ったりして
いたのですが、そこから壬生寺に行ったらまた一緒になって
八木邸に行ったらまた一緒になって
話したりはしませんでしたが、お互いに「また一緒だ」と思ってい
たと思います
八木邸近くのバス停でも一緒だったのですが、違うバスに乗った
ので、心の中で「ばいば~いpaper」と思っていました
この後、河原町付近で買い物したりしてから本日の夕食と決めて
いた「池田屋」に少し早いけどいいか‥と出陣
ところが、「池田屋」で席に案内されたら
隣りの席があの茶髪のお姉さんたちでしたhappy01 up
「あ!」「また会いましたね」
「行く先は同じだねぇ~笑」となりました

とにかく、池田屋は、若い女性ばかりで
またまた、主人は、ごきげんでした(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

今回、初めて知ったのは、八木家が朝倉(義景)家の出身で
元々武家だったので新選組が家を屯所として使うようになって
も家を明け渡さず、一緒に住んでいたのだそうです
三盛木瓜の紋が付いた提灯を入れる棚がありました

京都の旅2日めは、六波羅密寺など巡ります~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«おめでとう♪